Seth Rogen with... セス・ローゲンと

April 15, 1982 (age 29)

『50/50』を観て、Seth Rogenってホント名脇役だなと思った。この映画でシリアス路線がぐっと開花した気がする。『Knocked Up』でも、ドラマ部分が良かったからあれだけヒットしたんだろうけど、その時はまだいつものコメディ仲間(ジャド・アパトゥ組)がいたけど、『50/50』はそうじゃなかったから。シリアスもコメディもいける。そのバランスがこの年齢ぐらいの人の中では抜群にいいと思う。素晴らしい才能だなあ。
ということで、“この年齢ぐらいの人”の中で重要な俳優たち(若手っていっていいのか微妙だったので。また、演技派、実力派っていうのが当てはまるかも言い切れないのでやめました)とセス・ローゲンを組ませてみたらどうなるかを考えてみた。

With James Franco 
April 19, 1978 (age 33)

ジェームズ・フランコさんとは既に『Freaks and Geeks』、『Pineapple Express』で共演。
2人は兄弟のよう。あら、調べてみたら誕生日も近い。歳は4歳差。『Freaks and Geeks』の中ではフランコが1番上だったんだね。彼らの上下関係そのままって感じもするけど。『Freaks and Geeks』のリユニオンの時に、ジャド・アパトゥが欠席だったフランコのことを「このメンバーの中でアカデミー賞に呼ばれたのは彼だけだから」って発言に対し、ジェイソン・シーゲルが「この中で1番ルックスも良いしね」って冗談まじりで言ってたけど、フランコの面白いところってそこだと思う。アカデミー賞に出るような作品に美男子として出演してるのに、一方ではコメディ映画でくだらないことができちゃう。自由・マイペースな人なんだろうな。次男だしな(←偏見?)。それで男の情に厚くて。そういうところで、セスやジェイソンらからも慕われるのかな。いつまでもそういう自由な人でいて欲しいな。
ということで、2人が組んだら果てしなくバカなことをする物語で突き進んで欲しい。

With Joseph Gordon=Levitt
February 17, 1981 (age 30)

ジョセフ・ゴードン=レヴィットとは、『50/50』で共演。これが意外にも合っていてびっくり。歳も近いし、話題が合ったのかな。でも、ジョーはセスと趣味が合いそうにないんだけどね。でも、オタクっていう人種的には合ったのかな。それに2人とも人が良さそう。目を細めて笑うところとか。ジョーは昔はがむしゃらで熱いイメージがあったけど、最近はだいぶ力が抜けてきた印象。それが歳をとったというのかな。で、そのほっこりさと、セスがもともと持ってた温度とがちょうど合う感じ。寒い冬のココアみたいな。いいね。
話的には、今回の様に対等な関係の2人が協力して何かをするものがいいと思う。

With Jesse Eisenberg
October 5, 1983 (age 28)

ジェシー・アイゼンバーグとはどうだろう?ジェシーは『Zombieland』で大笑いなコメディにも対応できることをアピールし、『30 Minutes or Less』ではAziz Ansariとバディ演技を見せた。アパトゥ組では、『Adventurland』でマーティン・スターと共演してる。2人とも落ち着いていて相性は良かったと思う。でも、セスはマーティン・スターよりも主役向きだし、リーダー・シップもあるし、第一、マーティンはGeek組だったけどセスはFreak組だったからな。元から組分けされている。
だから2人が組むと、上下関係はセスのが上になるのかな。でも、『50/50』のように抑えた演技ならジェシーが主役でセスが支える側でもいけるのかも。これは意外と難しい組み合わせだったり。というか、『The Social Network』以降のジェシーがどんな役者になっていくのか想像するのが難しい。もうさすがに学生の役はやらないでしょ。でも、会社員とか役職がつくのもイメージできないし。『イカとクジラ』のような雰囲気の家族ものとかおもしろいかも?変わり者家族の話。でも全然似てないけどね。ってか歳も一つ違いじゃん!じゃあStepbrother?

