Mademan.comが選ぶティーン向け映画ベスト10

10 Best Movies For Teens

2010年に書かれたものだけど、とてもわかりやすく良いラインナップだった。
ただ、これを書いた人はフットボールをやっていたのかな?と思う選択がちらり。


ティーン向け映画ベスト10とはって考えてる?ならいいところを見つけた。10代は楽しくて共感できる映画が好き。それに彼らは、めちゃくちゃ成熟したテーマの話にはまだついていけないけど、子ども向けのディズニー映画を観るには大人だ。ティーン向け映画ベスト10のいくつかは、他のがわりかし最近のにくらべて古典作品だ。

  1. "Clueless" クルーレス
    このアリシア・シルバーストーン主演の1995年の古典作品は、この10年間にわたって10代のお気に入りだ。主な登場人物たちが女性だからといって、この映画は女の子のためだけってわけじゃない。女の子も男の子も、この楽しいティーン映画に共感できる。
  2. "Can’t Hardly Wait" 待ちきれなくて・・・
    1998年、この楽しいティーン映画はヒットして、それ以来人気だ。この映画はすべての10代が何らかの形で共感できるような面白い登場人物たちが出てくる。
  3.  "Varsity Blues" バーシティ・ブルース
    フットボールと高校を中心とし、多くの若者や10代が共感できるドラマ映画。
  4.  "Grease" グリース
    この映画は1978年につくられたにもかかわらず、これは今もずっと人気があるティーン映画の傑作のひとつ。
  5.  "10 Things I Hate About You" 恋のからさわぎ
    ヒース・レジャーとジュリア・スタイルズ主演のロマンティック・コメディは、高校、愛、10代の苦悩についての素晴らしい物語。
  6.  "Fast Times at Ridgemont High" 初体験 リッジモント・ハイ
    この中での古典作品のひとつ。この青春ティーン映画は20年以上にわたって世界中の子どもたちに観られている。
  7. "Heathers" ヘザース~ベロニカの熱い日~
    1989年、ウィノナ・ライダーは高校、人気、色気についてのダーク・コメディに主演した。ハンサムなクリスチャン・スレイターもこの映画に出演している。
  8.  "Dazed and Confused" バッド・チューニング
    この青春映画は1976年を舞台にしている。ちょっと古臭いかもしれないが、多くの10代が共感できて楽しめるたくさんの面がある。
  9. "Friday Night Lights" プライド 栄光への絆
    高校フットボールコーチと選手についてのドラマはEntertainment Weekly誌が選ぶベスト学園映画で37位になった。
  10.  "The Breakfast Club" ブレックファスト・クラブ
    この80年代のカルト名作はすべての10代に必見である。異なったグループや背景をもった生徒たちが主要テーマとなる。


0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...