L.I.E. ~15歳。ふらふら


主人公のHowie(Paul Dano)は15歳。
父親と豪華な家で暮らしている。
母親は思い出の中。
父親と若い恋人の関係が嫌だ。
ひとりでいる。
友だちのGaryにつきあって、悪いことに手を染める。
でも別に、そんなことはどうでもいい。
Garyが美しかった。

-

だいぶ前に見たからもうあんまりはっきりと覚えてないんだけど、ちゃんと観たことを書いておきたいと思っていた作品。

Twitterで知って読んだBlogがきっかけで、なんとなく書きたいことがわかった気がしたので書いてみる。

いきするひとたち
このブログは、わたしたちと同じ時間を過し生きている、自分らしく息するひとびとを紹介するブログです。ジャンルはノンジャンル。ぜひ自分も紹介してほしいという立候補も受け付けています。

このインタビューに出てくる若者たちは、みんな何かこれだっていうものを見つけてて、それを中心にしつつふらふらっとしたり前へ前へだったり、それは人それぞれだけど、自分が生きるってことを深く意識している感じがした。
こういう人に出会って、その人たちの話を聞いて、公開してるBlogの作者の人もすごいと思う。
また、みんなそれぞれにBlogをやっていて、それもいろいろでおもしろかった。
そして、このBlogがやばかった。

脳髄の神秘

文章が生々しいというか、頭がいいんだろうなって思うし、グッとつかまれる言葉があちらこちらにあって。
やられました。

朝方シャワーを浴びながら泣きそうになって思わずシャワーの温度を上げてしまったんです。
生まれ変わりました

これだけでももう泣ける。
『My Mad Fat Diary』のシーンが浮かんだからかな?
シャワーの温度を上げる→白い肌がだんだん赤くなる
これは自傷癖のあるRaeについての描写だけど。

『L.I.E.』の冒頭シーンは、Howie(Paul Dano)が高速道路の上にかかる橋をふらふらしてるっていうもの。
高速道路の上にかかる橋って映画で出てくるときは、だいたい自殺するんじゃないかっていうシーン。
フェンスがない場合だと、壁のところに登って、そこを歩いてみたりする。
すごいスピードで走ってく車を見下ろしながら、行ったり来たりして、迷ってる。
そのふらふらしてる、迷いの部分が15歳なのかなって思った。
15歳だけじゃなくて、それくらいの年代。

また、2001年ってのは、「Whatever」世代と言われる流れよりは早いかもしれないけど、そんな空気を持った映画だと思った。
Paean to the 'whatever' generation
『Paranoid Park』(2007)とか、 『The Chumscrubber』(2005)とかそんな感じ。
『Storytelling』 (2001)のの話も近いものがある。
年的にもこれが1番似てるのかな?
ちゃんとしたお家があるんだけど、その中に居場所がなくて、かといって外の世界にも興味を持てない。
1番影響を受けるのは友人。
それも昔から付き合っているから友だちってだけだけど。

ちょっと成長したら、急に世界が広くなって、でも自分は何にも変わってないからどうしたらいいのかわからないって感じが15歳くらいなんだと思う。
そんな時に、自分はこれです!って強く言える何かがあるといい。
そしたら迷いも少なくなる気がする。

自殺の悩み相談について、“宗教が自殺を禁じている”って書いてる人がいて、本当宗教って便利だよなって思った。
『ライフ・オブ・パイ』のところでも書いたけど、信じるものがある人の方が強くなれると思う。
それは宗教じゃなくてもいいんだけど、それを見つけるのって大変だから、生まれたときから与えられてたら楽。
それが怖いってこともあるから簡単に楽だからって言っちゃいけないんだろうけど。
自由のが大変ってのに似てる。

