10代の男の子におすすめしたい映画10作品

10代の女の子向けの映画を考えたので(10代の女の子におすすめしたい映画10作品 )、男の子も考えてみた。
でも、男の子の気持ちには完全になれないから偏っているかも(スポーツ・アクション・ホラーに弱い)。

参考に調べてみたら、映画鑑賞をしている学校発見。
【 逗子開成中学校・高等学校 映画鑑賞 】
生徒が書いた感想もちょっと読める。


Rebel Without a Cause (1955) 理由なき反抗
時代は古いけど、内容は不変だと思う。しかも、ジェームス・ディーンはこの時代の人の中で最もエモいと思うから、現代の子も共感できるんじゃないかな?

Rebel Without a Cause / 理由なき反抗


Beautiful Thing (1996)
同性愛のものと考えてこれに。学校で特に目立つ人気者なわけでもなく、かといって変わり者でもない、主人公の男の子の普通さがいい。団地での近所付き合い、母子家庭、父子家庭、そして初恋。好きになった相手が男の子だったってこと以外は、他の映画と変わらない悩みだと思う。

Beautiful Thing


Rushmore (1998) 天才マックスの世界
Vampire Weekendのエズラをつくった映画でもあるそうなので!文系の男の子は好きな世界だと思う。マックスに共感するのもありだけど、細かいところまでこだわりのある監督にはまる子もいそう。


Harry Potter (2001~2011) ハリー・ポッターシリーズ
これは学園物だと思っているので。映画と合わせて本も読むという体験と、10年も続いたシリーズということだけでも貴重だと思う。ハリーたちと一緒に成長することができたらいいと思う。

Harry Potter and the Order of the Phoenix / ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Half-Blood Prince / ハリー・ポッターと謎のプリンス


Napoleon Dynamite (2004) ナポレオン・ダイナマイト(旧バス男)
これを観たら、たいていのことは大丈夫って思えるんじゃないかな?私は「世界は何て広いんだ」って思った。この地球のどこかに今、こんな人生を送っている人がいるんだ。自分は今、何をしているんだろうと考える。


Superbad (2007) スーパーバッド 童貞ウォーズ
これは私の意見じゃなくて、男の子に聞いて得た意見。まったく頭になかった自分にもびっくり(確かに私の心の作品ではないけど)。女の子に向かう気持ちもだけど、それ以上に親友との関係がほほえましい作品。


Into The Wild (2007) イントゥ・ザ・ワイルド
将来について考える時期に観るといいと思った。選択肢が広がるんじゃないだろうか。でも、こんな風にそれまでのつながりを全部切って行ってしまわないで欲しいと思うけど。


We Need To Talk About Kevin (2011) 少年は残酷な弓を射る
母親と息子の話。今は過保護すぎる母親のが多いのかもしれないけど(特に都会では)、母親と息子の関係がうまくいかないことで崩れていく家族。本当は大人が観た方がいいのかもしれないけど、大人はもう手遅れで気づけないかもしれない。子どもの目で見て何を思うのか気になる。

We Need to Talk About Kevin / 少年は残酷な弓を射る ~個性派すぎる若手俳優エズラ・ミラー


21 Jump Street (2012) 21ジャンプストリート
これも、学園物ということにして。大人の目線で現代の高校生を見ているのがいいと思う。そこの中にいたら気づかないことも解説してもらえる。あと、勉強が得意だった子、運動が得意だった子の卒業後の姿を見られるのもいいと思う。

21 Jump Street / 21ジャンプストリート ~アクション・コメディ学園映画


Chronicle (2012) クロニクル
普通の子が突然、特殊能力を手に入れてっていうのは現実離れしているけど、家では親のことで苦悩していてってところはすごく現実。友だち関係も、そこまで深くないけど、全然仲良くないわけじゃない距離感が新鮮で現代的なのかなと思った。

Chronicle / クロニクル ~デハーンはオランダの名前

次点としては、『Stand By Me (1986) スタンド・バイ・ミー』と『Kids (1995) キッズ』。
『スタンド・バイ・ミー』は、他のものに比べたら少し幼い年齢かもしれないけど、男の子の夏休み映画といえばこれ。『キッズ』はR指定だけど、同年代の子が観た方がいいと思う。性教育と情操教育を兼ねて。

10代の女の子におすすめしたい映画10作品

Female Trouble: 10 Best Teen-Girl Movies
これを読んで、なるほど納得と思うものもあれば、ちょっとかっこよすぎじゃない?ってのもあって、自分だったら何を選ぶかなって思って考えてみた。
基準は、おしゃれな雰囲気よりも、10代の女の子が共感できたり、助けになるようなものということで考えてみた。
だから、楽しい話ばっかりじゃない。
今の学校も、映画鑑賞の時間ってあるのかな?
私のときはあって、戦争映画とか観たけど、今ももしあるなら、どんな映画見せているんだろう?気になる。


