Logan Lerman ローガン・ラーマン / アメリカの息子代表

ローガン・ラーマン
生年月日     1992年1月19日
出生地     カリフォルニア州ビバリーヒルズ

Filmography :

2000 : The Patriot (パトリオット) - William Martin


2000 : What Women Want (ハート・オブ・ウーマン) - Young Nick Marshall
2001 : Riding in Cars with Boys (サンキュー、ボーイズ) - Jason - Age 8


2003 : A Painted House (TV movie) - Luke Chandler


2004 : The Butterfly Effect (バタフライ・エフェクト) - Evan at 7


2004-2005 : Jack & Bobby (TV series) - Bobby McCallister


2006 : Hoot - Roy Eberhardt


2007 : The Number 23 (ナンバー23) - Robin Sparrow


2007 : 3:10 to Yuma (3時10分、決断のとき) - William Evans


2007 : Meet Bill (幸せのセラピー) - The Kid


2009 : My One and Only (たった一人のあなたのために) - George Devereaux


2009 : Gamer (GAMER) - Simon


2010 : Percy Jackson & the Olympians: The Lightning Thief (パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々) - Percy Jackson


2011 : The Three Musketeers (三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船) - D'Artagnan


2012 : The Perks of Being a Wallflower - Charlie


2012 : Writers - Lou


2013 : Percy Jackson: Sea of Monsters - Percy Jackson
2014 : Noah - Ham

ローガン・ラーマンは何がきっかけで好きになったんだろう。
『バタフライ・エフェクト』かな?
この映画の1番若い時代を演じたのが、ローガンとキャメロン・ブライトだった。
2人とも子どもの冷淡な部分までもとてもうまく演じていて、年代別のキャストの中では1番好きだった。
そして、この頃のローガンは女の子みたいにかわいかった。
髪が長くて、あごがすっと細くて、目が大きくて。
でも、ローガンは見た目に似合わず活発な役が多い。
あと、オタクっぽいんだけど、頭がキレることをいかして大人に反抗する子ども。
そして、多いのが息子役。
子役だと自然とそういう役柄が多くなるのはしょうがないけど、ローガンは特に多い気がする。
しかも、ただ子どもとして背景になっているんじゃなくて、話の中で重要な位置にいる息子。
ざっと並べてみると、『サンキュー、ボーイズ』(ドリュー・バリモア)、『ナンバー23』(ジム・キャリー)、『3時10分、決断のとき』(クリスチャン・ベール)、『たった一人のあなたのために』(レネー・ゼルウィガー)って感じ。
そして、彼の中でのヒット作『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』も、ポセイドンの息子だから。
そんなローガンも、もう息子って年でもなくなってきている。
まだ『パーシー・ジャクソン』は続いてるけど、この役のイメージが強くついていないうちに、次の段階へシフトしたいところ。
でも、何だろ。
ローガンって演技うまいし、ルックスも整ってるし、文句ないようなんだけど、何か物足りない。
全部上手にこなせちゃう分、愛嬌とか個性的な魅力にかけている気がする。
顔はクリスチャン・スレーターに似てると思ってるんだ。
だから、『ヘザース』とか『今夜はトーク・ハード』みたいな役もやって欲しかったなと思ったけど、やんちゃな悪ガキの役はあんまりうまくないんだよね。
『幸せのセラピー』 とか『GAMER』がそう。全然問題ないんだけど(めちゃくちゃかわいいし)、何か物足りない。
『少年は残酷な弓を射る』のエズラくんみたいな、怖いほどの凄味を持っていない気がする。
でも、ローガンの普通っぽさはもっと活かしていって欲しい。
それと、年長者への忠誠心。
合わせると、親が安心して娘と付きあわせられる青年って感じ。
先輩でいうと、ジェイク・ギレンホールみたいなイメージかな?
でも、あんな風にムキムキにはなって欲しくない。
似合わないよ。