結局まとまってないけど、『L.I.E.』は美しいGaryを見るだけで十分な価値があるってことは言いたかった。


15歳の瑞々しい美しさ。

Jeff, Who Lives at Home / ハッピーニート~おちこぼれ兄弟の小さな奇跡


なんかすごく不思議な映画だった。
ゆっるーいし、タイトルに“ハッピー”ってついてるのわかるくらい楽天的な主人公。
心の中では、『Freaks and Geeks』のニックが大きくなった後の話として観てた。
だって、高校時代バスケやってたんでしょ。
それで挫折して、そのまま地下室から出てこなくなったのかね?
そこらへんの、どうして彼が仕事しないで家に引きこもってるかがよくわからなかった。
他のニート映画、観たのだと『僕の大切な人と、そのクソガキ』(Cyrus)があるけど、それはもっと暗かった印象。
が引きこもってるのもお母さんの過保護ってわかりやすくて。
この話でも、お母さんは過保護だけど、自立して欲しいと思ってるところもある。
主人公はジェフ()なんだろうけど、どっちかっていうとお兄ちゃん()の話の方がわかりやすかった。
この兄弟関係は、『ルビー・スパークス』(Ruby Sparks)みたいだった。
フラフラしている弟と一応ちゃんとしている兄。
どこかかみ合わない兄弟。
男2人だとこんなもんなのかね?
下の子は上の子と違う方へ行こうとするようなので、2人だけだと合わないこともあるのかも?
男の子のがライバル意識ありそうだし。
ところで、って本当いいお母さん役。
彼女がお母さんってだけで安心できる。
『Freaks and Geeks』では、ニックのお母さんって出てこなかったと思うから、もしこんなしっかりしたお母さんいたらと思ってしまった。
でも、そしたら過保護ママで結局地下室から離れないのかな?
奥さんのもよかった。
1番おもしろかったのは、映画『サイン』の話するときに、ロリー・カルキンとアビゲイル・ブレスリンの名前をすらすらフルネームで言っていたとこ。そうとうハマってる証拠。

The Girl with the Dragon Tattoo / ドラゴン・タトゥーの女



リスベット。
猛スピードで走るバイク。
ハッピーセット。

SUPER SEXY.

だけど、ミカエルってそうとう女癖悪い。
続きが気になるから、先に本家を観たいと思う。
あと、本も読みたい。

My Mad Fat Diary ~大きな体の口が達者な女の子×ティーン・ドラマ×ブリットポップ


最も信頼しているテレビ局E4のドラマ。
ここ数年の若者向けドラマの集大成って感じのレベルの高さ。
6話という短いシリーズだったけど、もう次の製作が決まったのも納得。

『My Fat, Mad Teenage Diary』という小説が原作。
体の大きい女の子Rae()が、精神科を退院するところから始まる。

Raeは、自意識過剰、自己肯定が低い、ネガティブ、反抗期という思春期真っ盛り。
いつも何かを考えている。その考えを日記に書く。
ドラマの始まりは、いつも「Dear Diary」。(『プリティ・プリンセス』と一緒)

病院に入っていたことは誰にも言っていない。
幼なじみのChloe()には、フランス旅行って言っていた。
退院直後に再開し、彼女たちのグループに入ることになったRae。
美人でスタイルもいいChloeのグループは、イケてるグループ。
病院から急にそんな光り輝くところへ放り込まれたRaeのとまどいが素直に現れていてかわいい。

そして、このグループのメンバーが最高。
主な登場人物を好きになれるかなれないかは、ドラマを観続けるかどうかに関わってくるので重要。
このメンバーはどうして仲良しなの?って感じにバラバラのタイプが集まっている。
まあ、イギリスだったら、アメリカよりもそういうことはあるのかもしれない。
イケてるって言っても、体育会系過ぎないし、音楽の趣味つながりかもしれない。

それぞれがTeenものによくあるような問題や性格を受け持っていてわかりやすい。
自殺未遂、精神病、アルコール中毒、ゲイ、10代の妊娠などの重いものから、親友との関係、片思いの話など、これまでのTeenドラマに出てきた題材をひとまとめにしてくれた感じ。

さらに、このドラマをおもしろくしているのが90年代を舞台にしているところ。
90sリバイバル!
しかも、今回はイギリスが舞台。
ブリットポップの本元。
Raeが気合を入れるときにはThe Stone Rosesを聞いて、Oasisのアルバムはお宝扱い。デーモンのポスターに話しかけたり。




オープニング・テーマ曲は、The Charlatans。他にも、Suede、Pulp、The Verve、Radiohead、Bjorkなど。
この時代ドンピシャの人にとっては、ドラマの内容を見てないでも、流しているだけで楽しめそう。

