OUT誌が選ぶ重要なゲイ映画50 ~チャールズ・ブッシュが選ぶドラァグ映画TOP5

50 Essential Gay Films

Charles Busch's Top Five Drag Films:
チャールズ・ブッシュが選ぶドラァグ映画TOP5

ドラァグはあまり突き詰めていないので、観ていないものが多い。
でも華やかで賑やかなコメディを提供してくれるドラァグクイーンの映画は楽しく観やすいと思う。
その裏側は見せないところがプロっぽい。
見せても最後は楽しく騒ぐところも素敵。



お熱いのがお好き
SOME LIKE IT HOT (1959, dir. Billy Wilder)

ワイルダーのひどくおかしいコメディは、性行動の千差万別に際立って自分は自分という姿勢があり、現在つくられているハリウッドのどんなコメディよりも洗練されている。


フィメール・トラブル
FEMALE TROUBLE (1974, dir. John Waters)

ディヴァインはすっかり腐っている大量殺人者となってしまう女子高生としてすばらしい。低俗さに恐を知らないけれども、ディヴァインはこれまで演じたあらゆる役に優しさと人間らしさをもたらした。



OUTRAGEOUS! (1977, dir. Richard Benner)

すばらしく楽しくて、感動的で、やや忘れられた映画『OUTRAGEOUS!』は、偉大な故クレイグ・ラッセルが女装役者として成功を見出す売れないパフォーマーとして出演する。


トッツィー
Tootsie (1982, dir. Sydney Pollack)

ダスティン・ホフマンは、昼メロの役を得るために変装する俳優としてすばらしい。そしてこの映画は男性が女性として生活することのより巧みな喜劇の可能性を探求することを恐れない。


パリ、夜は眠らない。
PARIS IS BURNING (1990, dir. Jennie Livingston)

この並外れた映画は、ドラァグクイーンの世界とハーレムのドラァグ家族について打ち明けて、その主題を越えて誰もが共感できる疑問を定義する。

21 Jump Street / 21ジャンプストリート ~アクション・コメディ学園映画


製作の話を聞いたときから楽しみにしていた作品。
だから予習のために、ジョニー・デップ主演のドラマ版を見ようと思って。頑張ったけど、途中で力尽きた。
でも、設定は把握したからOKだと思う。
今回のリメイク版は、この設定だけを借りて、舞台は現代になっているし。

でも、ジョニー・デップが童顔で覆面捜査で高校に潜り込んでも違和感なかったのに対して、こっちの2人、Jonah HillChanning Tatumはちょっとキツイ?と初め思ったけど、そこはお笑いセンスでうまくカバーしてるから気にならなかった。

楽しみだった理由のひとつに、高校生役のキャスティングがある。
大好きなBrie Larsonと優等生なDave Francoが出てる!
(『Greenberg』にちょい役で出てた2人ですね)
それに、おどおどした高校生役と言ったらのJohnny Simmonsもいる。
完璧!

高校に年齢を隠してもぐりこむっていったら、私の場合は『25年目のキス』がまず思い浮かぶ。
あの頃は、学校を仕切っているのは体育系(Jock)で、彼らに認められるためにはランチのコールスローを一気にたいらげないといけなかった。
でも、この映画で学校を仕切っているのは、頭脳タイプ。
しかもイケメン。
(80年代はこういう頭脳タイプは三枚目の相棒が多かったなあ:ex Curtis Armstrong

学校が舞台だから、登校初日にグループをそれぞれ分類して説明してるとことかわくわくした。
ホームパーティやって人気者ってのは今も変わらないみたい。
(LMFAOがかかっていたよ)
あと、プロム(ダンスパーティ)は大事な行事。

高校が舞台だと、絶対といって良いほど実験の授業があると思う

高みの見学もよくある光景

プロムにはリムジンとコサージュが必須

チーク・ダンス曲のセンスも問われる

そして、この映画で主演の2人の才能が本当にすごいってわかった。
ジョナ・ヒルは、『マネーボール』でアカデミー賞ノミネートされるくらい、シリアスな演技もできる人と認められるようになったけど、やっぱり本業はこうだし、チャニング・テイタムは筋肉だけじゃなくてセンスもよくておもしろいってことがわかった。
チャニング・テイタムが出来すぎるので、ライアン・レイノルズやばい?って思ったくらい。
(『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』微妙だったし、なんか『グリーン・ランタン』結婚してるし)
それで、チャニング・テイタムはこの後『Magic Mike』でしょ。
すばらしい。


