Spring Breakers / スプリング・ブレイカーズ ~Ke$ha "Die Young"とTaylor Swift "22"を聴きながら



『Spring Breakers』。
タイトルに合わせてアメリカの公開も来年春休み。

何から書いたらいいのかな。
とりあえず、全部好き!
ネオンカラーがまぶしい撮影現場の写真を見たときから、一目ぼれだった。
しかもキャストが最高。
Selena Gomez, Vanessa Hudgens, Ashley Bensonといったアイドルたちがメインを飾っている。
こんなかわいい子たちが、ギャングのJames Francoの手に染まるっての?
嫌だー。

観たのは映画祭で、すごく大きなスクリーン。お客さんもほぼ満員。
ネオンの字体で出てくるタイトル。
Skrillexの「Scary Monsters And Nice Sprites」が大音量で流れる。OMG~
もうここだけでも満足。

フロリダで大学生は、水着姿でビーチやホテルで羽目を外して1日中パーティ。
お酒にドラッグ、女の子の胸が画面にいっぱい。
ここでは、Black Keysが流れてた。すてき。

でも嫌だったのは、何で女の子ばっかり脱がされるの?ってこと。
見た目に華やかでわかりやすいんだろうけど、それって不公平じゃない?
もともと男の子たちも上半身裸なんだけどさあ。

そんなもやっとした気持ちを晴らしてくれたのも女の子たちだった。
チューブでビール一気飲みをしたCotty(Rachel Korine : Harmony Korineの奥さん)が、男の子たちにストリップを要求されたんだけど、逆に男の子たちを挑発するように、もったいぶって、上位に立っていたのがよかった。
「ここ(pussy)はあげないよ」 って。
この女の子たちは楽しみに来ているのであって、決して自分たちを安くすることはないというのが嬉しかった。

そういう強さは他の場面でも見られる。
チンピラFrancoがいきがってる中、冷静に賢い行動をするCandy(Vanessa)とBrit(Ashley)。
この2人がアイドルの域を超えた演技ですごくかっこよかった。
特にムチっとした体形のVanessaはCute and Sexyで。
Disney Channelの数学部の良い子ちゃんアイドルが、自撮り写真でスキャンダルになって、でも今が1番自分らしいんじゃないかなと思った。
Ashleyは、気の強そうな金髪美女で、この役にぴったりだった。

そして、Selenaはこの映画でも最後までアイドルらしさを貫いていて、それはそれですばらしかった。
Selenaの役Faithは、信仰心が厚い家庭で育った、この4人の中では唯一の優等生。
教会の友人(『Glee』のHeather Morris)からも、「あの3人とつるむのは止めときなよ」と言われてる。
Spring Breakで、たぶん初めて解放されて自由になった体験をしたFaith。
興奮気味に、「ここは最高。本当の自分になれた気がする」と話していたのが印象に残っている。

それでも、補導されて裁判所から出てきた後、怪しいFrancoに目をつけられて「一緒に来ないか」と誘われた時に、怖くなって家に帰ることを決める。
これも、すごく良い決断だと思った。
映画だからって、みんながみんなドラマチックに破滅的な行動をしなくてもいいんだ。
怖くなったら逃げればいい。
嫌なものには嫌だって言える。
最後まで残って闘うことを選ぶ者もいれば、 安全なところへ帰ることを選ぶ者もいるっていう選択肢があるのがいいなと思った。

その後、CottyもSpring Breakから帰る。
2人の帰宅までの一連のシーンが酷似していたのは、ちょっとどうなんだと思ったけど。

この映画は一見、女子大生のちゃらくてお気楽なアイドル映画のように見える。
でも、女の子たちは(ダサい町の出なので?)親しみがあって愛すべき子たちだし、だからってバカにできなくて、賢くたくましくて情に厚く、自分たちの力で何でも乗り越えていこうというガッツがある。

Harmony Korine監督作は相性が悪くてあんまり観てないんだけど、さすが『Kids』の脚本書いた人だと再尊敬しました。
ところどころ変なとこ(らしさとも言う)はあるけど、大衆映画として観やすい方だと思った。

あと、この映画はBritney Spears好きにはたまらない!
あんまり書いちゃうとネタバレになっちゃうけど(もともと感想書いてるBlogだからネタバレとか気にしてないんだけど)、現アイドルが前アイドルの歌を歌うってのだけで興奮しちゃう。
しかも、映画館でカラオケできちゃうくらい、ブリちゃんの曲がしっかりかかっていて、もう最高に楽しかった。

オープニングにSkrillexで、エンディングにEllie Gouldingっていう選曲からして、文句なしって感じの音楽は、他にはNicki Minaj、Waka Flocka Flameや出演もしているGucci ManeなどのRapが流れてた。






最後に、最近好きなこの2曲の歌詞が映画の内容とかぶる気がして、予告編などで使ってくれたらいいのになと思った。

Ke$ha "Die Young"
Let's make the most of the night like we're gonna die young

Young hearts, out our minds
Runnin 'til we outta time
Wild childs, lookin' good
Livin hard just like we should
Don't care whose watching when we tearing it up (You Know)
That magic that we got nobody can touch (For sure)

Looking for some trouble tonight
Take my hand, I'll show you the wild, side
Like it's the last night of our lives
We'll keep dancing 'til we die

Taylor Swift "22"
It feels like a perfect night to dress up like hipsters
And make fun of our exes, uh uh uh uh
It feels like a perfect night for breakfast at midnight
To fall in love with strangers uh uh uh uh
Yeaaaah
We're happy free confused and lonely at the same time
It's miserable and magical oh yeah
Tonight's the night when we forget about the deadlines, it's time uh uh

I don't know about you but im feeling 22
Everything will be alright if you keep me next to you
You don't know about me but I bet you want to
Everything will be alright if we just keep dancing like we're 22, 22

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...