Drugstore Cowboy

Matt Dillonがのっていた黄金期の一作品。彼は全然好きじゃないんだけど、やっぱりそれだけ人気があったのがわかる。きれいな顔だし、魅力的な人間のオーラがある。こういった、ワルのヒーローとして有名になっていったけど、悪の中にも正義感とか優しさがあるのが好かれるポイントだと思う。独特のしゃべり方も印象に残る。
ドラッグが素敵なお菓子かのような、カラフルで、小さいビンがたくさんごろごろあるのの見た目がかわいかった。
治療中、普通の暮らしを始めた時、紅茶を飲んでいるのが面白かった。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...