Secretary / セクレタリー

マギー・ギレンホールの魅力たっぷりの映画。アメリカ版『アメリ』みたいな。ロマンチックな世界に生きる、体は大人、心は子供な女の子、リー。精神病から妹の結婚式のために退院し、ブルーのお姫様ドレスを着ても心は上の空。バレリーナ人形の尖らせたトゥで自分を傷つけるのがやめられない。社会復帰で覚えたタイピングの技術を生かして、なんだか響きがかっこいい”セクレタリー”秘書の仕事を得た。しかしボスのMrグレイはどこかかわっている。

Сэр-Свовола Зто рай / Freedom is Paradise / 自由はパラダイス

素人の男の子を使っているということで、すごくリアル。少年のそれまでの恵まれない人生によって形成された人格が、子供らしさを持てなくて甘えられずに、攻撃的になっている。それでも僕は孤児じゃないと脱走を繰り返す。本能では愛情を求めているのだろう。大人の勝手には嫌になる。母親が息子よりも男に愛情を注いでいるようではだめだろう。血のつながっている親よりも、見知らぬ大人の方が少年に親切だ。少年院の指導官にしろ、寝床を恵んでくれた娼婦、車両に住まわしてくれた耳の聞こえない調教師、家族になりすましてくれた乗客など。とうとう父親のいる刑務所にたどり着いたとき、少年と父親の再会を許してくれたのも優しさが感じられる。ただ、彼の未来に光はない。そんなラスト。ロシア状況がわからないから何ともいえない。
 斜視なので、時々眼鏡をかけるんだけど、黒縁で坊主頭とよく似合う。数字がプリントされたシンプルなTシャツのスタイルもかわいい。

Maurice

ヒュー・グラントが美しい挑戦的な若者を好演している。『オスカー・ワイルド』のジュー・ロウを思い出す。イギリスはゲイに対してのとらえ方がアメリカやその他大勢とは違って見える。表向きには許されていないけれど、ずっとあって、また、イギリス独特の美意識で、デカダンスになる文化というのがいい。アメリカみたいなマッチョじゃなくて、イギリスは、ナイーブでみためはもっと女性的だ。芝生に寝っ転がっている青年のカップルに、違和感を覚える人は受け付けられないけど、純粋に愛のかたちとしてみると、とても切ない物語。ラストはハッピーエンドだけど、やっぱり全体的には哀しさがしめている。決して明るくはない。

Shortbus

NY、様々な人たちが集う街。
街そのものの描写はそうなかったけど、そこに生きる人たちがニューヨーカーのにおいを漂わせ、それをたっぷり吸って酔ってしまった。
自分が普通じゃないと感じて劣等感を持つ。だけど、普通って何?その他大勢が決めた価値観に合わせることはない。そうじゃない人にだっていられる場所はある。
悩んでいたことに、ちょっと勇気をもらえる。
エンディングは、ジョン・キャメロン・ミッチェルらしい。
母性本能たっぷりのドラッグクイーンほど安心できるキャラクターはない。好きにならずにはいられない。

FUNNY GAMES

 今度、マイケル・ピットとブラディ・コーベットで、ハリウッドリメイクされるのが気になるのでオリジナルを見ました。その前に、予告編だけ見たんだけど、それがすごくかっこいい。映像と音楽のセンスが良すぎ。
 二人組みと家族以外はほとんど出てこず、場所も家とヨットとその周りというシンプルななかで、二人組みの衣装も白一色で超シンプル。余計なものをそぎ落としてストーリー展開でみせる。終わったと思っても終わらない恐怖。慈悲のない残虐さ。それをFUNNYで片付けてしまう理屈。不快でしかないメタル音楽。すべてがクール。
 このリーダーがかっこいい

Problem Child / プロブレム・チャイルド/うわさの問題児

 子供の衣装がかわいい。生意気なナレーションも。
パパが『パパにはヒミツ』のお父さんで、彼は亡くなってしまったので、ちょっぴり悲しい。でも、ほんといいお父さん役がぴったり。この映画でも、子供はママは信じないけど、パパだけは信頼するから、父と子のいい物語。

