Threesome

超90s。どっちかというと"Realty Bites"より"Singles"って感じ。でも、この映画が1番オシャレ。大学寮の話っていうのも面白いなと最近思うようになった。アメリカの大学生は、大学にもよるのかもしれないけど、ここぞとばかりに遊んでいる。最後の子供時代。その微妙な位置が、それぞれの成長具合によって、個性となってあらわれている。今まで、みんなそろって成長していたのがここでは個人に任される部分が大きいから。
文句なしで好きなキャラクターはJosh Charlesが演じたエディなんだけど、それもそうかもと思ったのは、この話はほとんどが監督自身の話で、もちろん自分が主人公なので、それだけ思い入れが強いはず。だから一1番魅力的なのもわかる。それにJoshの見た目もちょうどいい。濃すぎず薄すぎず、Andrew McCarthyがうざくなくなった感じの雰囲気。そして、Stephen Baldwinが演じたスチュアートは、特にオシャレだった。まず、髪型がいい。あのカットはなんと呼ぶんだろう。真ん中分けで、長い前髪のラインが後ろまで続く。斜めに分けたり、オールバックにも対応。そんな時代や土地柄を感じさせる髪型で、服は皮ジャンやデニムの切りっぱなしベストとか、キャップやサングラスの小物もかわいい。1シーンだけ、スケボーを持って登場するので、やっぱりそっちの影響があるんだと思う。短パンが多いし。エディはスウェットや、赤のチェックのシャツがかわいい。真っ黒なサングラスも。Lara Flynn Boyleは黒髪のボブがクールビューティー。女優を目指している役なので、いろんな格好をさせたと言っていたが、確かにころころ雰囲気が変わる。でも、上品さはずっとあって、女の子らしさもどこかには残してた。襟ぐりが広い体にフィットしたレオタードみたいなトップにジャストウエストマークのパンツ姿が特に可愛かった。あと、ドットのミニワンピースで、下に白いショート丈のスパッツはいてるコーディネートも可愛かった。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...