Josh Hutcherson ジョシュ・ハッチャーソン / アメリカの子ども代表

ジョシュ・ハッチャーソン
生年月日 1992年10月12日
出生地 ケンタッキー州ユニオン

Filmography:

2003 : American Splendor (アメリカン・スプレンダー) - Robin  
2003 : Wilder Days (TV movie) - Chris Morse


2003 : Miracle Dogs (TV movie) - Charlie Logan


2004 : Motocross Kids - TJ


2004 : Hauru no ugoku shiro - Markl (voice: English version)
2004 : The Polar Express (ポーラー・エクスプレス) - Hero Boy
2005 : One Last Ride - Joey
2005 : Kicking & Screaming (ペナルティ・パパ) - Bucky Weston
2005 : Little Manhattan (小さな恋のものがたり) - Gabe


2005 : Zathura: A Space Adventure (ザスーラ) - Walter


2006 : RV (RV) - Carl Munro


2007 : Bridge to Terabithia (テラビシアにかける橋) - Jess Aarons


2007 : Firehouse Dog (ファイアー・ドッグ 消防犬デューイの大冒険) - Shane Fahey


2008 : Winged Creatures - Jimmy Jaspersen
2008 : Journey to the Center of the Earth (センター・オブ・ジ・アース) - Sean Anderson


2009 : Cirque du Freak: The Vampire's Assistant (ダレン・シャン) - Steve


2010 : The Kids Are All Right (キッズ・オールライト) - Laser


2011 : Detention - Clapton Davis 
2012 : Journey 2: The Mysterious Island (センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島) - Sean


2012 : The Hunger Games (ハンガー・ゲーム) - Peeta Mellark


2012 : 7 di'as en La Habana - Teddy Atkins
2012 : The Forger - Joshua
2012 : Red Dawn - Robert
2013 : The Hunger Games: Catching Fire - Peeta Mellark

ジョシュ・ハッチャーソンは典型的な子役出身俳優。
子ども映画や家族映画で、主役級の役をずっとやってきた。
見た目はどこにでいるような普通の子どもだけど、大人の言ってることをちゃんと理解して演技ができる頭の良い子。
感動的な映画に登場する子どもだけじゃなくて、ちょっと生意気でお調子者だったり、ふてくされて不機嫌な子どもも演じる。
ヒーローは全て完璧じゃなきゃいけないことはない。足りないところがあって、それでも力を出して闘おうとするのがヒーローっていう、ハリー・ポッター的な子ども像は、ジョシュにも通じるところがある。
童顔で背が低いというのも、そういう役どころにハマるひとつの特徴。
『センター・オブ・ジ・アース』 のようなアドベンチャー大作から、『キッズ・オールライト』のようなエッジのあるドラマまで、幅広く出演しているところも素敵。
特に若い子では、押さえた演技は難しいから。
同じく子役出身のスター、ダコタ・ファニングと共演した『Winged Creatures』は、地味な作品だけど、2人の演技力は普通のティーン俳優とは段違いだった。
じっとしているだけでオーラがあるし、繊細な演技も安心して観ていられる。
そして、大ヒットとなった『ハンガー・ゲーム』。
ジョシュは、先輩子役俳優で言ったらイライジャ・ウッドのような存在かなと思っていた。
だから、この『ハンガー・ゲーム』のヒットは、イライジャ・ウッドの『ロード・オブ・ザ・リング』に当たる作品ってこと。
タイプだけじゃなくて、小柄で童顔ってとこも、キャリアの進み具合も似ている2人!
ということは、ジョシュも『ハンガー・ゲーム』の後は苦労するんだろうね。
20代半ばは、どっちにしたって若い俳優さんには大変な時期。
もう高校生の役はできないし、かといって大人の役がそんなにあるわけじゃない。
30歳あたりになれば、もっと自由にできるんだけど。
子役で成功すると、将来は厳しいっていうジンクスを覆している人は本当に少ない。
その一握りの存在にジョシュはなれるのかな。
でも、今まで浮いた話もないし、まじめに演技に取り組んでいる様子なので、これからもずっと演技をしていって欲しい。
ジョシュはリアルタイムで小さい時から観てきたから、本当の弟のように情がわいているのかも。


