Harry Potter and the Order of the Phoenix / ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ファンタジーなんだけど、現代のロンドンもちょっと登場するからやっぱりこれは学園物なんだよなと思う。友情や恋愛、先生との関係、親との関係。同じキャストで最後まで通してくれて本当によかった。子役たちのキャリア的にはいいことばかりではないのかもしれないけど、見る側としては成長を見守れるから楽しい。こういうのは映画ではあんまりないと思う。Daniel Radcliffeはどう頑張ってもハリー以外の見方をされることなんてないんだから、無理にイメージチェンジしようとせずに、このままのキャラクターを続けていけばいいと思う。俳優として生き残るにはそれしかないと思う。自分のやりたいことを取るか、観客の期待に答えるか。Rupert Grintは主役じゃない分ちょっと自由があって、シリーズ中も他の映画をやってるけど、最新作のポスターを見てかなりショックを受けた。赤毛で真っ白い肌なのに筋肉つけてる。イギリス人も筋肉のついた男らしい格好に憧れるのかもしれないけど、やって良い人といけない人がいると思う。その赤毛は何のためにあるの?彼がどこかで軌道修正をしてくれることを期待する。Emma Watsonは女の子だしかわいいから将来に不安はないと思う。
あと、この映画のいいところはすごくお金がかかっているから映像もすごいし、イギリスの誇りとしてそうそうたる俳優が集結しているところ。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...