With Ryan Gosling
November 12, 1980 (age 31)

ライアン・ゴズリングとが1番想像できない。ライアン・ゴズリングも、『Crazy, Love, Stupid』でライアン・レイノルズ的な演技を見せてたけど、彼はやっぱり真面目が似合う。元はアイドルなんだけどね。それに、斜に構えてってのでも、フランコとはまた違うんだよ。フランコの方が変態だ。私はライアン・ゴズリングは女性がいて映える男の人だと思う。売れた『キミに読む物語』はもちろん、『Blue Valentine』でも、『Drive』でも、彼の人生は女性によって回っているといってもいいくらい。
だから2人が組むとしても、それは2人がメインの話じゃなくて、ライアンと女の人の話の脇にセスって感じかな?それくらいの距離感だちょうどいいな。
そうやって、ライアン・ゴズリングのフィルモグラフィを思い出してみたけど、彼って本当に男同士のってのが少ないんだね。『完全犯罪クラブ』は消したい過去なのかな?

Best Album Covers & Worst Album Covers

Best Album Covers 
これらは、将来レコード屋さんで見つけた時でも絶対ジャケ買いしてると思う。
デザイン構成は特に違わないんだけど、基本こういうメンバーが載ってるのが好き。





Worst Album Cover
間違いなく、これが今年ワーストだと思う。だって、中身はすっごく良いのにそれが見た目からは想像できないもん。もったいない。こんなギラギラした感じじゃなくて、もっと2Dな、昔のポスター風なデザインの方があってると思う。せっかくプレス写真も、それっぽくて良い感じなのに。



番外編
音楽聴いたら好きなんだけど、これは将来レコード屋さんで見つけてもジャケ買いはしないだろうなってもの。何を思ってこのデザインにしたのか本人に聞いてみたい。
こういう音楽やってる男の人はこういうデザインに憧れがあるのかな?





名前にミッキー、Tシャツにミッキー。
いかつい風貌でかわいい物好きなところも似てる?
Power PopはCuteでRomanticだからね。そういうところが好きなんだ。 (でも、このジャケットは無しよ)

Misfits / ミスフィッツ-俺たちエスパー! 「ブレックファスト・クラブ×ヒーローズ」なイギリスのティーンドラマ


『Skins』などのE4のドラマ、Misfits。ちょうどシーズン3が始まっています。その前に、このシリーズについて書きたいと思っていたので。

大雑把に言うと、Community Service(犯罪者の刑罰の一部として行われる無報酬の作業)中に嵐に遭った5人の若者が、特別な能力を手に入れるという話。
そういえば、敵は誰なんだ?って感じなんだけど、何故か襲われて、それを防ぐために戦っている。時空も超えちゃうしね。
その特別な能力が、それぞれの性格を反映しているのもおもしろい。
それに、その能力はいつでも発揮できるものではなくて、必要な時に出てくる。だから、人によってどんな能力を持っているのかわかるまでに時間差がある。何も知らずに見ている視聴者側も、一緒に考えちゃったりして楽しめる。
さらに、彼らの他にも能力を得た人たちがいて、そういう人たちに襲われたりするんだけど、その人たちの能力もいろいろあっておもしろい。
1番「何だよそれ」って能力は、「ミルクを爆発させる」能力。念力が通じるのはミルクだけなの。しょぼーって思ってたら、それが武器になるからね。
そういう意味では、ちょっと『ワンピース』っぽくもあるかなと。どの実を食べたかによって能力が違うっていう。(ていうか、私は『ヒーローズ』を観たことないので比べられないんだよな)

それに加えE4らしい、イマドキの若者ドラマなところも魅力。パーティ、ドラッグ、セックスあるよ。
それに、オープニングがThe Rapture「Echoes」。この曲を聴いただけで体が反応するようになってしまった。他にもFlorence and the Machine、Metronomy、The Horrorsとか音楽が最近なのも特徴。
それに、時々ドキっとするような台詞がある。若者がみんな洗脳されて真面目なクリスチャンになってしまった時のネイサンが屋上からしたスピーチとか。青春って感じ。

これは、それぞれが特殊な能力を持つってところで『ヒーローズ』と、イマドキのイギリスの若者ドラマということで『Skins』を足して割った感じと言われているけど、タイプの違う5人の若者が共同作業をすることによってうまれるドラマということで、『ブレックファスト・クラブ』の要素もあると思った。

