Fashion & Style: 若手Hip Hop集団とファッション ~Odd Future, A$AP Mobなど

夏休みの自由研究として始めた“Young Rappers”まとめが、終わりの見えない調べものすぎて、とうとう力尽きた。
だから、その中でも特徴のある若い子たちのグループにしぼってみることにした。

昔から若者文化に音楽とファッションは切り外せない。
同じ趣味の共有は仲間のしるし。
異なる趣味のグループの対立は、『さらば青春の光』のモッズとロッカーズや、『デトロイト・ロック・シティ』のKISSファンとディスコ・ファンなど、物語として映画でも見られる。
過去の若者のスタイルを思い浮かべる時に、それはロックと結びつくことが多い。
昔は、ロックが若者の聴く音楽だった。
今はそうじゃない。
ロックは今もあるし、若い子もロックを聴くだろうけど、今のロックはスタイリッシュと見られてないと思う。
ロックやってる人にとって、スタイルを持つことがダサいって思われているのかも。
でも、それだとなんかつまんないんだよね。

それで、今断然オシャレでかっこいいのはヒップ・ホップの子たちってなる。
その筆頭でもある東西の2つのグループを中心に見てみた。
$tyle War$: Odd Future and A$AP Mob's Rebel Fashion Strategies | SPIN

Odd Future (OFWGKTA)



Los Angeles, California,
http://www.oddfuture.com/
Tyler, The Creator, Hodgy Beats, Left Brain, Earl Sweatshirt, Domo Genesis, Mike G, Frank Ocean, Syd Tha Kyd, Matt Martians, Hal Williams, Jasper Dolphin, Taco, Lucas Vercetti

Odd Futureは、MTV VMAsだったり、グラミー賞にも出るようになって、きっともうすでに幅広く知られているだろう。
メンバーは、ラッパー、シンガー、プロデューサーと音楽に関わる組織的な集まりよりも大きく、一緒につるむ仲間といった感じ。
Odd Futureと聞いたらファッションを思い浮かべられるくらい、グループのイメージにファッションが貢献している。
彼らのファッションは、西海岸のスケーターファッションが基本。
Z-BOYSがかっこよくしたスケーターファッション、VANSのスニーカーに3本ラインの靴下とショートパンツ、Tシャツの色で遊ぶスタイル。
元々スケートボードをやっているメンバーだったから、いつも着ている服でやってるってだけなんだろうけど、ビビッドな色使いや派手な柄を上手に取り入れた遊び心あるスタイルで、それはそのまま彼らの活動の個性ともつながってる。
そして、ツアーグッズをウェブサイトで販売するのではなく、実際のお店で売る方法をとった。
地元LAにお店をかまえ、グッズ以外にもアパレル販売に手を広げた。
また、ツアーで行く先でも、同じように期間限定のお店を出した。
彼らに憧れる子どもたちは、はるばるLAのお店まで足を運ぶ。
ファンならやりたいと思う、聖地巡礼のようなことを可能にした。

また、Odd Futureのイメージを形作る上で貢献したのが、彼らのまわりに写真を撮る人がたくさんいることだと思う。
彼らがメインブログにしているTumblrを使って、ビジュアルイメージが本人たち発信で広がっていく。
TwitterやInstagramからもアーティスト本人発信できるけど、スマートフォンで撮った自撮り写真よりも第3者が切り取った場面写真の方が幅があって楽しいと思う。
そして、それは写真集にもなっている。
これで、このカルチャーは一生残ると思う。
Dennis MorrisとJohn Lydonみたいな。
写真や映像による見た目の影響力は大きい。

スケーターのお手本のような足元

足元おしゃれ

GOLF WANG Tシャツのサイズ表

西海岸って感じ

最強おしゃれさん


A$AP Mob


Harlem, New York City
http://www.asapmob.com/
A$AP Rocky, A$AP Nast, A$AP Ty Beats, A$AP Ferg, A$AP Twelvy, A$AP Yams, A$AP Illz, A$AP Josh, A$AP Relli, A$AP Bari, A$AP Ty Y, A$AP Ant