Clueless (1995) クルーレス
もう古典の域なので。アリシア・シルバーストーンの悪びれないキャピキャピ感は、10代ならでは。だけど、おバカなだけじゃないのがシェールのいいところ。派手なギャルが身近な地味男とって話は少女漫画の世界にも結構あると思うから若い子にもとっつきやすそうだし、その地味男がポール・ラッドってのもいい。


Boys Don't Cry (1999) ボーイズ・ドント・クライ
これはR指定?と思ったら、日本ではPG-12だったそう(Wikiより)。私がこれを観たのは何歳だったろう?目を背けたくなるシーンがたくさんある。事実だと知ったらもっと辛い。他にも同性愛のものはあるけど、これはおとぎばなしっぽくないから、真剣に受け止められると思う。

Boys Don't Cry


Bring It On (2000) チアーズ
スポーツにあまり興味がなくても、これは楽しい。女の子パワー全開で、目の前の物に全力なところがいい。成績を心配する父親に息巻いて話すキルスティン・ダンストはかっこいいし、ベッドの上で飛び跳ねてるキルスティンは最高にかわいい。


Ghost World (2001) ゴースト・ワールド
大多数の子にははまらないかもしれないけど、すごくピンポイントではまる子はいると思う。そして、きっとイーニドになりたくなってしまうだろうから、ちょっと危険?でも観ないよりは観ている方がいいと思う。

Ghost World


Thirteen (2003) サーティーン あの頃欲しかった愛のこと
何がいいのか悪いのかを考えるきっかけになるかな。自分にとっての1番は誰かにとっての1番じゃなくて、そのせいでまわりに迷惑をかける。逆もあって、誰かのすることで、自分が苦しむ。
13歳は、日本では中二病といわれる時期の年齢だし。


Mean Girls (2004) ミーン・ガールズ
10年を向かえても色あせない題材。映画みたいに大げさじゃなくても、学校の中にヒエラルキーがないことはないと思う。一旦自分の状況は置いておいて、それを外側から見られるだけでも少しは気分が変わるんじゃないかな。


Speak (2004)
微妙な年齢、思春期ならではの悩みを抱える主人公。恋愛、セックス、友情、いじめ。悩みを誰にも相談できずにひとりで抱え込む苦しみ。話すことができないのがこんなにも辛いなんてっていうことを考える。

Speak ~誰にも言えずにひとりで苦悩する10代


An Education (2009) 17歳の肖像
少し大人びた、まわりの子よりも成熟した考え方や趣味を持っている子でも、世間ではまだ子どもで、知らない世界はたくさんあって、痛みを伴って学んでいく。
でも、なるべくなら子どもには痛いことには遭わないでほしいと大人は思ってしまう。

An Education / 17歳の肖像


Trust (2010) チャット ~罠に堕ちた美少女~
SNSによって現代の子どもが遭遇しそうな危険について1番わかりやすい例かと思う。「信じる」っていうのがどういうことか考えるきっかけになる。家族、友人、オンライン上で知り合った人。身近にいるからといって信頼できるってわけじゃないけど、顔を合わせてのコミュニケーションは大事だよねと思う。

Trust ~14歳の女の子がSNSの被害者にならないようするには


The Descendants (2011) ファミリー・ツリー
家族の話では、どれがいいだろうと考えてこれに。シェイリーン・ウッドリーがものすごく反抗期の役でいい感じ。家族のいい部分も悪い部分も見ることができる。物語だからって全部きれいごとな訳じゃない。現実だってそう。

次点としては、『Juno / ジュノ』と『Carrie / キャリー』を候補に。
家族だったり、恋愛だったり、学校だったり、10代の子にとっては身近な話題を扱ってて、映画としてもおもしろいし、考えさせられるもの。

私が先生だったら映画を観せて子どもたちの感想をぜひ読みたい。

初めてファンフィクションを読んでみたらおもしろかった 【高校・いじめ・同性愛】 #5SOS


これまで、Fan ArtやFan Videoは楽しむことがあっても、Fan Fictionは読んだことがなかった。
理由は、長いから?自分の好みと合う書き手を捜すのが手間だから?
これまで興味を持ってなかったんだけど、5 Seconds of Summerのこのビデオを見て、


コメントでMuke (Michael + Luke)が盛り上がってて、
そしたら、CalumとLukeのことは、Cakeっていうことがわかって、
なんてかわいいの!って思い、
だけど、私はこの2人の組み合わせにあんまり興味がなかったから、
他の人はどんな風に思ってるんだろうと検索してみてこのファンフィクに出会った。

これが初めてちゃんと読んだファンフィクなんだけど、とても幸運だった。
この話では、 高校・いじめ・同性愛という自分の興味に合う題材が扱われていて、登場人物それぞれの視点で書かれているのもおもしろかった。

高校が舞台なので、Teen映画でよく見るような以下の場面が出てくる。
  • 廊下のロッカーの前
  • カフェテリアの席
  • 近所のたまり場的ダイナー
  • 学校中が応援に行くサッカーの試合とチアリーダー
  • 子どもだけでのホームパーティ

