Teen Vogue誌が選ぶ女の子の友情映画8作品

Eight Classic Movies About Best Friends

最後のひとつだけ観ていなかったので観なきゃ!
それ以外はほとんど好きな話。
女の子の友情物は他にもあるけど、ここに選ばれているのは明るくて幸せな感じのものが多いのが若い女の子のための雑誌が選んだって特徴が出てるなって思った。



Now and Then (1995) Dearフレンズ

30年バラバラだった4人の幼馴染が中西部の地元で再会し、すぐさまつながりを再熱させる。このオールスターキャストの1995年の映画は、連絡が途切れても最高の友だちは一生ものだと思い出させてくれる。


The Sisterhood of the Traveling Pants (2005) 旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ

4人の親友が初めてバラバラに夏休みを過ごしたとき、古着のジーンズ(みんなに“魔法みたいに”ぴったり合う)を回すことによってつながりを維持する。友だちはそれぞれの冒険に参加することができないけど、最愛のパンツはそれができる。


Ghost World (2001) ゴーストワールド

ソーラ・バーチとスカーレット・ヨハンソンが主演したこの風変わりなコメディ、高校を卒業したはみ出し者は、郊外の10代の不安と孤独の中で溺れるが、2人が一緒のときはふさぎこんだ気分も少しは晴れる。『ダリア』みたい?そしたらこれを好きになるだろう。


A League of Their Own (1992) プリティ・リーグ

この1992年の映画で、熱心に野球をする親友たちは、スパイス・ガールズよりも先にガールパワーを定義した。ジーナ・デイヴィスやマドンナ、ロージー・オドネルによって演じられた主演の女性たちのすてきな絆に感謝してスポーツをする必要はない。


Clueless (1995) クルーレス

シェール・ホロヴィッツにとって、彼女の社交カレンダーと回転クローゼットよりも重要なことは少ないが、長年の親友ディオンヌは例外。アンバー(いじわるな子)を冷たくあしらったり、タイ(転校生)を変身させたりしていても、このBFFはカラーコーディネートされた服装よりもはるかに強く結びついている。


Mean Girls (2004) ミーン・ガールズ

親友っていうのは、あなたの本当の姿を認めてくれる人。こんな風だったらってあなたが願う姿をでもないし、その人たちが望む姿では絶対ない。『ミーン・ガールズ』は、偽の友情は関わった全員にとって悲しい理由の世界最高(それか少なくとも最も笑える例)。教訓:あなた自身でいろ。さらに?親友の元彼とは付き合うな。


Romy and Michele's High School Reunion (1997) ロミー & ミッシェル

高校時代から大親友の2人の落ちぶれた女の子が、10年後の同窓会で元同級生を感心させるために成長した自分たちの生活について手の込んだ話をでっちあげる。リサ・クドローとミラ・ソルヴィノが証明するように、親友がそばにいれば何でもできる(でも嘘をつくのはよくないよ。わかった?)


Beaches (1988) フォーエバーフレンズ

典型的な80年代映画。このベット・ミドラー主演のドラマ・コメディはあなたを笑わせ泣かせ、「愛は翼にのって」を大声で一緒に歌わせるだろう。そして、何よりも、あなたは親友を抱きしめたくなるだろう。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...