Death in Venice / ベニスに死す

Björn Andrésenが美少年のイメージをつくったといえるのではないか。
白い肌。金髪の緩やかなウェーブ。涼やかな目もと。
ただそこにいるだけでオーラが伝わってくる。いつもは無表情で退屈そうなんだけど、時折見せる笑顔に少年っぽさが垣間見え、そのギャップがいい。ビーチで同年代の子達とじゃれあっている様子はかわいらしい。
歩くだけでグスタフをとりこにさせてしまうなんて。それに説得力を与えたその美しさは完璧。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...