OUT誌が選ぶ重要なゲイ映画50 ~女の子のためのゲイ青春映画5選

50 Essential Gay Films

Five Gay Teen Flicks For Chicks
女の子のためのゲイ青春映画5選


彼女はハイスクール・ボーイ
JUST ONE OF THE GUYS (1985, dir. Lisa Gottlieb)
10代の記者志望テリーは、希望するインターンに選ばれるには女性であることが不利だと思い、かわいいだけでなくできることを証明するために男装して行動した。

この映画のませた弟も良い味を出していて好きだった。ファッションも超80sで見ていて楽しい。


TEEN WITCH (1989, dir. Dorian Walker)

これは、負け犬の女の子が魔女だということを知り、学校のハンサムなフットボール選手への憧れと恋愛感情を適切な呪文で守り、みんな幸せに暮らしましたとさ。という本の中で最も古い話。

見たことない!見たい!


クルーレス
CLUELESS (1995, dir. Amy Heckerling)
ファッションの知恵と同じくらい人生の教訓を提供する『クルーレス』は、初めのうちの退屈さを覆し、洗顔コマーシャルのような上辺から、感傷的で利他的な中心を明らかにする。善行は善行を生み、手に入らない片思いの相手はゲイの親友になる。

何度目の登場?学園映画からもゲイ映画からも愛されている。


セイブド!
SAVED! (2004, dir. Brian Dannelly)
もちろん、敬虔なクリスチャンの同級生に勝つために熱心な振りをしている(実際は彼女の騒ぎについて不満を言っている)典型的な不良娘がいるが、映画の本当のスターは、マンディ・ムーアの執念深い良い子ちゃんとしてのすばらしい変身だ。

マンディ・ムーアの演技ももちろんすばらしいけど、それ以外にも好きな俳優、女優がこの映画にはたくさん出ている。ぎこちないパトリック・フュジットと飾らないジェナ・マローンのカップルかわいかったな。あと、過激なエヴァ・アムリとマコーレー・カルキンのカップルも好き。


ミーン・ガールズ
MEAN GIRLS (2004, dir. Mark Waters)
彼女が刑務所やリハビリ、サマンサ・ロンソンの腕にたどり着く前、リンジー・ローハンは(脚本、出演のティナ・フェイと共に)、『ミーン・ガールズ』の陰険でおかしな贈り物を世界に与えた。それ以来、我々のDVDプレーヤーは“動作するにはあまりにもゲイ”である。

この映画も本当に良く出てくる。それくらいすばらしい映画ってことだね。久しぶりにまた観たくなった。出てる女優さんたちも今見るとすごい。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...