la bande du drugstore / 好きといえるまでの恋愛猶予

フランスの上流の子供たちの様子が詰まっている作品。
洋服にお金をかけて、会話の中身はパーティーや今日の遊び、異性のこと。文学や映画などについて語ったりもする。夏休みは別荘でパーティー三昧。
その暮らしを当たり前に思っていて、でも物足りなさも感じている。そのもどかしさに、恋愛のもどかしさも相まって、主人公はかなりさまよった感。
いかにもフランス人なルックスのキャストが良い。男二人の親友の関係から、幼馴染の女の子が入った三人組、その友人の女の子を入れた4各関係まで、キャラクターがはっきりしているから見ているほうも安心していられる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...