登場人物別に思い出してまとめてく。


Raeは、はみ出し者。
部屋中ロックバンドのポスターで埋め尽くされてて、音楽の知識が彼女の強み。
第一印象でCoolに決めるためにRaeがジュークボックスでかけたのは、Beastie Boysの「Sabotage」。
でも、それ以外ではすごく自己肯定が低く、「どうせ私なんて」って感じ。
だから、初めは病院を出るのが嫌で、現実の世界を怖がっていた。
その不満をぶつける相手はお母さん。
シングルマザーで、今は恋人の不法滞在の外国人をかくまっている。
Raeはお母さんのやること言うことすべてが嫌い。ただの反抗期なんだけど。
でも、お母さんは足りないながらも、何があってもRaeを受けとめてくれる唯一の人。
また、セラピスト()の助けも大きい。
Raeに喋らせて、心の中のもやもやを整理して、確認させてる。
彼にすらRaeは反抗をぶつけるんだけど、それでもちゃんと話を聞いてくれる大人がいるのは助けになると思う。
Raeの悩みの部分は外見についてもあるけど、それを他人(親友のChloe)と比べて卑下してるところがある。
でもそれって思春期の女の子には普通だし、よくあることだと思う。
Raeの場合はそれを気にしすぎて自傷にまでいってしまった。
見ていてすごく辛かった。
社会参加ってすごく大変で苦しいリハビリかもしれないけど、1番の近道かもしれないって思った。
もしかして失敗してまた心が傷ついてもう戻らないかもしれない。
でも、得るものも大きい。
日記に書かなくても一生忘れられない体験になる。
Raeは勇気を出して出て行って、ゆっくり自分の居場所をつくっていって、信頼できる人を増やしていって、そうやって生きる道を見つけた。
ラッキーなこともあるけど、出ていかなかったら始まらない。
演じるSharonは、くりっくりの大きな目がチャームポイント。
表情が自然で、ふくれっ面など、愛嬌があってかわいい。

タイトルに書いた「大きな体の口が達者な女の子」ってのは『Girls』でレナ・ダナム演じるハンナをちょっと意識した。
性格は全然違うかもしれない。ハンナは自分に自信を持ってるって言ってるから。
でも、Raeが自分を認めて解放できたらハンナみたいになりそう。
口が達者で、頭も切れる。
とか(『Pitch Perfect』早く見たい)、言うことハッキリしていてキツイように見えるけど、嫌いになれない魅力がある女の子のキャラクターが増えている。



Chloeは、女王様。
グループ内で1番美人で、男の子の扱いにも慣れてるけど、誰と付き合ってるわけでもなさげ。
いつもセクシーな格好で、目の栄養。
グループ内の女の子の中の誰よりも進んでいる。
セックスを1番に体験したのも彼女。
でもChloeは秘密恋愛だった。
Raeとはお互いの秘密を共有するが、うまくいかなくて喧嘩になることも。
それでも、1番必要なときにいてくれるのが親友。
時には敵、時には味方になりながら、こういう存在がいるのっていいなって思った。
演じるJodieは、 近寄りがたい美人ではなく、ホワイトトラッシュ感のある親しみやすさがちょうどいい。
イギリスの薄い女の子系統。


Finn()は、Raeが片思いする男の子。
役回りはCoolな不良?
無口で、突然グループに入ってきたRaeに最初は冷たいんだけど、徐々に音楽の話とかで打ち解けていく。
そして、Raeの妄想に騎士として登場し、現実世界でも彼女を守ってくれて、RaeはFinnを好きになっていく。
また、内緒で病気のおばあちゃんを見舞っているという、不良が捨て猫をかわいがる的な面も。
演じるNicoはよくいるイギリスの男の子の見た目。
くしゅっと笑う顔がかわいい。あんな顔を至近距離でやられたら、女の子みんなswoonってなるよ。
しかもRaeに親しみを持つようになってからは、スキンシップが増えて、隣にねっころがってRaeの脚の上に脚を乗せてきたりするの。(よく考えると、Raeのが下なのでちょっとひどい?)
口ベタだからって、指で肌に文字を書いて伝えるってのが2人のコミュニケーションになってるのもかわいい。