Damsels In Distress ~『クルーレス』と『ハイスクール白書』のあいだ


私の語学力と読解力ではこの話がそこまで理解できなかったのが残念だけど、それを差し引いても楽しい映画だった。

なんと言っても女の子たち!
女の子キャストの力がすばらしい。

主人公、Violet(Greta Gerwig)は
思い込みが激しく、思い立ったらとことんやる。誰にでも優しい聖女のようなところが逆に不気味。
この主人公に感情移入するのは難しいと最初思った。
クルーレス』のアリシア・シルバーストーンとか『ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!』のリース・ウィザースプーンとか、『セイブド! 特別編』(最近また観た)のマンディ・ムーアとかみたいな。
まわりを激しい勢いでのみ込んでいくドラマ・クイーン。
でも、見ていくうちに、こういう人っているよねと思うようになるのがすごいと思った。
Greta Gerwigの清潔で高級な雰囲気の見た目もぴったりだった。

そんなVioletにはちゃんとSidekick(とりまき)が2人いる。
ひとりは、『クルーレス』のシェールの親友みたいな、長年の幼なじみでVioletのことをよく知っているから、冷静にチクリと突っ込みを入れるような子、Rose。スタイルが良くて上品なファッションが似合う。しっかり者で厳しいお姉さんタイプ。
もうひとりは、『ミーン・ガールズ』 のアマンダ・セイフライドみたいなちょっと浮かれた子、Heather。アニメみたいな声で、小柄でかわいらしい容姿(だから普段はみんなぺたんこシューズなのにヒール履いてる)。おバカだけどちゃっかりしてるようなタイプ。

Lily, Priss, Heather, Violet, and Rose
三人組とそうじゃない人たちの服装の差!

彼女たちは、大学の男子生徒、特に着替えも部屋の掃除もしないで飲んだくれているようなタイプが大っ嫌い。
そして、「自殺防止センター」を開いていて、鬱などに悩む学生を救おうと活動している。
2年生で転校してきたLily(Analeigh Tipton)に目をつけて、彼女を仲間に入れ込む。
Lilyは(適度な距離を保ちつつ)彼女たちと行動を共にするようになる。
悩み事を相談すれば、Violetたちなりの考え方で答えが返ってくる。
そこで、それを丸呑みにしないのがLilyのおもしろいとこ。
ちゃんと反論する。ってか、だいたい逆の意見。じゃあ何で一緒に行動してるんだろうって思うけど、Lilyは少しだけリードしてくれるような人が好きみたい。
ある信条を持っていて、それにそって生きているような人に魅力を感じるような。
夏の間に好きになった人は、彼女持ちのフランス人でアーティチョークを食べてるような人。
また、バーで「あちらのお客様からです」って感じにお酒をおごるようなキザな男(Adam Brody)にも気持ちが揺れる。

Analeigh Tipton and Adam Brody
スーツ着てると大人っぽく見えるね。

自然体で生きているLilyが恋愛で上手くいっているのに対して、真面目に努力している自分はうまくいかないことでプッツンとおかしくなってしまうViolet。
それでも彼女は彼女らしく問題に立ち向かい解決し、生きていく。

人間は成長の段階でまわりの環境から影響を受けて人格が形成されていくんだけど、小さいころから身についた習慣って一生物だったりするし、子どもの時の育ち方によって性格や好みも変わってくるし、それくらい育った環境って大事なんだなあと思った。
同時に、あるていど成長した人の思考や行動をみると、だいたいどんな風に育ってきたのかなってのも想像できると思った。
私、血液型診断も結構信じちゃうんだけど、兄弟などの家族構成もその人の性格を知るのに役立つと思ってる。
でも、その小さいときにある程度固定された性格も、その後に付き合う人たちによって変化していくんだともわかった。
それが大人でも子どもでも、男でも女でも。
芸術や学問によっても考え方や好みが変わるかもしれない。
でも、人から与えられる影響の方が大きい気がする。
だから人間はひとりでは生きられないって言われているんだと思う。
そんなことをこの映画を見て思った。
大学の学生寮ってそれぞれに似たような人たちが集まっていると思うけど、それが交わった時のがおもしろいことが起きる。
超潔癖な3人組に、自由だけどまわりに染まらないLilyが入ってきたことで変化が起こる。