ということで、登場人物の紹介。


ネイサン:お調子者。ムードメーカー。 彼らの物語を先頭に立って引っ張っていたのはネイサンだと思う。このスーパーお調子者で喋りまくりのキャラクターがいなかったら、このドラマはもっとシリアスでサスペンスっぽいものになっていたかも。でも、このちゃらんぽらん(でも、愛嬌のある)がぶっ飛び行動で場を盛り上げてくれるので、テンポ良く軽い感じで物語が進んだ。


サイモン:オタク。暗い性格のため友だちがいない。趣味は動画を撮影すること。好きな音楽はEcho & the Bunnymenなどのポストパンク。わかりやすいくらいのキャラクター設定なうえ、演じるIwan Rheonがはまってる。色白で、目がぎょろっと大きいところが不気味さを感じさせる。喋り方ももごもごしてる。そんなサイモンとネイサンのブロマンスもこのドラマの見所でもある。


カーティス:スポーツマン。正義感があって、女性に優しいところが、このメンバーの中で1番モテる理由かな。でも誰にでも優しいから、ただの女好きって気もするんだけど。あと、この中でのツッコミ担当かもしれない。1番まとも(一般人)な意見の持ち主。だから個性的なメンバーたちの中でこのキャラクターの人気があるのかわからないけど。


ケリー:はすっぱ。言葉遣いが悪い。しかも訛もきつい。いかにも~なロンドンのホワイト・トラッシュ。時に母性本能を発揮したりする。ネイサンは口喧嘩の良い相手。ルックス的にはかわいいとは言えないんだけど、ずっと見てるとかわいく見えるときもあるから不思議。


アリーシャ:嬢王様。セクシーなルックス、小動物の様な瞳で男を狙う。経験も豊富なところをアピール。バックグラウンド的には1番語られてないキャラクターなのかも。でも、かわいいからいるだけで画面が華やかに。彼女の特殊能力と恋の相手にも注目。

でも、シーズン3からは、メイン・メンバーだったネイサンことRobert Sheehanがいなくなってしまった。すっごく残念。彼が物語を引っ張ってたのは確かだし、シーズン2からはサイモンも出てきたけど、彼はシリアスな役柄だからな。
ドラマが人気出てくると、メインをやっていた俳優は映画からもお声がかかるようになる。それで、そっちに力を入れようってなるのはしょうがないことだけど、やっぱり残念だな。 Robertが映画界でいまいち活躍してない感じなのも、さらに残念さに拍車をかける。(ドラマから人気が出て映画で成功するのはすごく難しいんだよ)。その点、Iwanは舞台の人だから(『Spring Awakening』のイギリス版キャスト)安心かな?
そして新メンバーのJoseph Gilgun(『This Is England』)がこのメンバーたちとどんなケミストリーを生むのか、楽しみです。

My Favorite Albums of 2011 Vol.5

さて、2011年も残すところあとちょっと!Wow
最近は忙しくてあんまりアルバムを聴けていない・・・
と、いうことでタイムリーじゃないものもあるけど、この2ヶ月のお気に入り。

Shannon & the Clams  / Sleep Talk

最高!何でもっと早く聴いていなかったのかって悔やまれるくらい。シャノンはHunx and His Punxでベースをやってる女の子。彼女がメイン・ボーカルを務めるのがShannon & the Clams。他のメンバーは、ジャケットにも写ってるギターはオリジナル・メンバーで、ドラムは入れ代わりがあるみたい。このギターのお兄さんも見た目はかなりの変わり者なところが素敵。演奏中のステップも華麗なんです。惚れます。シャノンの歌は、Hunxのセカンド・アルバムでもわかるように、ハスキーでヘビーな声でうまいです。オールディーズの時代にタイムスリップしたかのような気分になれる、とっても楽しくてかわいいアルバム。

Bad Sports / Kings of the Weekend

これもまた昔に戻った気分になれるアルバム。ガレージ・ロック、パンク、わかりやすくてノリが良くて。前作もそんな感じだったけど、それを変えることなくまたやってくれて嬉しい。まあ、ずっと聴いてるとたまに飽きることもあるのが難だけどね。でも、「Can't Just Be Friends」聴いたら、頭振りすぎでちぎれる!ってくらい最高なの。この曲だけでひと夏過ごせそう(夏が終わってから出会ったのが残念)。