Archie()は、Raeが1番最初に気になった男の子。
役回りは文化系男子。
眼鏡をかけていて、パブでギターを弾いて歌を歌う。
繊細で優しい男の子。
後にRaeにゲイをカミングアウトすることになるんだけど、それ以降の2人の関係がかわいい。
Raeがすっかりお姉さんになって、Archieに優しいの。
演じるDanもザ・イギリスの男の子って感じ。
このグループの男の子たち、地味すぎず個性的すぎず、バランスが最高。しかも3人ともタイプ違うし。


もう一人の男の子、Chop()はお調子者のムードメーカー。
訛がきつく、下品で、Raeのことを“レイモンド”って呼ぶ。
でも、誰にでも優しくて、初対面でも気軽に接してくれて、懐の深い良い男。
男の子たちがOasisのライブに行くことになったときに、Raeを誘ってくれて(他の女の子は誘われてない)、みんなでお揃いのOasisTシャツまで準備してたとことか(しかも背中に名前入り!フーリガンっぽい)。
演じるJordanは、3人の中では1番昔ながらの顔っぽい。
『This Is England』に出れる感じ。
Chopも十分恋愛対象になる性格とルックスなのは、うれしいけどちょっとできすぎって思っちゃうね。


もう一人の女の子Izzy()は、かわいい妹の役回り。
素直で明るくて優しいんだけど、ちょっと頭が弱い感じ。
『ミーン・ガールズ』のアマンダ・セイフライドっぽい感じかな。
演じるCiaraもかわいくて、このドラマに出てる人みんなかわいいよ。すごい。

以上が外の世界に出てきてからの仲間。
他に、精神病院の友だちがいる。


1番の友だちがTix()。
太ることが怖くて、カロリーを気にして食べられない。
取ったカロリー分は運動して落とさないと気がすまない。
あと、触られるのも嫌い。
Raeとは、トイレの個室に隣同士で入ってお喋りするのがいつもの。
病院を出て、新たな生活をしているRaeを尊敬していて、信頼してるし、心のよりどころになってる。
だから、Raeが毎回新しい話を持ってきて、トイレで話して聞かせると、Tixの顔は輝いて、彼女の気持ちも少しずつ変わってくるのがうれしい。
演じるSophieもかわいいの。
小さい歯がとがってて、ショートカットで質素な格好していて、体も薄いから男の子っぽいけど、彼女は美人さん。


Danny Two-Hats()はもう一人の病院の友だち。
帽子を2つ重ねてかぶっているのが特徴。
Raeに恋愛のアドバイスをするような賢い面もあるけど、どこか不安定で、ずっと病院にいることからも、彼の病気は深刻なんじゃないかって思う。
とにかくおしゃべりが好きで、社交的なのがいい。
ただ、調子に乗ると止められないから大変。
演じるDarrenが、ここに出てくる中では1番好み。
ギョロっとした目で、ねずみ顔。
『Submarine』にも出てたんだ。また見直そう。

お話や音楽もいいんだけど、キャストも文句なしで、さすがE4!って叫びたい。

書いていて、改めて思ったけど、90年代、思春期の女の子と恋愛や親友、ゲイの友だちなどを描いたドラマって『My So-Called Life』だね。
こっちはアメリカなので、グランジ~オルタナ音楽だけど。
あと、家族の話も多いし、扱う話題も全体的にもっと重くなってる。
リアルタイムでそれをやってたってすごいなあ。
もう一度こっちも観たくなった。

男オタクと女オタクは違う

この前、2つのBlogを読んで感じた違和感をなんと言ったらいいのかわからず置いておいたところに、ある本をよんですっきりしたので記しておくmemo。

もやっとしたBlogはこの2つ。

オタクの女の子になりたい願望は性別を超える

“かわいいい女の子になりたい”くらいで、安易に“性別を超越した”なんていうもんじゃないよ。

オタク(男)で、萌えキャラと付き合いたいんじゃなくて、一緒になってわちゃわちゃしたいんだよって人がいる。
ってところから性別を超えるって話に大きくなってって、?ってわけわかんないままごちゃごちゃしてる。
単に文章を読む力がないのかしらと思ったけど、それだけじゃないよな~と思っていた。

そして、この本を読んだ。

さよなら、韓流 北原 みのり

そしたら、なんだこういうことかって、すごくすっきりした。

思ったのは、男と女は違うってこと。

ここではわかりやすく単純に2つの性別しかないってことにして。
男っぽい女の人や女っぽい男の人や中間の人がいるのも知ってる。
でも基本的に考え方や感じ方のどこかが違ってるんだと思った。
それは、血液型や星座のような占いの話や、兄弟家族構成によって養われた性格の話のような大雑把なものだけど。

あと、オタクってのは大きく言ってファンってことにしてる。
アイドルファンもオタクでしょ?

