The Dreamers

フランス人の姉弟との奇妙な数日間をアメリカ人のマシュー(Michael Pitt)の目から描かれる。革命の時代というのもあるし、フランス人の気質の差が2人と長く接するにつれて明らかになってくる。古い映画という共通の趣味で通じる部分があって一つになれた気になっても結局違うんだと気づかされる。マシューはフランスのために戦う気にはなれなかった。2人のためだったらいくらでも戦うだろうけど。
それにしてもこの子どもたちだけの退廃的な生活ぶりはフランス、パリという地じゃないと許されない独特のものだと思う。うらやましい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...