他は、Aubrey PlazaAlia Shawkatがちょっとだけどインパクトのある役で出てくるのもうれしい。

だってこの映画に出てくる男の子たちって本当にイケてないんだもん。
Adam Brodyいなかったら冴えなすぎ。(Adam Brodyもまだ大学生やってるんだって言われそうだけど、無理ないからOK)
でも逆にこんだけコンサバな男子を集められたのはすごいと思った。
映画界ってもっと派手で個性的な人たちの集まりじゃないの?って。
だから、この映画のキャスティングチームは、それも含めてすごく完璧な仕事してて尊敬。

OUT誌が選ぶ重要なゲイ映画50 ~イギリスの名作5選

50 Essential Gay Films

Five British Classics:  
イギリスの名作5選

新しい方から3作品は観ていた。
OUTはアメリカの雑誌だけど、イギリスの作品を選んでいることから、イギリスにゲイの古典と呼ばれるような作品が多いことがわかる。
本当はアメリカの視点からアメリカのゲイ映画も選んで欲しかったんだけど。


VICTIM (1961, dir. Basil Dearden)

キャリアを潰そうとする脅迫者のリングに上がる“クローゼット”な法廷弁護士の役を演じた時、イギリスのアイドル、ダーク・ボガードは、若い医者の功名についての一連の人気映画ですでに有名になっていた。


THE NAKED CIVIL SERVANT (1975, dir. Jack Gold)

このTV用につくられたクエンティン・クリスプの自伝で、クリスプを演じたジョン・ハートは英国アカデミー賞をとった。クリスプは、30~40年代のイギリスで不愉快で否定的な攻撃に耐えた、華やかな英国のクィア。


マイ・ビューティフル・ランドレット
MY BEAUTIFUL LAUNDRETTE (1985, dir. Stephen Frears)

80年代初期イギリスで爆発寸前の緊張状態に反するような異人種間の恋愛物語は、ダニエル・デイ=ルイスのファシズムに共鳴するゲイのパンクという、初めての大きな役を印象付けた。クライマックスのせっけん泡に囲まれた上半身裸のシーンはお金で買えない価値がある。

ダニエル・デイ=ルイスも、この映画も好き。


モーリス
MAURICE (1987, dir. James Ivory)

大学生が恋に落ちるというE.M.フォースターの1914年の小説の映画化作品で、ヒュー・グラントはジェームズ・ウィルビー演じるモーリスの腕の中でだらっとしていてかわいらしい。ルパート・グレイヴスはウィルビーが恋焦がれる階級区分の違う庭師。

英国男子学生寮物では、『モーリス』よりも『アナザー・カントリー』派です。
単にビジュアル面での好みだけど。


BEAUTIFUL THING (1996, dir. Hettie Macdonald)

荒廃した東ロンドンの中で、団地に住む10代のジェイミーとスチュは、同性愛の芽を探求する。この映画はすばらしいキャストを揃えているが、真のスターは、お茶目で小生意気なリア(Tameka Empson)によって流されるママ・キャス(キャス・エリオット)だ。

ロンドンらしくてすごく好き。そういえば、これも団地内で物語がほぼ完結するなあ。

One Directionのメンバー人気順は?

祝セカンド・アルバム『Take Me Home』発売!



ということで、久しぶりのOne Directionネタ。

今回は「いったいOne Directionのメンバーでは誰が人気なの?」っていうのについてやってみたいと思う。

最初のイメージでは、中心人物のHarryが1番人気があるんだろうなとは思っていたけど、それ以外はうーん誰なんだろう?
やっぱりメイン・ボーカルのLiamとZaynなのかな?
でも、私はテディ・ベアみたいなNiallも好きだし、Louisのかわいい声も好きだもん。
誰が1番なんて選べないよ。

それで、今回参考にしたのはfacebookのいいね!ボタン。
One Directionが個別で表紙を飾っている雑誌の写真で、いいね!の数を比べてみた。

まずは、イギリスのFabulous Magazine。(30th September)

結果は、2対3にわかれた。

1万4千台のいいね!と、2千以上のコメントだったのが、この2人。

Harry

Zayn

そして、1万前後のいいね!と、1千前後のコメントだったのがこの3人。

Niall

Louis

Liam

この写真は白黒でぐっと大人っぽい雰囲気になっている。
Zayn、Louis、Liamは無精ひげもはやして。(ごめん、Laimはおっさん…)
白黒になるとNiallの青い目が一層際立つのできれい!
Zaynのまつ毛カール度やばい。

そして、アメリカのTeen Vogue。(DEC/JAN)

こっちは、けっこうバラつきがあった。

まず、いいね!の数
  1. 3000台 Zayn 
  2. 2000台 Harry, Liam
  3. 1000台 Louis, Niall
つぎはコメントの数
  1. 100以上 Harry, Zayn
  2. 70以上 Liam
  3. 50以上 Niall, Louis
Teen VogueはOfficial Pinterestもあったので、そちらの数でもみてみた。

