The Bling Ring / ブリングリング ~美しいイスラエル・ブルサードの発見


この映画の主人公は誰なんだろう?
物語の基となった事件の首謀者はレベッカ()だけど、この映画で輝いていたのはマーク()だと思った。

マークは西海岸の高校にやって来た転校生。
レベッカに気に入られ、彼女の仲間になっていく。
2人はレベッカの部屋でゴシップ誌を見ながら、セレブのファッションについてお喋りする。
マークは、芸能界志望のニッキー()の服装を見立てたりもする。
セレブの家に侵入してクローゼットから盗んできたブランド品をベッドの下のトランクに隠していて、部屋にひとりっきりの時、盗んだピンクのハイヒールをこっそり履いてる。

映画の中で、マークの性的嗜好がはっきり描かれてるわけではない。
マークがレベッカのことを好きなのは見ていてわかる。
でも、それは同性的な意識だと思った。

ソフィア・コッポラの映画に出てくる女の子はいつも特別かわいく撮られているけど、男の子がかわいいことはあんまりない。
ヴァージン・スーサイズ』の男の子たちは固まりとして存在していて、ジョシュはまた別で男らしくて。
だから、マークを演じたIsrael Broussardがこんな風に耽美に撮られているってことは、マークは女の子扱いなのかなって思った。

Israel Broussardはたれ目に大きな瞳で、ぽちゃってしてるとこがさらに女性らしい雰囲気を漂わせている。
ゆるやかなウェーブヘアーも中性的な印象を強くしている。
このまま大きくなれば、Mr. BIG(Chris Noth)みたいになりそうだと思った。

そう見ると、この逆紅一点マークは、Gay BFFになるわけで。
でも、『禁じられた10代』の場合の様な幸せな関係には見えなかった。
Dirty Girl / カリフォルニア・ガール~禁じられた10代~ ~最高のGBF

女の子の方が賢くて、男の子の方が立場が低い構図は変わらない。
女の子の両親が離婚している状況も似ている。
違うのは、レベッカは決して最後まで自分の弱みを見せないところ。
そのためにだったら、友だちを売ることもできる。
優しいマークは利用されて捨てられたみたいになっちゃう。

だからってレベッカが悪だって決め付けはされてないけど、悪名を名声に変えてしまったニッキーや、そもそも名前も挙げられらなかったサム() など、女の子たちのさっぱりした動きに比べて、マークは甘すぎる。
そこはやっぱり男の子なのかなって思った。
一連の犯罪行為やクラブのパーティでも、得意になって大胆なのは女の子たちで、マークは一歩下がったところにいた。

あーでもやっぱり主役という華があったのは、ニッキーを演じたEmma Watsonだったなあ。
このグループの中で1番のドラマクイーンを1番知名度のある女優さんが演じたことで、この役のおかしさが際立った感じ。
あと、ニッキーとサムとお母さん役のも最高だった。

音楽については、今までで1番一般リスナーに寄ってるなって思った。
単純に時代が今で、自分もそういう音楽聴いてるから耳に入ってきただけかもしれないけど。
だから、その点であんまりソフィア・コッポラ趣味って感じがしなくて、ちょっと若者ぶりたくて無理してない?って思っちゃったけど(台詞の若者言葉もすごかった)。
それでも、背景で流している曲の歌詞で物語を説明するのは今回もすごい。
特に好きなのは、M.I.A.の「Bad Girls」、Kanye Westの「Power」、Frank Oceanの「Super Rich Kids」。

左上から実際のレベッカのRachel Lee、実際のマークのNick PrugoとNickの母と妹

この写真ではすごく普通に見えるし、かわいい子どもたち。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...