ShortList誌が選ぶ学園映画ベスト30 (part.1)

The 30 best high school movies

イギリスの雑誌が選んでいるので、いつも見るのとちょっと違う作品も選ばれていて興味深い。

一気は大変なので、少しずつ英語のお勉強。


Dazed & Confused (1993) バッド・チューニング

そう、これは最も完璧で信頼のおける場所と時代に設定されている、1976年のテキサス州オースティン。でも、この典型的な高校映画は、学校の門をくぐり抜けたすべての人に話しかける。だから、ほとんどみんなに。暴動、セックス、ドラッグ、スポーツ、独裁的な権限、奇妙な入会儀式、そして、えっと、木工品。すべてがこの象徴的なリチャード・リンクレーター監督の映画の特徴。


Grease (1978) グリース

学校は教育や、想像力を養ったり、 子どもに人生で成功するのに必要な技術を提供する場ではない。そう、それは音楽や、速く走る車、オシャレに見えること、異性とやること。そして、このハリウッドの真実によって、『グリース』はいまだたいへんな合言葉だ。あと、オリビア・ニュートン・ジョンの革のスーツ…


Carrie (1976) キャリー

これまでに『キャリー』以上にうまく、学校にいる間軽蔑された部外者のすさまじい苦しみをとらえた映画ってある? ひどい虐殺が最もアメリカ的な慣習、学校のプロムで行われるのは、“のろいはのろい主に返る”という最もわかりやすい例。シシー・スペイセクはこのスティーブン・キングの記憶に残る話の身も凍るような映画作品でずば抜けている。


Back to the Future (1985) バック・トゥ・ザ・フューチャー

このすばらしい1985年の映画で、古典的な学園映画がSF冒険映画の風変わりな主義とぶつかり合う。マイケル・J・フォックスが、学校で両親を本当に一緒にすることを確実にするため時間を戻るという、生涯の役を手に入れた。そこで彼は学校の仕組みが30年間で劇的に変化していないことを発見する。確かに現在も存在するものがある。


Ferris Bueller’s Day Off (1986) フェリスはある朝突然に

ジョン・ヒューズはこのリストにたくさんの映画を入れていただろう(『ときめきサイエンス(Weird Science)』、『すてきな片想い(Sixteen Candles)』、『恋しくて(Some Kind of Wonderful)』はみんな落ちた)。それらは彼が芸術の熟練者だったことを示す。この魅力的な外出で、マシュー・ブロデリックは、高校を楽にしたいとあがいている若者、フェリス・ビューラーとしての著しい方向転換によって、左寄りになる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...