西のOdd Futureに対して、東でファッションリーダーとなっているのは、A$AP Rockyだろう。
今年A$AP Rockyにつづき、A$AP Fergもメジャー・デビュー。
創始者のA$AP Yamsはプロデューサー的立場、Rockyを引き込んだBariはファッションをメインにしているメンバーで、グループの始まりから音楽とファッションが密に関係している。
A$APのイメージ=Rockyのイメージとなっているが、ファッションに関してはBariのが師匠。
A$AP Bariは、V.LONEの他にToast To The God(メンズ)とToast To The Goddes(レディース)、さらにジュエリーデザインも始めるそう。
当時、NYハーレムで唯一のスキニー・パンツを履いた若者で、古着屋でブランド(Raf Simons、Margielaがお気に入り) の服をお得に買って着る。
A$AP Mobのスタイルは、ハイファッションとストリートファッションをうまく着こなし、ミニマルで洗練されたイメージ。
それまで、ラッパーがハイファッションを着るのは、メジャーになって売れてからが普通だった。ブランドも、"Gucci Gucci, Louis Louis, Fendi Fendi, Prada"みたいな。
カニエがそれを変えた、ファッションの挑戦者であるけども、A$AP Rockyは、そんないろんな新しいことに挑戦して勝っていくようなカリスマも持ってるし、スタイルも顔もいいし、若いし。
ほかにも、A$AP Rockyは、Hood By Airでモデルしたり、 Alexander Wangと親交を深めている。
見た目の違いからハーレムのクラブに入れてもらえなかった彼らは、その代わりにマンハッタン、イースト・ヴィレッジのアート・ギャラリーでリリース・パーティをしたり、友だちのパーティやファッション・ショーに行く。
プロデューサーに、デザイナー、スタイリスト、モデルと、音楽だけじゃないメンバーがいる、独自の路線を持ったA$AP Mobは、Rockyが発表したmix tapeをきっかけに爆発的に知名度を上げていった。
子どもたちも彼ら(主にRocky)のスタイルにすっかり夢中。
K-Popアイドル界では、COMME des FUCK DOWNだったり、A$APの影響を強く受けている。

もう服着てなくてもかっこいいもん

生足出せます

A$AP Illzもかっこいい

Hood By AirもK-Popアイドルに見られる

Waka Flocka Flame(左)が着てるTシャツもK-Popアイドルがよく着てる


■日本語で読めるA$AP Rockyのファッションについてのブログ:
Article #8: Hip Hop with Fashion (1): ASAP Rocky
http://hiphopnewsdead.blogspot.jp/2012/12/article-8-hip-hop-with-fashion-1-asap.html


すでに、Mobから抜けているが、Dominic Load(元A$AP Dom)もファッションにこだわりがある。
自分が着るために服を作るという本格派。


The Pro Era


Brooklyn, NY
http://theproera.com/
Joey Bada$$, Dyemond Lewis, CJ Fly, Kirk Knight, A La Sole , Capital STEEZ, T'nah, Powers Pleasan†, Dessy Hinds, Dirty $anchez, BRUCEE LEEKIXX, Explicit, Chuck $trangers .

東海岸でも、ブルックリンを中心にしているのがPro Era。
そういえば、若いって言って年齢書いてなかったけど、 Joey Bada$$が1995年生まれの18歳で、ここに出てくる中では若い(Earl Sweatshirtは1994年生まれ)。
Edward R. Murrow High School(バスキアやビースティ・ボーイズのMCAが通ってた)の友人たちが集まってRapを始めたのがきっかけ。
Joeyはもう学校を辞めたそうだけど、彼が学校で撮影をした様子がここで見られる。かわいい。
Pro Eraも、ラッパーとプロデューサー以外にも、デザイナーやエンジニアもメンバーを構成している。
彼らは自分たちのお店やブランドはまだないけど、コラボやモデルをやっている。
Stussy、Ecko、Ethik Clothing Co.、Milkcrate Athleticsなどのストリート系ブランドが中心。Eckoでは、Joey Bada$$はクリエイティブ・ディレクターに任命された。
また、JoeyはUrban Outfittersでもモデルをやった。
さっきの学校の写真を見てもわかるように、彼らのファッションは個性的すぎないけどオシャレなストリートスタイル。まさに、 Urban Outfittersにぴったりだと思った。

