The Cold Lands ~美しい自然と少年


物語があるようであんまりない。
どちらかというと映像の印象のが強い。
主人公の少年Atticus(たぶん14歳)を演じたSilas Yelichの美しさが際立つ作品。
しゅっと切れ長の目じり、丸い鼻、浅黒い肌。それぞれバラバラなようで不思議に均衡のとれた顔。
「mom」を「マア~アム」って伸ばす言い方や、覇気のないぼそっとした喋り方に子どもらしさが残る。

ちょっと背伸びしたい年頃で、厳しいお母さんとのやりとりがおもしろかった。
お母さん(Lili Taylor)はかわいい1人息子を大切にしているからだけど、厳しすぎる。また、現代社会から少し距離を置いて生活している人なので、ギャップがいい。
昔の写真を見ながら、
母「エルビスみたいな髪型」
息子「エルビスって?」
母「今で言うジャスティン・ビーマーくらい人気だった人」
息子「ビーバーだよ」
みたいな感じ。

前半は、そうやって母と息子の生活が描かれて、突然息子はひとりになる。
そして森を彷徨う。
ひとりで森の中をずんずん歩く。
そして、幸せってなんだろう?って考える。
途中で出会った男(Peter Scanavino)の自由な行動に憧れて、行動を共にする。
この男は少年にとっての新しい導き人になる。
そして、後半は男と少年の話。
男の自由さに憧れる少年。
でも、男はそんなに余裕があるわけではなかった。
手作りアクセサリーを売る以外は日雇いのようなことをして稼いでいた。
寝る場所は、車か空き家。
それでも健気な少年に情がわいてくる男。

終わり方もはっきりしない感じだったけど、少年の美しさだけは完璧だった。
途中、髪の毛を剃られてモヒカンになるんだけど、これがまた似合う。
目力がより引き立つ感じ。

『Anchorman』のTシャツ着てる

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...