Parting Glances

若かりしSteve Buscemiが美しい。エイズにかかって余命少ないアーティスト。自分を哀れんでみて、あまり外出はせず、1日中ベッドの上で過ごしている。ご飯も、元彼のマイケルが作りに来てくれる。それでも食べないとわがまま言ってみたり。部屋の片隅はテレビのモニターで埋め尽くされていて、そこではMTVやニュースがずっと流れている。元気な頃はバンド活動をしていて、その頃のブロマイドが壁に貼ってあるのだけど、それがものすごく美しい!テレビで偶然流れたPVは、もろMTVなノリ。細身で色白なBuscemiはゲイ・カットがよく似合う。しかも、マイケル役の人よりも小柄で、彼の膝の上にちょこんと座るところもかわいい。
あと、目を引くのは。レコード店員の男の子。マイケルには可愛すぎてもったいない。若い向こう見ずなところが、ちょっといたずらっぽいチャーミングな顔に合っている。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...