Lars and the Real Girl / ラースと、その彼女

Ryan Goslingの人柄が出ているキャラクターが良かった。すごく真面目なところや、強い意志があるところ、周りの人から好かれるところなど。Larsが人との肌の触れ合いが苦手でどうしようもできないんだというのがRyanの目力で伝わって、それでも彼の周りの人は彼を愛し、助け出したいと努力する。Karinが皆がBiancaに優しくするのはLarsのためだって言って本音をぶつけるシーンは感動した。Karinを演じたEmily Mortimerは優しい雰囲気が役にすごくあっていた。あと、Larsのことをずっと好きだった女の子を演じたのはKelli Garner。ずっと見た事ある顔だなと思っていたけど気付かなかったのはナチュラルな金髪で、田舎の女の子になりきっていたから。"Bully"や"Thumbsucker"ではダークなロングヘアーでイメージがぜんぜん違う。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...