Mickey / Rock’n Roll Dreamer

今年の「これなんだ?」ジャケ候補の1つ。絶対ジャケ買いはしないけど、音楽は最高!上の2つに通じるシンプルなロックンロール!声がちょっとJay Reaterdに似てるんだよね。

Blitzen Trapper / American Goldwing

渋いです。前作がものすごく好きだったので、期待していたのですが、そういう方向には進みませんでした。田舎へ帰りました。カントリー、フォーク。でも、彼ららしい、アーシーなロックで音が広がる世界観が感じられて、こういうのもありかなと。だんだん聴いていると染みてきます。
Bon Iverが電子的になってちょっと残念だなって思ってる人はこれ聴いてみるのもいいかも。

The Features / Wilderness

Kings of LeonのレーベルSerpents & Snakesから発売されたThe Featuresの3枚目のスタジオアルバム。知らなかったんだけど、自分のレーベル作ってアルバムを発売したくらい、Calebが押したバンドなんだって。確かに、南部ロック、KOLの初期の感じがする。今時こういうのは珍しくなったから嬉しい。

Emma Roberts: fictional boyfriends and real life boyfirends エマ・ ロバーツの役の恋人と現実の恋人


Indieな男の子の相手役といって思いつくのは?
エマ・ストーン?カット・デニングス?
意外に思うかもしれないが、エマ・ロバーツは結構Indieな男の子たちの相手役をやっている。
今回は、エマ・ロバーツの役の上での恋人、もしくはそれにあたる男の子を羅列してみよう。
でも、エマ・ロバーツも所詮ジュリア・ロバーツの姪(←関係ない?)現実に付き合っている男の子たちは・・・なんだか残念なんだよな。別にいいじゃん。って言えばそうなんだけど、でも期待しちゃうじゃん?

Rory Culkin 
Lymelife (2008)
Scream 4 (2011)


Keir Gilchrist 
It's Kind of a Funny Story (2010)


Freddie Highmore 
The Art of Getting By (2011)


Dave Franco
Cults - Go Outside


ちなみに、現実に付き合ってるのは、GleeのChord Overstreet

  

絵になるねえ。

(なんだかボーダー率の高い写真ばっかり)

Australiaで発見した『The X Factor』が探している"Special Something"について

『The X Factor』にはまってしまって、今では本家UKに加え、今年から始まったUSAと今年で3回目のAustraliaもチェックしています。
国によって人気のあるcontestantや選曲の好みも変わっていて面白いです。
そして、『The X Factor』の特徴は、単に歌がうまい人を探しているのではなく、タイトルにもなっている、X=Special Something(特別な何か)を持った人材を探すことが目的だと思います。
だから、年齢制限もないし、グループでも良い。

今回のアメリカ版が大きく打ち出している、「ペプシ・コマーシャルの顔になる」っていうのもわかりやすいかと。 過去には、ブリトニー・スピアーズ、ピンク、ビヨンセなどのスターが登場したコマーシャル。つまり、時代の顔になれるような人材を求めているのです。

UK版のジャッジ、Louis Walshが良く言う、「likable(人好きのする)」「fun factor(楽しい要素)」「got the whole package(全てが揃ってる)」など、歌がうまい以外のことでも褒められる要素がある人は『The X Factor』で残れるのです。
Louis Walshが過去にmentorを勤めたJedwardを見てもらえば、その理由は一目瞭然だと思います。


 私も『The X Factor』を見るのが好きになった理由がJedwardなので、こういう見た目にも楽しませてくれるステージを期待しています。

それで今回の本題に入るのですが、 オーストラリア版の『The X Factor』でそれは見つかりました。
毎回ジャッジから歌がヘタと言われ、Bottom 2(視聴者投票の最下位2組)にも何度かなりましたが、その度にジャッジによって救われたJohnny RuffoがFinalistの上位3位まで残りました!
その時歌った曲がこれ!賛否両論かと思われます。
Johnny Ruffo sings 'Tonight, Tonight'