Entertainment Weekly誌が選ぶ学園映画ベスト50 (30-21)

50 Best High School Movies
(from September 15, 2006 issue)

見たことがあるものはコメントつきです。
今回は7/10作品。



30. Bring It On - 2000 チアーズ!

セクシーで、かわいくて、おまけに人気者!Kirsten Dunstがキラキラした目のチアリーディング部のキャプテンTorranceを演じた。Torranceは、振り付けを盗んだとして後世に残るという重大な危機から、彼女の学校のチームを救わなければならなかった。最後には、チアリーディングはたくさんのヘアスプレーと小さいホルタートップ、卑怯な仕返し以上のものがあることを学ぶ。彼女たちはいかに本気で闘うのか知っているアスリートたちだ。このコメディに指ひらひらを進呈!

大好き!この予告編を海外旅行先のホテルで見て、それからずっと見たいと思っていた思い出。ちょっと恥ずかしくなっちゃうくらいの元気さだけど、それくらいがちょうどいい。

29. Gregory's Girl - 1982 グレコリーズ・ガール

『Gregory's Girl』は、スターとしては短く、サッカーには長い。そして、Weird Al YankovicがRick Springfieldのものマネをしているようだ。でも、甘くて笑える話でもある。ひょろりとしたスコットランドの10代Gregory (Gordon John Sinclair)は、高嶺の花の女の子に恋をする。結果は、観客を彼ら自身の思春期以降の不恰好さで、良い気持ちにさせることを保証されている。「くしゃみをする時、それは時速180マイルで出てくる」という情報で、彼らが同じくこれまでに恋愛しようとしない限り。

28. Back to the Future - 1985 バック・トゥ・ザ・フューチャー

別名、Huey Lewis and the Newsの曲を使った最もかっこいい映画。Michael J. Fox演じるMarty McFlyが、Lea Thompson演じる彼の若い、未来の母親(DeLoreanのタイムトラベルのおかけで)に何度も何度も迫られることによって、この映画は高校生の性的欲求不満と、親への軽蔑を巧妙に文字通り解釈する。過去の親の代も、我々と同じく飢えていることが証明された。

あんまり記憶がないんだけど、両親の若い頃のキャストが素敵で、主人公の現実の兄弟も素敵で、スケボーでぶっ飛んでいくところも素敵。

27. To Sir, With Love - 1967 いつも心に太陽を

Holland先生が彼の作品を教え始め(『陽のあたる教室』)、Michelle Pfeifferが危険な心を作り上げる(『デンジャラス・マインド/卒業の日まで』)前、Sidney Poitierは、手に負えないイギリスの10代たちのクラスを、実生活の授業と強い愛の作戦(誰か、胃にボクシング・グラブを?)で飼いならしていた。1955年の『Blackboard Jungle』では、反抗的な子どもを演じた彼。この物悲しいが、決してお涙頂戴ではないひらめきと包容力の物語で、生徒は見事に教師になった。

この時代のイギリス人おしゃれでかっこいい。顔も昔ながらの顔つき。途中、音楽をバックにファンが写真集めてつくったビデオみたいなところがびっくりした。

26. Pretty in Pink - 1986 プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角

青春ロマンスで最も論争の的となる終わり方かもしれない(『Romeo and Juliet』の後?いいさ。)Andie (Molly Ringwald)は、お金持ちで後悔しているBlane (Andrew McCarthy)を追うべきか、貧しくて献身的なDuckie (Jon Cryer)とプロムに残るべきか。我々現在30代の女性たちが、いまだに気にかけているそれは、John Hughesの脚本の遺言。 階級を越えた愛(Blaneの点)、友情と個性の意味(Duckieの点)そして、パリッとした白い服の裕福な高校生の性の悪さ(James Spaderの点)についての。