上の2つのBlogを書いた人はプロフィールの名前を見ると男の人だ。
男の人だけでオタク的女の子の話をされたって、それに共感というか納得できないのはしょうがない。

特に最初の方のは女の子視点に立って話をすすめてる部分が多くて、読んでてすごく拒否反応がでた。
女の子向けにつくられた『セーラームーン』と『プリキュア』と一緒に『けいおん!』を語ることってできるのかしら?
“女性ファンをそれなりに獲得している”って、『プリキュア』はともかく、『セーラームーン』は当時女の子だった子が大きくなっても愛着持ってればファンだもん。それなり以上にいると思う。

ここで見えるのはどっちかって言うと、女の子向けにつくられたものに対しても萌えを感じ始めた男オタクじゃないのかな?
『My Little Pony: Friendship is Magic』のBronyみたいな。

Bronyかわいい

だから、『けいおん!』の作者が女性(※追記 原作者は男性。アニメの監督が女性)だからって、男性向けにつくられてるなら、男の求める女の子像を意識するだろうから、女性のつくったものを好きな自分は女性って考えに行くのが違和感だったのかも。

さらに、“強い女性が求められるようになった”とか、話がいろんなところに行き過ぎててよくわからなかったのかな。

最初は、私も男性アイドルのキャッキャに混ざりたいって思ったから、同じだって思った。
でも、 男性アイドルは女の子向けにつくられてるから、そこで行われてるキャッキャは女の子のためのもの。
韓国のアイドル番組も、プロデューサーなど製作チームに女性が結構いるので、女の子ファン目線ってのはあると思う。

『週刊アイドル』のPDと作家へのインタビュー
「週刊アイドル」SHINeeが来たよ、うれしいな

だから、それは女性が理想化する男性であって、男の子がなりたい男の子かって言われたらわからない。

話変わるけど、日本に入ってきてるK-popの中で男の子ファンが1番多いのはGDらしい。
街でもGDみたいな格好の男の子たまに見かける。

なので、どっちかっていうと2つ目のBlogの方の意見はわかるなあって思うことが多かったけど、難しく言いすぎで、こっちのは本当に読解力がなくて読めなかっただけかも。(間にちょこちょこ画をはさんで息抜きするところは読みやすい。)
で、言葉で語りたくなるのは男性の特徴なのかなって思った。
女の子はTumblrが流行ってるところからも写真中心だと思う。

男オタクと女オタクが違うねってなった1番は、北原さんの本の中の言葉。
いっぱい共感して、なるほどってわかったことがたくさんあった。

女の子はずっと昔から欲望を表に出してきた。
私は女の子の「キャー」 が大好き。
Rockがかっこいい要素のひとつだと思ってる。
男の人が音楽聴いて難しいこと言ってるときに、女の子は「キャー」って言って、それで同じだけの愛を表現してると思う。
もちろん、好きなバンドやアイドルやキャラクターなどについて女の子もたくさん語る。
でも、たいていの場合それは友だち同士でやる。
ひとりでもんもんと考えたことも共有するのが好き。
こういう女の子のオタクやファンってのは昔からそんなに変わってないと思う。
そして男の子のオタクは1人でも成立すると思う。

本に出てきてた原宿、巣鴨、そして新大久保が女性の街だとしたら、秋葉原は男性の街。
男オタクが表に出てくるようになって、男のオタクも女の子みたいに集まって共有する感じになったのかな?
だから、やっぱり女の子化したい、してるってのは間違ってないと思う。

考えを整理したらこんな感じ。
女の子のあれやこれやを男性だけて語られるのが嫌だ。
日本の男性アイドル番組で、女性PDや作家さんがつくってるのってあるのかな?
同じものを好きな人が集まって喋るのは男女関係なく楽しいと思う。
140文字で考えをまとめて書くってのは難しい。
『さよなら、韓流』今の日本の空気がなんとなく気になってるって人にもおすすめです!
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...