Jennifer Lawrenceと剛力彩芽

変な顔なのに、美しい - 剛力彩芽の造形美

これを見て、なるほど、剛力ちゃんの美はそういうところなのねと納得。
ポイントは、2つあるみたい。
目がやや吊り気味で、鼻はそう高くはないが鼻筋が細めの長めで、鼻と唇の間である「人中」と呼ばれるところがかなり短く、口は小さめ唇はぽってり。このバランスを中原淳一バランス、あるいは林静一バランスと言って(私が勝手に言ってるだけだが)、顔に小動物的ニュアンスが生まれる。

首は長いが貧弱ではなく、しっかりとした骨格で美しいカーブを描いて華奢ななで肩に続き、顔の小ささを際立たせている。彼女の顔の印象は童顔だが、それを支える骨格が大人っぽいので、不思議に洗練されたエレガントな雰囲気が醸し出される。

小動物みたいな顔に、しっかりとしているがしなやかな首。

そうやって、 剛力ちゃんの画像検索結果をじーっと見てたら、誰かに似てるなって思った。
外人の女優さんで。


あ、ジェニファー・ローレンス!

小動物みたいにかわいい顔に、しっかりとした首。

動いている剛力ちゃんの魅力をまだ知らないから言えないんだけど、ブログの人は動いている方がかわいいって言ってる。
ジェニファー・ローレンスもそうなの!
しゃべって動いて、自然体なところがまるまる魅力的。

でもジェニファー・ローレンスの小動物っぽさは剛力ちゃんとはちょっと違うかな。
西洋人だからってのもあるけど、彼女の場合はほっぺたの丸みが魅力。
ディズニーアニメみたいな立体感。
さらにあごも丸みがある。
あと大きすぎないけど立体的な唇。
横顔ももちろんきれい。



他にも小動物的かわいさをもった顔の人はいるけど、もうひとつポイントがあって、そっちが大きな差なんだとわかった。
それが首。
顔の土台となる部分。
しっかりした首と、かわいらしい顔のギャップ。
ジェニファー・ローレンスはショートヘアじゃないけど、アップスタイルにすると顔がよけいに小さく感じて可憐さアップ。

一見、平凡な金髪美人女優さんなんだけど(実際、 ジェニファー・ローレンスのことを知らない子に見せたら、覚えにくい顔って言われたことがある。)、なんだか惹かれるなあと思っていた。
そこに首の力があったとは!

彼女が演じる役の、立ち向かう少女っていうのもそういう強さが合っているからなのかな?


おまけ。
平均顔。


最近の剛力ちゃんにはほっぺたの丸みも出てきていた。
すごい!

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...