派手すぎないきれいめおしゃれ

紺だけ。シンプル

紺に白のライン使いのシンプルなスタイルが似合う

迷彩スタイルあれこれ

落ち着いた色が多いのは東海岸ならでは?


■日本語で読めるPro Eraメンバーについてのブログ:
Rest In Peace Capital STEEZ…
www.yapparihiphop.com/news/rest-in-peace-capital-steez

【Pick up】CJ Fly
http://blog.livedoor.jp/pppbitch/archives/25612245.html
女の人が書いてるからか、つっこみどころ(萌ポイント)が似てる気がして、この記事を見てからCJとJoey(ラモーンズみたい)の2人が気になるようになった。


また、Beast CoastというPro Eraとthe UnderachieversFlatbush Zombiesらの集まりもある。
22歳くらいとまだ若いthe Underachieversもモデルやコラボをやっている。

Save Money


Chicago, Illinois
http://www.redbullsoundselect.com/artists/SaveMoney
Vic Mensa, Chance The Rapper, Joey Purp, Caleb James, Kami de Chukwu, Daily Austin, Tokyo Shawn, Brian Fresco, Sterling Hayes, Eddie Monsta...

このグループも、アーティストの他にプロデューサーやビデオ監督、プロモーターなどが集まっている。
このグループがファッションが特別強いというわけではないけど、 シカゴの街のアパレルショップが、若いアーティストたちを支援している。
街のレコード屋さんが減って、アーティストたちが宣伝できる場所がないというので、アパレルショップがリリース・パーティの場所を提供したり、ライヴに広告を出したり、店内で音楽をかけたりしているそう。
Scratch and stitch  | Chicago Reader
The well-tailored line between hip-hop artists and the streetwear companies hustling to promote them

ファニーフェイスで、変なアイテムも似合うキャラクター

キャップとタイトめな上半身がトレードマークか?

西とも東とも違うスタイル

みんなでモデル

■日本語で読めるSave Moneyメンバーについてのブログ:
What's Save Money Crew?
http://cokeandfrozenpizza.blogspot.jp/2013/07/whats-save-money-crew.html

Glory Boyz Entertainment


Chicago, Illinois
http://gbe300.com/
Chief Keef (GBE/1017 Brick Squad/Interscope), Lil Reese (300 Ent./GBE/Def Jam), Fredo Santana (300 Ent./GBE), SD (300 Ent./GBE), Trey Savage, Ballout, Capo, Gino Marley, Tadoe, Blood Money

これもファッションがってわけではないけど、Joey Bada$$と同じ、1995年生まれの18歳のChief Keefも、シカゴの若手ラッパー。
もう子どもがいたり、事件や犯罪歴があったり、なかなかの問題児。
それくらい、シカゴって都会だけど犯罪も身近な街なんだなと想像。
Chicago Rap Blazes Up From the Streets | SPIN


シカゴの先輩カニエがやってるVery G.O.O.D. Beatsのメンバー、Travi$ Scottもおしゃれなのでついでに紹介。
スタイルがいいと何でも似合う。
顔を隠していきたいタイプはあまりヒップ・ホップらしくない。


若者の流行は移り変わりが速いから、この流れもいつまで続くかわからないけど、将来振返って、2010年代の初めはこんな子たちが目立って活躍してて、若い子はみんな格好を真似してたね~って思い出すのかな。

当初の課題だった、25歳以下のラッパーの曲をぶっこんだmixをつくった。
入れられなかったラッパーもあるけど、全部で33曲になった。

YOUNG and FRE$H from getalexnow on 8tracks Radio.

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...