Ryan Goslingのスーツスタイル2011

2011年の顔のひとり、ライアン・ゴズリングは、スーツ姿 が決まっていたなあと思い、画像を集めました。
でも、どれがどこのブランドのでってファッション雑誌みたいなことはできないので、ひとこと感想だけ。

16th Annual Critics' Choice Movie Awards - Arrivals
in Hollywood Palladium, Hollywood, CA. (January 14)
冬だから?襟の生地だけ違って温かそう。
でも、シャツはオープン。

Cinema For Peace - red carpet at Cannes Film Festival
in Cannes, France. (May 18)
初夏、明るめのグレーと白で爽やか。
眼鏡のアクセントもいい感じ。

Palais des Festivals - Drive photocall at Cannes Film Festival
in Cannes, France. (May 20) 
これはどこかでパジャマって言われていたけど、カンヌという土地柄ありだと思う。
紺と白のマリンカラーに、時計の革は茶という相性も素晴らしい。

Palais des Festivals - Drive the premiere
in Cannes, France. (May 20)
フォーマル。丸いラインの襟がきれいな胸板をアピール。
カラーのスーツの着こなしが多かった2011年。これは光沢のあるブルー。 
the 2011 Cannes Film Festival
in Cannes, France. (May 22)
また、色のスーツを選んでいます。今度は濃い赤茶色(これ何色っていうの?)。
蝶ネクタイのデザインも微妙に違う。細かい。

Drive premiere
Regal Cinemas L.A. Live in Los Angeles. (June 17)
ノーネクタイでラフ。
でも、靴下が赤ってのはラフすぎない?

The Late Show with David Letterman
in New York City. (July 13) 
茶。ネクタイも茶。はだけて覗いた裏地が赤ってのが良い。
こういう色はこういう髪の毛の色の人じゃないと似合わないのかな?

Crazy, Stupid, Love premiere
at the Ziegfeld Theater in New York City. (July 19) 
細かくで柄が良く見えないけど、色の割りに派手な印象。
エマのレースのドレスとの相性も良い。

Late Night with Jimmy Fallon
in New York City. (July 20) 
中はTシャツで、素足だし。
その代わり?愛犬が靴下はいてる。

The Ides Of March premiere at Roy Thomson Hall
in Toronto, Canada. (September 9) 
横から見ると、意外と薄いのね。
薄いベージュのような色ってスタイル良くないと着れなさそう。

Conan
(airing September 19)
あれ?このスーツ前にも着ていた?
ネクタイつけて来ました。 
The Ides of March held premiere at the Samuel Goldwyn Theatre
in Beverly Hills, Calif. (September 27)
最後はグリーン。ネクタイもバッチリ合っています。
ジョージ・クルーニーが真っ黒ノータイな分、良い子ちゃんなイメージに。

まとめ:ライアン・ゴズリングの青い目が美しかった

[Mixtape] Tonight, Up All Night

Tonight, Up All Night from bobo02 on 8tracks.



Track lists:
LMFAO - One Day
Pitbull - Give Me Everything (ft. Ne-Yo, Afrojack, Nayer)
Hot Chelle Rae - Tonight Tonight
P!nk - Raise Your Glass
Rihanna - Cheers (Drink To That)
Mac Miller - Up All Night
One Direction - Up All Night
Wiz Khalifa - No Sleep
Katy Perry - Last Friday Night (T.G.I.F.)


今日こそ、今夜だけは、羽目を外してパーティを楽しんで、飲んで!飲んで!DJがフロアを盛り上げる。そして朝まで踊る!
次の日は…
というストーリー

GQ Magazine : 30 most stylish music videos / GQ誌が選ぶオシャレなミュージック・ビデオTop30 (30-25)

GQ Magazine : 30 most stylish music videos
また自分の英語勉強のために日本語意訳してみた。今回はGQ誌が選ぶオシャレなミュージック・ビデオTop30。これは男性目線なので、女性から見たランキングもあったら見てみたい。

すごくたいへんなので、まずは30位から25位まで。

50年代を舞台にした映画の中のマイケルはチーム・ブルゾンとマドラス・シャツでキマってる。
赤いテーラードチノパンツ、黒のローファー、そして白い靴下は、言うまでもなく最も伝統的な“King of Pop”の格好。これは彼が成功するまではバカらしく聞こえたかもしれないけど、それが彼がKingである所以。


ミリタリー調のシャツ。肩章。ネクタイはシャツに留められて。まるで、マイケル・バスティアン(MichaelBastian)がデザインするガント(GANT)のランウェイから出てきたような男。
ロキシー・ミュージックの歌手ブライアン・フェリーはいつも衣装に隙がない。(73年にバンドを脱退した)ブライアン・イーノとは陰陽の関係だ。
アイパッチが要るか要らないかというのはずっと議論されているけど、それがどうした?彼は衣装と同じくらいかっこいい。