私はダッキー派なのでこの終わり方は好きじゃないから、『恋しくて』のが観る分には気持ちいいけど、ファッションや音楽やハリー・ディーン・スタントンが最高。

25. Hoosiers - 1986 勝利への旅立ち

ほとんどの学園映画の体育会系はけんか好きのいじめっ子だ。でも、Jimmy Chitwood (Maris Valainis)は、Larry Birdと『Rain Man』を足して割ったような感じで、喋りながらヒュっとバスケットボールのネットを揺らす。インディアナ州のバスケ狂のHickory校ではそんな彼は大人気。試合に備えたDaleコーチ(Gene Hackman)への彼の助けは町を揺らし、彼の技術はDaleをヤギから天才へと変えた。優勝決定戦、ヘア剤で頭を固めた神は、Daleの最後の戦略を3語で覆した。「俺はできる」。もちろんだとも。

24. Rushmore - 1998 天才マックスの世界

いくつかの理由から、『Rushmore』 はあまり学園映画とは思えない。たぶんそれは監督・共同脚本のWes Andersonのすばらしいコメディが、これまでの映画とは全く違うからだろう。でも、これは学校生活の話。Jason Schwartzmanの疲れ知らずで意欲的なMax Fischerが学生という事実は、明らかにほろ苦くなる。彼は若すぎるので、彼の(そして皆の)憧れの先生、Olivia Williamsをゲットすることができないので。

Wes Andersonの大ファンになったら負けな気がして、すごく好きとは言えないのは何で?Jason Schwartzmanのオタクでオシャレで変態なキャラクターは、この頃からずっと続いているので悪く言えない。

23. Cooley High - 1975

『Good Times』の共同作者Eric Monte脚本、Michael Schultz監督の、お涙頂戴映画は『Boyz N the Hood』に青写真を提供した。60年代中頃のシカゴで、オタクのLeroy "Preach" Jackson (Glynn Turman)とバスケットボールの花形Richard "Cochise" Morris (Lawrence-Hilton Jacobs)は、卒業準備の間、問題を起こさないように努力する。サントラはG.C. Cameronのバラード「It's So Hard to Say Goodbye to Yesterday」を使用し、愛すべき映画となっている。

22. American Pie - 1999 アメリカン・パイ

大きな影響を残したお気軽なティーン・コメディ。Jason Biggsは我々にウェブカメラ乱用の危険さを教えた(あと焼き菓子の悪用)。同時に、Haroldになる男(それかKumarだった?)は、熟女趣味を大衆化した。『American Pie』は、『Porky』よりも面白く下品だった。1981年のお転婆はKim Cattrallのとんでもないオーガズムのシーンに点を与えるけども。しかし彼女でも、Alyson Hanniganの完璧な台詞、(皆一緒に)「この1回?バンドキャンプで?」には敵わない。

普通の男たちが集まってダサいことしてるのがおもしろいっていうのがこんなにも大衆的にウケたことが、現在にまで影響を持って人気のある証拠。 

21. Grease - 1978 グリース

今も史上最高のミュージカル映画、『Grease』は“ピンク”にしては純粋すぎるけど、歌詞を聴くと(あと「You're the One That I Want」でJohn TravoltaがOlivia Newton-Johnに色目を使うのを見ると)、あなたは頬を染めているかもしれない。カラオケ天国のサントラの下で、10代の妊娠や“pussy wagons”、TV司会者が女の子のコーラに薬を入れようとしたりなどの物語がある。いやらしいけど無害。高校はこうあるべき。

ダニーは、ずっと理想の男子TOP 5に入っている。だから、この映画以降のJohn Travoltaしか知らなくて悪口言われると、まあいいからこれを観てよ。ってすすめている。あと、この時代を舞台にした映画は大抵好きになる。

