天然コケッコー

原作は超えられないとはわかっていてもちょっと残念なでき。淡々としすぎていて、自然の風景も平凡な画ばかり。主人公の語りで描かれているからそよについてはちゃんと追っかけていけるんだけど、それ以外の登場人物が生きていないのが勿体ない。もっと感動できるのに。家族の悩みも中途半端に流れていくし、恋愛も大沢君のキャラクターが全然みえない。岡田将生はかっこいいのはわかったけど。漫画に忠実なキャスティングは好感。あれ以上だとやりすぎになっちゃう気がする。漫画原作ドラマにありがちなハイテンションじゃなかったのもありがたい。1番良かったのは弟くん。最初は大丈夫かと思ってたんだけど、後半からは活躍しだして、直向な感じがたまらない。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...