ビリー・コーガンは28歳の時にこの曲を録音し、「(自分がそう感じる全ての)若さの先端から伝える。でも、未だにはっきりと声にできていない」と言った。
スマパンのレギュラーであるDaytonとFarisは10代特有の雰囲気をとらえた。にやにや笑う10代の子たちは郊外をみずぼらしいカーディガンにストライプT(ジャージと着るのは新鮮)、洗ってない髪で車を走らせる。これは君たちの不満を抱いていた時代の最高のバージョン。


我々が一般に思う“ブルース・スプリングスティーン”というのは、ごつごつとしたデニムジャケットのニュージャージーの英雄。しかし、ブルースはおしゃれにもきめる。証拠はこのアルバム前の、彼の人気曲のうちのひとつ、「The River」のライブ・パフォーマンス。軽い綿のブレザーに、エルビス並に高く盛った髪、シャツはボタンひとつで開かれている。我々はブルースにロマンチックさを見る。曲に深く入り込んで低い声で感傷的に歌う歌手のように叫ぶ。労働者でもかっこいいスタイルにあこがれるものさ。


フランツ・フェルディナンドはデビューにして、その年に死ぬほど流れたインディ・ロック・アルバムを出した。喜ばしいことに、彼らはビデオにたくさんのスタイルを導入した。ずらりと並んだレトロなコラージュとソビエト時代のキリル文字に対して、「This Fire」のアイライナーをした超悪者は世界中に欲望の誘導睡眠波を増殖する。彼らはそれを超スキニーなモッズスーツと合わせて、ハロウィーンのオレンジ色したペンシル・タイとベルトでいっぱいにする。それから地獄の演出でマントを引っ掛ける。これらすべては冷戦文化、クラフトワーク「Robots」への同意、エレキギターにベンダー。で、ちょっとわざとらしく派手に。そう、でもいくつかは芸術的にやった。そしてリード・シンガーのアレックス・カプラノスはトレードマークの睨みを投げかける、じっと魂にまで入り込んでくるかのように・・・。って、え?何話してたんだ?


「Sabotage」は間違いなく最も激しくつくり込まれたビデオで、「No Sleep till Brooklyn」もかっこいいよね。でも、「Sure Shot」でいかした曲にあわせて彼らが代わる代わるいつものTシャツにスニーカーの格好と、タキシードのトリオ(あのラペルを見て!)で、汚かった初期は名ばかりのものとして振舞わないのを見るのは、彼らはドレスアップできるけど、やりたくないだけなんだ。と言ってるようだ。

Class of 2011 -Boys-

2011年気になった男の子たち

ちょっと前までイギリスでは才能ある若い俳優がたくさん出てきているけど、ハリウッドではまだ演じるという意味で凄さが感じられないなあ。なんて思っていたけど、最近はそんなこともないみたい。一人頑張っていたRory Culkin以外にもEzra MillerやEvan Petersなど、演技にも期待できる若手が出てきたと思う。


Ezra Miller
September 1992 (age 19) New Jersey, U.S.

City Island (2009)
Beware the Gonzo (2010) 
We Need to Talk about Kevin (2011)

『The Perks of Being a Wallflower』のPatrick役に決まった頃から注目した。最初はPatrickは金髪じゃないとって思ってたけど、『City Island』や『Afterschool』などでの年の割りに覚めた役を見ていると、結構いいかもと思い始めた。ここ最近あまり見ないタイプの顔だし、 個性なのでこれからに期待している。


Devon Bostick
November 13, 1991 (age 20) Toronto, Ontario, Canada

Diary of a Wimpy Kid (2010)
Diary of a Wimpy Kid: Rodrick Rules (2011)

彼のTwitterは面白い。年相応なんだけど、ちょっと斜めから見たようなところとか。それはまんま『Diary of a Wimpy Kid』での、いじわるなお兄ちゃんキャラともつながる。友だち同士で遊びたい方が強いんだけど、弟のことも気にしている実はやさしい面もあって。あと、カナダつながりで昔Keirとも共演していたらしい。Keirのわかりやすいかわいい顔に対して、Devonの顔は印象的な強い目で、ちょっと変わってる。役柄が狭まりそうだけど、どうなるんだろう。


Caleb Landry Jones
December 7, 1989 (age 22) Garland, Texas, U.S.

