21 / ラスベガスをぶっつぶせ

MGMTの"Time To Pretend"がかかるのは会社がColumbiaだからなんだね。知ってる曲が流れるのは不思議な感じ。ここだけはスクリーンで観たかった。
Kevin Spaceyがお似合いの役をやっていて、久しぶりに見たけど変わってなかった。
Jim Sturgessはイギリス人だけどアメリカ人役も自然だった。素朴な役柄が似合うね。路線を決めて活躍してほしい。イギリス人俳優の先輩に続いてラブコメとかも観てみたい。
全体的に地味なキャスティングだけど、ナチュラルで話に現実味を持たせていた。Josh Gadのキャラクターは味があってよかった。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...