登場人物が、YouTubeでカバー曲を歌った動画を公開しているってのもいまどきだと思った。

もちろん、5 Seconds of Summerのファンフィクだから、登場人物はメンバー。
そのメンバー同士がいじめや同性愛をするんだけど、彼らが役を演じてると思うこともできるし、そこまで拒否反応はなかった。
ファンが書いてるから愛情を持ってやっているだろうし、メンバーの個性を知って書いてると思うから。

簡単な登場人物紹介:
Chloe : 主人公の女の子
Ashton Irwin : Chloeの兄。サッカー部のゴールキーパー
Michael Clifford : Chloeの恋人。Lukeをいじめている
Luke Hemmings : Chloeの親友。ギターを弾きYouTubeで演奏を披露している
Calum Hood : Michaelの親友。サッカー部
Becky : Ashtonの恋人。チアリーダー

偏見なんだけど、ファンフィクってもっとただ絡んでやり合ってるだけなのかと思ってたけど、この話は同性愛って題材が、いじめのきっかけになっていたり、それで自分を否定していたり、打ち明けたら仲間から拒絶されるんじゃないかと不安になっていたりなど、その状況が自然だった。
そして、それを受け入れて、認めてっていう段階に物語がすすんでいく。

この作者が何歳の子かわからないけど、友だちが18歳になったって言っていたからそれくらいかなと思うと、その年齢でこういう考え方をしているのがすてきだと思った。

以下、一部抜粋。

I didn’t even like girls but no one knew that, a gay soccer player wasn’t really accepted and I didn’t want to leave the team because I was who I was.
http://archiveofourown.org/works/1312198/chapters/2757451

C:Who is the lucky girl?
L:You have to know…I mean…well…it’s not a girl?…I was afraid what you would say.
C:Did you really think I would hate you or something because of this? 
I said him it didn’t matter what he was as long as he was happy with it. 
It broke my heart to see my best friend crying because he was so convinced no one would like him. I hated everyone who bullied him and did this to him. His self-confidence was as low as it could be
http://archiveofourown.org/works/1312198/chapters/2790139

“My boyfriend bullies my best friend?” I asked and Calum nodded slowly.
“I’ll kill him.” I muttered and went back into the house to find my shitty boyfriend.
http://archiveofourown.org/works/1312198/chapters/2957224

“I told you I’m scared about coming out to all students but if it is because of you and because of us, I’m not scared.”
We stood up from our table and in the middle of the cafeteria Calum turned me around and kissed me. It was a short kiss but he kissed me and I kissed him back.
We could hear everyone speaking but Calum didn’t care, he took my hand and we walked to our music class.
http://archiveofourown.org/works/1312198/chapters/3028507

まだ最後まで完成していないけど、今ある14章まででも十分楽しい。

The Spectacular Now ~マイルズ・テラーはジョン・キューザックなのか?


ここでも、郊外で生活する高校生が大学進学を機に岐路にたたされる。

主人公のサッター(Miles Teller)は、がちがちのマッチョじゃなくて三枚目な感じだけど、学校で人気者で、彼女キャシディ()持ち。
でも、サッターの浮気(というかどの女の子にもやさしい結果?)が原因で別れを告げられる。それが納得いかないサッター。

そんなサッターが、ある日エイミー(Shailene Woodley)を見つける。
エイミーは、学校で目立たない存在。
パーティには顔を出さず、家族のために新聞配達のバイトをしていて、人気者グループのサッターとは関わりのなかった彼女。
シャイで、ピュアなエイミーの魅力にはまっていくサッター。
エイミーも、初めての恋に夢中で激しい熱量でサッターに向かう。

2人のこれまでの経験値の差のせいか、人生に一生懸命な差のせいか、2人はすれ違う。
サッターは近所の洋品店でバイトしていて、高校卒業後はこのままここに就職して、キャシディと結婚して家庭を持ってっていう将来を考えていた。
でも、彼女を失い、バイトも失う。
人生設計が狂う。
彼は、Chill、あせらず、ゆったりと構えていることが理想なんだと思う。
人生に急展開を望まず、“これ以上”を求めない。
それがちょっと悲しいと思った。

ピュアなお姫様と三枚目の人気者の恋っていうので、『セイ・エニシング』を思い浮かべる。
お姫様は、ずっとそのままでそこにいたのに、誰にも手を出されていなかったから、ピュアな存在として、三枚目の目に映る。
三枚目は子どもっぽい理想の世界に生きていて、ちょっとの困難がすごく苦しいと感じる。
お姫様のいないところで1人で物語をつくって進めて勝手に変えて、お姫様は置いてけぼりなのに、主人公は男の子だから、お姫様は文句が言えない。
私が持つジョン・キューザックのイメージ。
この映画は、もっと現代だから、もっとさっぱり終わる気がする。

マイルズ・テラーは、顔と声がすごく三枚目だけど、背が高いのでバランスにびっくり。
イケメン度を増したジョナ・ヒルってイメージ。
シェイリーン・ウッドリーは、素な演技がいい。普通っぽさがこの役にすごくよかった。
ブリー・ラーソンは、いつもいい脇役やってるね。
私のお気に入りはサッターの親友のリッキー(Masam Holden)。





Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...