その理由として、歌が下手なのは明らかだけど、1番上達している。それに、"Special Something"を持っていると言われています。それは主に、ジャッジの1人、メルB(スケアリー・スパイス)がよく言っていました。
最初のオーディションの時から、Johnnyは踊りはうまいけど歌がヘタと言われていました。それでもめげずに、愛嬌のあるスマイルを振りまいて、彼はがんばります。ハードな振り付けもこなし、毎回派手な衣装でステージを盛り上げます。

今年のAustraliaはBoysが強かったです。それは、オーディションの視聴者投票は、人気投票の要素もあるので、若い女の子のファンを味方につけるのが理由かと思われます。でも、一方でAndrewみたいに、歌のうまいおじさんも残っているわけで。だから一概に若い女の子だけの支持ってこともないと思うのですが。
とにかく、視聴者に好かれることは重要みたいですね。
その点、Johnnyはいつも笑顔で、パフォーマンス能力に優れているので、カメラ映りも良いですね。
それが"Special Something"なのでしょうか。

『The X Factor』の歴史の中で最も成功した(売れた)優勝者はレオナ・ルイスです。
でも、それ以外の優勝者は、いまいちぱっとしませんよね?
ただ、Finalistに広げてみると、JLSの人気はものすごいです。彼らがいなかったら今あるイギリスの男性アイドル・ブームは復活しなかったんじゃないでしょうか。
それに、一昨年のOlly Mars、昨年のOne DirectionやCher Lloydもチャートに入るくらいの人気が出ています。新しもの好きの若い子だけのブームかもしれませんが、これは成功してる部類に入れてもいいと思います。

では、成功している人たちの共通点は?
歌は上手いですか?
まあ、標準以上だとは思いますが、歌だけで残ったcontestantじゃないところが共通点だと思います。
若い子の人気を得たというのは大きな共通点ですね。
それ以外では、やっぱりステージで映える魅力じゃないかと思います。
YouTubeのX Factorアカウントには、過去のものも保管されているので、気になる人は見てみてください。
おススメをあげると、

Cher Lloyd sings Empire State of Mind
Cher Lloyd sings Nothin' On You
One Direction sing Kids in America
One Direction Forever Young LIVE X Factor Tour (ちょっと違うけど、これは優勝したらSingleになるはずだった曲)
Olly Murs : A Fool in Love
Olly Murs : Twist and Shout
John & Edward : Ghostbusters
John & Edward : Oops!...I Did It Again

こんな感じでしょうか。

素人がここまで1週間で作り上げるのはすごいと思います。
歌がうまいのも才能ですが、お客さんを楽しませる派手なステージをこなせるのも才能だと思います。

そういえば、一昨年の優勝者、人好きのする歌の上手い青年Joeは、元々の趣味だったクラシック方面へ進んだみたいですね。
そういうのもありだと思いますが、だったらBritain's Got Talentでもいいんじゃないの?って思っちゃいます。

アメリカは、意外と保守的?で、やっぱりまだ歌がうまい人の方が人気があるようです。
でも、そういう人ってオーディションではすごくても、CD出したり、ライブで世界のファンを魅了したりできるのかっていうと・・・わかりませんよね。
その点、イギリスは楽しいですよ。
もう落ちてしまったけど、Oversの中のJohnny Robinsonは、元キャバレーのドラッグ・クイーン・ダンサー!とっても人好きのする性格で、mentorだったLouisもそれをすごく褒めてました。でも、個性的なだけじゃなくて、ちゃんと歌も歌えます。やっぱりバーのショーっぽいけどね。


あと、オーストラリアでの変り種はDeclan Sykes!
私は彼がきっかけでThe X Factor Australiaを見始めました。
まずは、見た目からしてオーディション受ける人っぽくない個性ですが、しゃべるともっと不思議な子。
まだ15歳らしい無邪気さで大人から好かれ、独特のゴスっぽい雰囲気で若い子からも支持され、近い将来どこかで彼の姿を見ることができるんじゃないかって期待しています。


Declanについては、今度まとめBlogをやろうと思っています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...