かぐや姫の物語 / The Tale of the Princess Kaguya ~現代の女の子を演じるクロエ・グレース・モレッツ

かぐや姫の物語

Chloë Grace Moretzがかぐや姫の声をやったので英語吹き替え版で観た。

平安時代っていう顔の登場人物の中で、目鼻立ちの整ったかぐや姫の姿は目立つ。彼女は、この時代のしきたりに合わせることに疑問を持ち、反抗する。そして感情を隠さずに、物をぶん投げ、裸足で駆ける。そんなかぐや姫の人物像について、下の記事を読んで納得した。

『かぐや姫の物語』中間報告会見で、プロデューサーの西村義明さんがこんな話をしていました。

記者:2013年にこの映画が出てくるある種の今日性というか、今出てくる映画としての“何か”を感じているか。プロデューサーとしての考えを教えて下さい。

西村:今日性ということですけど、高畑さんはご自身で「この映画は今日的だ」という発言をする方じゃないので、それはご自身で書かれた文章に「全く今日的ではない」と書かれているのかもしれません。
「じゃあなぜ、平安時代のかぐや姫なのか。」これはご自身で言っていました。「あの平安時代に現代の子を放り込んだら、彼女はどう反応するだろうか?」それは、現代の子っていうのは高畑さんが思う現代の女性であり、現代の少女であると思うんですよ、その子が反応する一つ一つの感情、思いとかっていうのは明らかに現代を反映しているとは思うんです。
『かぐや姫の物語』は完璧で美しく、虚しくて残酷な映画。

現代の女の子がタイムスリップして過去(異世界)に送り込まれたらどうなるかって話だって見るととてもわかりやすい。そして、その女の子をクロエちゃんが演じているってのも想像しやすい。聞けばすぐにクロエちゃんだってわかる、ちょっとハスキーで、時々子どもっぽい声。英語だったからそう聞こえたのかもしれないけど、話し方も普段と変わらない感じだった。今まで散々クロエちゃんのやる役柄に文句を言ってきたけど、これは合ってる役だったと思う。

髪がばさばさでこの絵だとTシャツ着てるように見える(右は黒髪のクロエちゃん)

柚木麻子「放課後文芸部――ライ麦畑の有吉弘行」
この講演で、アメリカ映画・漫画でTween(10歳前後、12歳まで)の女の子が強く、賢い、イノセント(ずっとそうはいられない)な存在として登場するとき、ロリコン対策として男勝り、わんぱくな女の子であることが多いと言われていた。そして、この無双(敵のいない)状態の女の子の例としてヒット・ガールが挙げられていた。ヒット・ガールはクロエちゃん人気に火をつけた彼女のキャリアで重要な役だ。

かぐや姫では、この無双状態の時期が描かれる。親からお手伝いを頼まれないかぐや姫は、たいてい男の子たちと野山を走り回っていて、狩りにも参加する。男の子たちからは「Lil Bamboo」(日本語ではタケノコ)と呼ばれ、最初はからかわれてる赤ちゃんだったけど、急速に成長する彼女は徐々に一目置かれるようになる。それから都へ出て、初潮がきて、成人の儀式をして、嫁入りへと成長していくとともに、わんぱくさや無敵状態はなくなっていくんだけど。

どんなクロエちゃんを見たい?ってときにヒット・ガールのイメージがなかなか離れない私のような人にとっては、かぐや姫はその延長のいい役だった。そして、現在20歳以下の女優で人気・実力とも最上級のクロエ・グレース・モレッツがかぐや姫を演じるというのは、「あの平安時代に現代の子を放り込んだら、彼女はどう反応するだろうか?」というのにもうまく合っていたと思う。日本では、オーディションで約300人の中から選ばれた人になったそうだが、英語版のジブリ映画では有名俳優が声優をやることが多い(もののけ姫:クレア・デインズ、キキ:キルスティン・ダンストなど)。

男の登場人物で1番現代的な顔の捨丸といついい感じになるのかそればっかり気になってた

ついでに、いつも比べちゃう3人、クロエ・グレース・モレッツ、ヘイリー・スタインフェルド、エル・ファニングがみんな2013年~2014年にプリンセス(ヒロイン)をやっているので見てみる。異世界から地球へ送られ赤ちゃんから少女へと急成長するかぐや姫(クロエ)。派閥争いのイタリアで悲劇の恋に落ちる14歳のジュリエット(ヘイリー)。魔法の国の隣国に生まれ、16歳の誕生日で永遠の眠りにつく呪いをかけられた純粋なオーロラ姫(エル)。誰がどの役をやってもそれなりにできそうだから、合ってる合ってないは好みかもしれないけど、この結果はおもしろいと思った。2010年に来日した際に、当時13歳のクロエちゃんは、憧れの女優にアンジェリーナ・ジョリーを挙げ、「14歳という原作の年齢でジュリエット役をやってみたい」と言っていた。ライバルと思っているかはわからないけど、ヘイリーがジュリエットをやって、エルちゃんがアンジーと共演しているのをクロエちゃんはどう思っているんだろうって考えちゃった。

絵画のように美しいジュリエット。ピンクの頬っぺたで子どもような笑い声のオーロラ

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...