The Warriors / ウォリアーズ

話を知らなくて、でも、あの顔をペイントした野球チームだけ知っていて、ハロウィンで結構有名な仮装だよと聞いて、見なきゃと思いつつ、ようやく見た。ら、びっくり。野球チームは主役じゃないんだね。しかも結構弱い。主役はウォーリアーズというギャング。皮のベストがユニフォーム。ギャングごとにおそろいの格好をしているのが面白い。確かに実際もチームカラーがあったり、というのは聞いたことがあるが、ここまで過剰だと、そりゃ仮装したくなる。
でも全体を覆うダサい雰囲気。それはこれが70sだから。女の子の格好もディスコ。でも、時代の感じが閉じ込められているのは成功と取れる。今やったらこんなロールプレイングの世界観は出せないと思う。もっと血生臭いはず。
あと、敵ギャングのリーダーが超超ムカつく奴だった。敵だからムカつかせたってことはキャスティングと演出が成功しているんだけど、アイツは顔から喋り方から行動まで全てが人をムカつかせるように出来ている。マジで2度と見たくない。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...