The King / キング 罪の王

 ポール・ダノの歌が聴ける。彼はMookってバンドやってるから、本物。
 ガエル・ガルシア・ベルナルは成長したね。昔は年上の女性とのからみで母性本能をくすぐる魅力がうりだったのに。この作品では、年下の女の子とだから、いまいちだった。『天国の口、終わりの楽園。』、『ウェルカム・ヘブン』などのガエルはすごくかわいい。

Billy Madison / アダム・サンドラーはビリー・マジソン/一日一善

 アダム・サンドラーの音楽のセンスはいつもいい。自分の趣味を映画に反映できるのはプロデューサーの特権? 『ウエディングシンガー』のサントラは2枚も出ていて、どっちも秀作。よくある80sのコンピとは一味違った趣き。アダム・サンドラーの歌も聴ける。これがまたいい。
 映画はサンドラー節。彼のギャグのセンスが好きな人は楽しめる。学校内の階級問題を扱ってるところがいい。やっぱ、アメリカの学園物のメインテーマだから。馬鹿なことやって人気者になれるのは小学生まで。上の学校に行ったら、ただのおたく。昔の同級生として登場する、スティーブ・ブシェミがいい。二人の競演はオタク度アップするから好き。『ウエディングシンガー』もだし、『ハード・ロック・ハイジャック』もいい音楽コメディー。

Treasure Planet / トレジャー・プラネット

 ディズニーアニメを観なくなってきた頃の作品。「スター・ウォーズ」みたいに宇宙のいろんな星の生命体が共存する世界。エイリアンの中にはスティッチにでてきそうな顔もいた。
 斜めの前髪が「TN2」のエドワード・ファーロングみたいな、だけど襟足を伸ばして結んでいるという変わったヘアスタイルでエア・ボードをワイルドに乗りこなす不良な主人公の少年の声をジョセフ・ゴードン・レビットがやっている。
 始まりのエア・ボードのシーンで雄たけびを上げる声を聞いたときから、間違いないと確信した。
 アニメのジムがだんだんゴードン・レビットに見えてくるからすごい。
 物語りも、アドベンチャーとドラマの要素がしかっりしていて、途中主人公の気持ちを歌った歌も入り、さすがディズニーといった感じ。

Monster House / モンスター・ハウス

 2度目。初めての時はアメリカの大きな映画館で観たから雰囲気も良くて楽しめた。
 DVDで観てもやっぱり良かった。
 クレイっぽい絵のタッチは、初めちょっと気になるけど、滑らかな動きのリアルさやキャラクターの個性が強調される描き方などで、どんどん引き込まれていった感じ。
 何といっても声優人の力は大きい。みんな実写でも出来るんじゃないかっていうほどぴったり。変わり者のおじいさんはスティーブ・ブシェミで文句なし。メタル・ロック好きの不良ベビーシッターのマギー・ギレンホールは、彼女自身お姉さんだから、思春期の男の子を面白がってからかっているところとかがすごくリアル。黒人の警官にニック・キャノンというところに、このカルト嗜好なキャスティングのセンスが感じられる。極めつけは、ジョン・ヘダー!!私は彼が声優をやるというので、この映画をチェックしていたので、初登場の時にはやられてしまった。
 ストーリーもすばらしい。ラストは涙が止まらなくて、子供たちの勇気、友情、おじいさんの愛情など、くさいテーマかもしれないが、素直に感動する。
 ハロウィンという設定もかわいくて好き。
 親の留守、ベビーシッター、クッキー売りなどもアメリカらしい。また、秘密基地、トランシーバー、水鉄砲などの少年らしいアイテム使いもわかりやすくていい。
 ナードとプレップ、プラス公立と私立という男の子と女の子の対立も、性別による差以上のギャップを生んでいて良い。
 家の秘密がわかった時はちょっと怖いし、重いので子供は平気かと思ったけど。

Camp / キャンプ

マイケルをはじめ、演劇、ミュージカルに夢中なゲイの男の子たちがかわいい。俳優養成キャンプに通うなんてダサい子ばっかの集まりじゃん、って思ってても、やっぱりその小さな集団の中で上下関係が出来てしまうのがさすがアメリカ。ただ、ゲイの子達は価値観が普通のことは違うので、女王様に対して厳しいところが気持ちいい。生徒たちの発表公演ということで、たくさんのミュージカルシーンが盛り込まれ、見ていて飽きない。ひとつの映画ではできないミックス。ちょっと普通じゃない恋の行方もおもしろい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...