いいね=Likeの数
  1. 90台 Harry
  2. 70台 Liam
  3. 60台 Zayn, Niall, Louis
再投稿=repinの数
  1. 150以上 Harry
  2. 130以上 Zayn, Niall
  3. 100以上 Louis, Liam
結果をまとめてみると、最も多いのは、この人。

Harry

次はこの2人。

Zayn
Liam
そして、この2人が続く。

Niall
Louis

ここでは爽やかにブルー系のコーディネート。
冬らしいざっくりニットとツイードジャケットで、やっぱりきれい目。
そして、年上チームはまた無精ひげ。
Liamは髪切る前の撮影だったよう。今は丸刈りだから。

ということで、最初の予想通り、Harryが1番人気があるみたい。
続いてメインボーカルのZaynとLaimって感じのよう。

そういえば、最新シングル「Little Thing」。
Ed Sheeranらしいバラードで、1Dにもあってるし、このビデオもいい雰囲気。
私はLouisのパートが大好き!



それで、びっくりしたのはZaynが歌い出しをやっていたこと。(Liamが定番)
Zayn人気はそういうとこまで影響しているのかな?
それとも、ボーカル・パートが増えたから人気も増えたとか?

Harryの声はどんどんハスキーになってくから、安定しているZaynのパートが増えるのも仕方ないと思う。
でもまだ決め所はHarryの方が多いみたいだけど。
あと、ファースト・アルバムではあんまり目立ってなかったNiallとLouisのパートもどんどん増えてうれしい。

最後におまけでイギリスのWonderland Magazine(NOV/DEC)からのショットも。

昔の家族写真をイメージして撮られたっていうちょいダサな写真。
子犬とかわいい男の子にパステル!(私的に子猫だったらもっとうれしかった)

Harry

Zayn

Liam

Niall

Louis

確かにまだよく知らない状況だったら、より多く目にする人の方が認知度があるから、好きになる人も自然と増えていきそう。
だんだんと知っていくうちに、それぞれの個性などが見えてきて、好きなタイプによって好きなメンバーも変わってくるけど、最初は目に留まった人が気になる人だもんなあ。
なんて実体験から思ったりもした。
だから今度は、人気順は歌うパートの量や露出に比例するのか?
ってところをもっと突き詰めて調べてみたいなと思った結果だった。

関係ないけど、こういう表紙が5種類とかってコレクター魂を焚きつける!
全部そろえたくなっちゃうもん。
特にTeen Vogueのは色もきれいでかわいいから欲しいよう。

The X Factor 2012 ~英米豪のボーイバンド比較

The X-FactorのUS版もいよいよLive Showが始まった。
早速、各カテゴリーから1名ずつ脱落者が出て、その人選に一喜一憂したり、これまで謎だった司会に決まった、Mario LopezとKhloé Kardashianの仕事ぶりにも注目が集まっていたよう。

ということで、3カ国のファイナリストが出揃ったところで、それぞれの国のボーイバンドを見てみたい。
イギリスとオーストラリアについては、すでにやってるけど、おさらいの意味も含めて今残っているボーイバンド全てやります。

The X Factor 2012 ~One Direction方式で組まれるボーイバンド

UK

Union J

(L→R) JJ, George, Josh, Jaymi

もともと、Jaymi、JJ、Joshの3人でTriple Jだったところに、ソロでオーディションをうけたGeorgeが加わって、4人組のUnion Jとなった。
番組がNext One Directionにしようとしている感じがすごくする。
まだグループとしての歴が浅いので、ハーモニーに弱点がみられるが、個々のボーカル能力は優れていると評価されている。
特に、Jaymiの歌唱力が褒められている。




後から追加されたGeorgeは、1DのHarryに似ていてかわいい。

(L→R) George, Josh, JJ, Jaymi

他の子たちもモデルみたいなルックスだし。
だけど、なんだか好きになれない。
つくられた感じがするからかな?
人工的なルックスに、計算されたファッションに、番組からの支援もあって。

個人的な好みなんだけど、私はもうひとつのグループDistrict3のが好きです。

District3

(L→R) Dan, Micky, Greg

(L→R) Mickey, Greg, Dan

まともな写真でいいのがなかなか見つけられなかった。
でも、こんな感じの子たちなんです。
もとはGMD3という名前だったけど、グループの雰囲気に合っていないのと、すでに使われていたためDistrict3に変更。(『The Hunger Games』みたい)
彼らはもともとバンド活動があったため、ハーモニーの美しさを褒められている。
歌唱力では、よくソロを任されているのはMicky。高めの声で特徴があっていい。
でも、バンドとしての方向性がいまいち定まっていない感じ。
選曲によっては落ちるかもしれないっていう危ないところがある。



(L→R) Greg, Dan, Micky

ハロウィンの時は、『時計仕掛けのオレンジ』の衣装でパフォーマンス。
似合ってる!




