The Place Beyond the Pines / プレイス・ザ・ビヨンド・パインズ 宿命 ~高校生のデイン・デハーン


全然どんな話なのか知らずに観たからおもしろかった。
子どもの代になったときに沸いた。
学校が出てきた!

Dane DeHaanは、『リンカーン』の時は通り過ぎただけで、でも今回は3分の1くらいは映ってたかな。しかも貴重な学生の役でよかった。
普通っぽいのに陰のある子、デハーン。
金髪ともいえるけどちょっとくすんだ髪の色もだし、青ともいえるけど薄い瞳の色も、そんな理由。
ちょっと不健康そう。
寂しそう。
孤独そう。
そういうところが、Ryan Goslingの子としてすごくよかった。
ライアン・ゴズリングは、いつもの感じ。
孤高な一匹狼。
金髪姿は、ちょっと『完全犯罪クラブ』の頃を思い出した。
あんなにイケイケじゃないけど。
あ、でもEva Mendesに対しては結構イケイケだったかな。
エヴァ・メンデスは登場の仕方がすごかった。ラテン!

子どもの話としては、ゴズリング家よりも、家のがつらそうだった。
物はあるのに中身がからっぽ。
だからグレる。傷つける。
Emory Cohenは健康そうな体型で、顔立ちもすごく普通なのがこの役に合ってると思った。

この写真なんかちょっとゲイドラマっぽいって思ってしまった

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [DVD]
Happinet(SB)(D) (2014-01-07)
売り上げランキング: 32,327

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...