Die Hard

Bruce Willisの白タンクは置いておくとして、完璧な脚本に感動して涙した。どんな小さな登場人物にも意味があって、それぞれの人物描写も丁寧。例えばニュース番組のメイン司会者とか。話全体には全然関係ないんだけど、その人のキャラクターによってふっと心が和んだり、部下のキャラクターがより際立ったりする。人間だけじゃなくて、事件や物の組み合わせなど全てにこだわって綿密につくられていると感じた。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...