Real Time

これもカナダ映画です。Jay Baruchel、立て続けに主役やっててすごいと思ったら、そうでもなかったのかも。
しかもこの映画は特にがっかり。
Jay演じるギャンブルにはまってしまった青年アンディが、殺し屋に借金代わりに命を取られるっていうんで、執行猶予として与えられた1時間を思い出巡りに使うって話。
カナダってすごい北にあるから町の風景が地味だし、人も地味。だから映画全体の色もくすんでいる。Jayは髭面だし。でもって、主にこの男2人によって物語が進められるんだけど、移動中の車の中でただ喋ってばかりのシーンが多く動きもあんまりない。Jayの無駄に長い腕を活かしたジャスチャーはあるよ。ラストも何だかしっくりこず、Jayがいなかったら本当に特に観る理由のない映画。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...