Delirious

Michael Pittがホームレスなんてはまり役。薄汚れた服を着て、NYの街を徘徊する。それだけで画になる。
Steve Buscemiはパパラッチの役。自分では仕事にプライドを持っているんだけど、社会からの扱いは厳しい。良い仕事をしたと思っても、親にも認めてもらえない。
この二人がスターとの絡みのなかで、友情を築き、成長していく。なかなかいいところをついているし、ディティールも細かく作っていて良いインディ映画の雰囲気なんだが、やっぱり売れなさそう。
"White Olender"で23歳で少女の役をやったAlison Lohmanがトップアイドルとして出ているのだが、彼女のMusic Videoがよくできていておもしろい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...