Total Filmが選ぶゲイ映画ベスト50


50 Best Gay Movies

コメント欄を見ると、このラインナップはあんまり賛同されていないみたい。
上の方は定番が入っているけど、最近のものや結構マイナーなものも多いからかな?
あと、はっきりとGay映画とカテゴリーしずらいものも含まれてるって意見があった。確かにどこまでやればそうなのかとか、難しいと思う。 Xavier Dolanの映画はGayが出てくるけど、テーマはそうじゃないからGay映画って言うのかわからないし。

50 Shelter (2007)
49 When Night Is Falling (1995) 月の瞳
48 Loose Canons (2010)
47 She-Monkeys (2011)
46 C.R.A.Z.Y. (2005)
45 The Birdcage (1996) GO fish
44 Go Fish (1994)
43 L.I.E. (2001)
42 Latter Days (2003)
41 D.E.B.S. (2004) 恋のミニスカウエポン
40 The Hours (2002) めぐりあう時間たち
39 Female Trouble (1974) フィメール・トラブル
38 Dog Day Afternoon (1975) 狼たちの午後
37 All Over Me (1997)
36 Prayers For Bobby (2009)
35 The Celluloid Closet (1995) セルロイド・クローゼット
34 Mulholland Dr. (2001) マルホランド・ドライブ
33 The Wedding Banquet (1993) ウェディング・バンケット
32 Gods And Monsters (1998) ゴッド・アンド・モンスター
31 My Summer Of Love (2004) マイ・サマー・オブ・ラブ
30 Kissing Jessica Stein (2001) KiSSing ジェシカ
29 Patrik 1.5 (2008)
28 But I'm A Cheerleader (1999) Go!Go!チアーズ
27 Your Sister’s Sister (2012)
26 Tomboy (2011)
25 The Colour Purple (1985) カラーパープル
24 Maurice (1987) モーリス
23 Transamerica (2005) トランスアメリカ
22 High Art (1998)
21 Show Me Love (1998)
20 Bent (1997)
19 The Crying Game (1992) クライング・ゲーム
18 The Boys In The Band (1970) 真夜中のパーティー
17 Mysterious Skin (2004)
16 The Adventures Of Priscilla, Queen Of The Desert (1994) プリシラ
15 My Own Private Idaho (1991) マイ・プライベート・アイダホ
14 Shortbus (2006) ショートバス
13 Water Lilies (2007) 水の中のつぼみ
12 Beautiful Thing (1996)
11 The Kids Are All Right (2010) キッズ・オールライト
10 Philadelphia (1993) フィラデルフィア
9 Monster (2003) モンスター
8 Boys Don’t Cry (1999) ボーイズ・ドント・クライ
7 Milk (2008) ミルク
6 Bound (1996)
5 A Single Man (2009) シングルマン
4 Weekend (2011)
3 Heavenly Creatures (1994) 乙女の祈り
2 My Beautiful Laundrette (1985) マイ・ビューティフル・ランドレット
1 Brokeback Mountain (2005) ブロークバック・マウンテン


観たものは紫色。半分以上観ていた。観たいなって思っていたものも入っていたので、今度観よう。
観ている中でのおすすめは、 『Prayers For Bobby』と『C.R.A.Z.Y.』。どちらも家族の話。 『Prayers For Bobby』は、敬虔なクリスチャンの家庭で育ったボビーはカミングアウトをしたが、家族、とくに母から受け入れてもらえず、逆に直そうとされてしまう。家を出て、サンフランシスコで生活を始めるが、自殺してしまう。母親は息子を失って初めて、ゲイと向き合い、その後は母親としてゲイの権利のために戦うようになるという実話をもとにした話。自殺しちゃった結果がすごく悲しいんだけど、どうしてそうなるかっていう背景を本と映像にして伝えていくのはいいことだと思う。 『C.R.A.Z.Y.』は男ばかりの兄弟の家族の話。ボウイの真似してメイクしてる写真を見て気になって、フランス語(カナダ映画)だけど頑張って観た。ゲイ映画っていうよりは、家族映画だけど十分楽しい。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...