X-Men: First Class (2011)

赤毛ファンとしては無視できない、きれいな髪と肌。俳優だけじゃなくてミュージシャンとしても活動してるところが今っぽい(Jackson Rathboneがすぐ思いついた)。赤毛の男の子はそんなに需要があるわけじゃないから、これからそんなに目立った活動があるかもわからないけど、個人的に応援したい。かわいいからモデルとしても仕事できるんじゃない?


Dylan O'Brien
August 26, 1991 (age 20)

Teen Wolf (2011-)

『Teen Wolf』は、『Skins』に失敗したMTVが『Twilight』などを意識してつくったとみられるドラマ。そして、作戦は見事成功。人気が出た。Dylanは狼男になる主人公の親友役。好きな女の子になかなか告白できず、部活でも補欠なちょっと残念な設定。表情豊かでコミカルなキャラクター。みんなマッチョでシリアスなドラマに笑いを提供する役どころでもある。その活躍が評価されてか、次回作は『Submarine』のCraig Robertsも出演している『The First Time』というティーン向けロマコメ。


Evan Peters
January 20, 1987 (age 24) St. Louis, Missouri, U.S.

An American Crime (2007)
Kick-Ass (2010)
American Horror Story (2011)

彼 の変化に1番びっくりした。痩せたらこんなにモテルとは!『An American Crime』でちょっと癖のある役を見事にやっていて、将来彼は性格俳優になるんじゃないかなって思ってたけど、『American Horror Story』以降、まさか二枚目にならないよね。ファンのコメントで「マ ルコム・マクダウェルみたい」ってのがあったから、やっぱり癖のある役をやっていって欲しいな。

Class of 2011 -Girls-

女の子は2010年できなかった分も含めてまずはこの3TOPを並べます。

Elle Fanning
April 9, 1998 (age 13) Conyers, Georgia, U.S.

Somewhere (2010)
Super 8 (2011)

最近ではぐっと身長が伸びて『Phoebe in Wonderland』(2008)の時に思った妖精のような少女という面影はなくなってしまった。でも、顔だけみたらまだあどけなくって、体とのギャップがおもしろい。女優としてはやりにくいかなと思うけど、Fanning姉妹は個性派でその道を進んでいって欲しい。





Chloë Moretz
February 10, 1997 (age 14) Atlanta, Georgia, U.S.

Kick-Ass (2010)
Let Me In (2010)
Hugo (2011)

Chloeちゃんの2011年の活躍といえば、Best Coast「Our Deal」のミュージックビデオだと思う。子どもから思春期へ入ってきて、微妙な感情の表現が上手。金髪色白で、だいぶスタイルもよくなってきたからファッションも注目されている。年の割には大人っぽいけど、真似しやすいんじゃないかな。この3人の中では1番標準というか、典型的なキャラクターだと思うので、大作でどんどん活躍して欲しい。




Hailee Steinfeld
December 11, 1996 (age 15)[1] Tarzana, Los Angeles, California, U.S.

True Grit (2010)

Haileeがこの中では1番アワードの評価が高かったのかな。そこでのファッションも年相応に女の子らしくてかわいかった。そしてMiu Miuのモデルとしても活躍。茶色の大きな目と、豊かな髪、昔の時代人の美しい基準のよう。だから『Romeo and Juliet』のJuliet役も頷ける。スローペースでいいから、いつも評価の高い女優さんでいて欲しい。






Mae Whitman
Mae Margaret Whitman June 9, 1988 (age 23) Los Angeles, California, U.S.

Scott Pilgrim vs. the World (2010)

『The Perks of Being a Wallflower』のMary Elizabeth役です。『Scott Pilgrim vs. the World』で唯一の元カノ役だったからそれも納得できる。女友だちとして安心できる顔してるんだよね。男ウケよりも女ウケの方が高そう。フェミニストってわけじゃないんだけど。意思が強そう。





Juno Temple
Juno Violet Temple 21 July 1989 (age 22) London, England

St Trinian's (2007)
Year One (2009)
Kaboom (2010)
Dirty Girl (2010)
The Three Musketeers (2011)

何か2011年すごく顔を見た女優さんだった気がする。顔が個性的だよね。普通に美人ではないけど、かわいい。演技はどうなんだろう。顔がそうだからか、役も個性的なものが多くてあんまりちゃんとした役を見たことないからな。



Felicity Jones
17 October 1983 (age 28) Birmingham, UK

Like Crazy (2011)
Albatross (2011)

まだちゃんと見たことないんだけど、かわいいな~って。イギリスだと、Carey Mulliganの勢いがすごいけど、彼女より年上なんだ。Burberryのモデルもしてるってことはイギリスに好かれる顔なんだね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...