ShortList誌が選ぶ学園映画ベスト30 (part.2)

The 30 best high school movies

イギリスらしいものが出てきたぞ!
久しぶりすぎて英語難しい。


Scream (1996) スクリーム
大作映画で10代の生活はいつも連続殺人と密接に結びついていて、ウェス・クレイブンの非常に鋭い1996年の恐怖映画は、その同種の多くよりも機知と創造を持って、それらを合わせることに成功した。ポップ・カルチャーに精通した若者グループは、同じく物知りの殺し屋のなすがままであることに気付く。そして後のもう3つの映画は周知の通り。可笑しくもあり、恐ろしくもある『スクリーム』は影響力のあるホラー映画。


Fast Times At Ridgemont High (1982) 初体験/リッジモント・ハイ
2005年、信望を受けるアメリカ議会図書館は、『初体験/リッジモント・ハイ』を、文化、歴史や、 美的意義から、アメリカ国立フィルム登録簿へ保存することを宣言した。そして、あなたたちは高校政治に至るまでのとてもきわどい映しさらしたコメディだと思った!
雑学情報:『初体験 リッチモンド・ハイ』に登場した3人の俳優がアカデミー賞で最優秀男優賞を受賞した(ショーン・ペン(2回)、フォレスト・ウィテカー、ニコラス・ケイジ)。


The Breakfast Club (1985) ブレックファスト・クラブ
人は居残りという恐怖に屈するまでは、絶望的な栄光という学校のすべてを経験していない。私たちの言葉ではなく、オスカー・ワイルドのだ。いいよ、それは私たちのだ。天才ジョン・ヒューズによるこの高校映画の代表作は、モリー・リングウォルド、エミリオ・エステベス、ジャド・ネルソン、アリー・シーディ、アンソニー・マイケル・ホールが、決して忘れられない土曜日の居残りで集められた5人の典型的な若者として登場する。


Kes (1969) ケス
ジョン・ヒューズとブラット・パック以前には、『ケス』があった。石炭のにおい、パンの味、滴りが感じられる、ざらざらした北部の生活の一片は、『E.T.』の元としていろいろな面で使われる。ビリー・キャスパー(痩せて、言葉が不明瞭な)は、学校にあまり友達がいないので、長元坊(ケストラル)の世話を始めた時、ようやく自己肯定し始める。我々は悲劇的な最後を共有はしないが、この映画は公明正大なケン・ローチによってすべての人に観られることを求める。

via

Pretty In Pink (1986) プリティ・イン・ピンク 恋人たちの街角
最後のJohn Hughes物、『プリティ・イン・ピンク』は、『フェリスはある朝突然に』や『ブレックファスト・クラブ』くらいすぐに賞賛に値しないかもしれないとはいえ、そんな自慢の仲間の中で間違いなく重要だ。モリー・リングウォルド演じる階級の違う女の子アンディが、プレッピーのブレーン(アンドリュー・マッカーシー) と付き合うことになる。ハリー・ディーン・スタントン、ジェイムス・スペイダー、ジョン・クライヤーも出演する、このすてきな映画で社会的偏見が探求される。そのうえ、最高の80年代のサウンドトラックのひとつでもある。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...