3バカって感じで仲良くてふざけているところがかわいいので、彼らのことを応援しています。
もし落ちちゃったらもうイギリスは見なくなるかも・・・
だって今回は真面目であんまりおもしろくない。

US

Emblem3

(L→R) Keaton, Drew, Wesley

(バンド名が似てる)
Wesley(18)とKeaton(16)が兄弟で、友だちDrew(20)と組んだバンド。もとは5人だったみたい。
番組のためにボーカルチームが残ったのかな?

アメリカはまだLive Showが始まったばかりなんだけど、彼らはすでに女の子ファンがたくさんいて、Simonからも、「この瞬間を覚えておきなさい。これは歴史になるから」って言われて期待されている。



彼らはLAのビーチ・ボーイズ。
ジャッジの家でのオーディションで、裸足に上半身はだけた状態で歌っていたDrew。こんな人初めて見た。
普通はみんなもっと緊張しているでしょ。
Liveへ通過が決まったとわかった時も、プールへ飛び込んで喜びを表現していた。
その自然児なところが魅力。

でも、与えられた曲がレゲエ?
やっぱりなんかダサいよう。
バンドとしては、Blink-182やRed Hot Chill Peppersが好きだそう。
メインストリームがターゲットだから、アイドルとしてはこっちの正解なんだろうけど。
うーん、好みじゃない。

(L→R) Drew, Keaton, Wesley

体を鍛えて様になるのはアメリカだからかな。
でも、でかすぎて、私はちょっと・・・
弟のKeatonくらいでやめておいて欲しい。アイドルなんだし。

何でだろ、アメリカって極端なのかな?
体育会系はそれをつきつめてマッチョに、文化系はそれをつきつめてオタクに。
ちょうどいい感じで、オシャレでかっこいいのはHipsterに?

今、せっかくのアイドルブームなんだから、アメリカ発のアイドル・グループにも期待していたんだけど、これは個人的にはちょっと残念だった。
でも、アメリカは、ソロカテゴリーの若い女の子たちが充実しているので、当分楽しめそう。


Australia

The Collective 

(L→R) Julian, Trent, Zach, Jayden, Will

オーストラリアで残っている最後のグループ・カテゴリーのボーイ・バンド。
彼らはそれぞれソロでオーディションを受けてきたけど残れなくて、途中でグループとしてまとめられ残った。
今回のX-Factor Australiaは、オーストラリアの1Dをつくりたいみたいな野望があったと思う。
だから、彼らはそれを見越してグループとして選ばれていたんじゃないかな。
人気もすごくて、このままいけばTOP3には残れると思うけど、オーストラリアは、ジャッジがどんなにベタ褒めしたパフォーマンスをした人でも、人柄も好かれてないとBottom 2になっちゃうことがあるから、選曲によっては危ないかもしれない。



彼らは、イギリスとアメリカのいいとこ取りみたいな感じで、もっとも王道アイドルらしいかな。
ダンスもするし、ラップもするし、バラードも歌うし、楽器も弾く。
見た目はいかにもオージーって感じなのが個性になるのかな。

(L→R) Julian, Jayden, Zach, Trent

(L→R)Jayden, Julian

(L→R) Zach, Trent

(L→R) Will, Jayden, Trent, Julian

私の1番お気に入りメンバーはWill。
ラップもできるし、メインボーカル。

さて、こうやってイギリス、アメリカ、オーストラリアと見てきたけど、それぞれ国が変わればグループの雰囲気も変わってくるのがおもしろい。
イギリスはやっぱりオシャレで洗練されているところがあるけど、現代の若者らしさもあってそこが魅力。
アメリカは、大陸男児って感じで肉体派。脳みそまで筋肉みたいな大らかさが見ていて気持ちいい。
オーストラリアは、大陸系なんだけど英国文化も混ざって独自の文化がある。そしてやっぱりちょっと田舎っぽいところが親しみがわく。

1Dの次に話題となるボーイバンドはこの中から出るのかな?
まだ目が離せない!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...