米バラエティ誌が選ぶ、危険と隣り合わせの子役女優10人

ダークな青春映画が好きなので調べてみた。
90年代以降は観ているけど、それ以前はほとんど観ていないので観なきゃ。でも、ホラーは怖い。

Young Actresses on the Edge
http://variety.com/gallery/photos-young-actresses-on-the-edge/

The Bad Seed

Patty McCormack (パッティ・マコーマック)
The Bad Seed (1956) / 悪い種子 [DVD]
10歳のマコーマックが1956年の『悪い種子』で小さい連続殺人犯ローダ・ペンマーク役として映画を撮るまでに、彼女はすでに1954年からブロードウェイで役を試み、ヘンリー・ジョーンズを興奮させる、ちょっとしたベテランだった。彼女は苦労の末オスカーのノミネートを得て、その後、タップシューズなしに長いキャリアを楽しんだ。

Lolita

Sue Lyon (スー・リオン)
Lolita (1962) / ロリータ [DVD]
ウラジミール・ナボコフの『ロリータ』をスタンリー・キューブリックが1962年に映画化した作品で“少女アイドル”ドロレス・ヘイズに配役されたとき、リオンはわずか14歳だった。映画はかなり小説の小児性愛テーマを和らげたが、棒キャンディーのリヨンを示した象徴的なポスターは確かにショッキングだった。そして彼女は『イグアナの夜』でさらに別の難色を示す役に就いた。

The Exorcist

Linda Blair (リンダ・ブレア)
The Exorcist (1973) / エクソシスト ディレクターズカット版 & オリジナル劇場版(2枚組) [Blu-ray]
1973年の『エクソシスト』の配役をしている間、監督のウィリアム・フリードキンは、思春期前の応募者ブレアが、悪魔のように取りつかれたキャラクターが負う強烈なグロテスクさを対処するにはあまりにも若いかもしれないと心配していた。フリードキンがマスターベーションが何か知っているかどうか彼女に尋ね、彼女が同意して答えたとき、彼はこれまでそれをしたことがあるかと尋ねた。 「ええ、あなたはそうしませんか?」が12歳の答えだった。彼女は役を得た。

Taxi Driver

Jodie Foster / (ジョディ・フォスター)
Taxi Driver (1976) / タクシードライバー [Blu-ray]
『タクシー・ドライバー』で、トラヴィス・ビックルに手荒く助けられた未成年の売春婦、アイリスとしてキャストされたときに、13歳のフォスターは、すでに10年間映画に出演しており、彼女の経験は十分に成果をあげた。ロバート·デ·ニーロとハーヴェイ·カイテルに対する場面で自分自身を保つだけでなく、フォスターはアカデミー賞ノミネートを獲得し、それは彼女を豊かでバラエティのある大人のキャリアへ飛躍するのを助けた。

Pretty Baby

Brooke Shields / (ブルック・シールズ)
Pretty Baby (1978) / プリティ・ベビー [DVD]
1970年代は本当に児童売春婦の映画の描写が当たりの10年だったが、それでもまだどれも、裸の12歳のシールズを主演させたルイ·マルの1978年の映画『プリティ·ベビー』ほどの侵害を起こしていない。女優は、彼女のロリータのイメージを振り落とすのが難しいとわかり、彼女は比較的年上となった14歳で同様に物議を醸すカルバン・クラインの広告に掲載された。

Leon: The Professional

Natalie Portman / (ナタリー・ポートマン)
Leon: The Professional (1994) / レオン 完全版 [Blu-ray]
『レオン』での彼女の役が、おそらくそれがすべきだったほどに不気味でないのは、当時13歳のポートマンの早熟な演技の才能を証明するものだった。復讐心を持った孤児がジャン・レノの殺し屋によって受け入れられて、ポートマンの役は契約殺人の細部を学ぶことの間で彼を誘惑しようとする。事態は悪化したかもしれないが、少なくとも彼は彼女に禁煙を説得する。

Interview With the Vampire

Kirsten Dunst / キルスティン・ダンスト
Interview With the Vampire (1994) / インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア [Blu-ray]
数え切れないほどの若い俳優が彼らの年以上の役を賢明に演じるよう求められてきたが、11歳で、『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』でダンストはよりずっと文字通り仕事に取り組んだ。12歳で吸血鬼になる少女として、本当にドキッとする気味悪さの役を作って、ダンストは無邪気な外見の下から残忍でいやらしい40歳のすべての特徴を伝えなければいけなかった。

Kids

Chloe Sevigny & Rosario Dawson / (クロエ・セヴィニー&ロザリオ・ドーソン)
Kids (1995) / キッズ [DVD]
麻薬をやったりセックスしたり、多数でエイズに感染したりして、だらだら一日を過ごす10代の落ちぶれたグループを描いたラリー·クラークの評価されていない1995年のショッキングな『キッズ』は、嘲って怒った監督が親の背後で起きている“本物の”行動をとらえたので、今、その時代の産物のように感じる。たとえそうでも、当時19歳のセヴィニーと16歳のドーソンの主役は彼らの挑発的な力を少しも失っていない。

Hard Candy

Ellen Page (エレン・ペイジ)
Hard Candy (2005) / ハードキャンディ デラックス版 [DVD]
驚くほど多数の10代の女優は長年にわたって性的虐待の被害者を演じたが、『ジュノ』での脚光を浴びた役に先立って、エレン・ペイジは2005年の『ハード・キャンディ』の家に彼女を誘い込んだ後、自称捕食者を意地悪く苦しめる15歳の役で、それらの形勢を逆転させることができた。

The Poker House

Jennifer Lawrence (ジェニファー・ローレンス)
The Poker House (2008) / 早熟のアイオワ DVD
ローレンスはスターになる転機である2010年代の『ウィンターズ·ボーン』で豊富な才能と成熟を披露したが、すでに18歳の彼女は、ロリ·ペティの2008年の半自伝的な監督デビュー作『早熟のアイオワ』で彼女が育てられた売春宿での生活から逃れようともがく10代を演じ、そういった能力をより厳しい役で試していた。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...