Recast: Spider-Man 映画『スパイダーマン』を勝手にキャスティング


いろいろ盛り上がってる新『スパイダーマン』のキャスティングについて不満があったので、自分で考えてみようと思い、まずは登場人物について marvel.com で調べた。見てみると、映画で観た以上に高校生時代のエピソードがあった。
Orphaned as a baby when his parents were killed overseas in a plane crash as U.S. government spies, only child Peter Parker was raised by his elderly Uncle Ben and Aunt May. Academically gifted, Peter displayed an uncanny affinity for science that was nothing short of genius. Socially, however, he was painfully shy and the target of much cruelty by his peers at Midtown High School.
At school, his popularity was no greater, as "Puny Parker" frequently clashed with bully Flash Thompson and his followers. Flash's girlfriend, Liz Allan, often complicated matters, harboring a crush on "Petey" and making Flash jealous.
At the Daily Bugle, he discovered a friend and his first love, Jameson's secretary, Betty Brant.
Dating Betty became awkward after her brother, Bennett, was murdered in a clash between Doctor Octopus and Spider-Man. Betty at first held Spider-Man responsible. Though she later recanted, the thought of Spider-Man reminded her of losing her brother.
Peter Parker’s confidence gradually increased. At the same time, his relationship with Betty crumbled as handsome reporter Ned Leeds stole her heart.
While Aunt May persisted with attempts to introduce Peter to Mary Jane Watson, the niece of neighbor Anna Watson
College brought a fresh start with new peers including the wealthy Harry Osborn, son of industrialist Norman Osborn, and beauty queen of Standard High, Gwen Stacy; Flash Thompson followed Peter to ESU on an athletic scholarship.
http://marvel.com/universe/Spider-Man_(Peter_Parker)
「両親を飛行機事故でなくし、叔父叔母に育てられたピーターは勉強はできたが極度の恥ずかしがり屋で学校でいじめられていた。(クモにかまれてスーパーパワーを手に入れスパイダーマンになっても)高校では「ちびっこ」と言われ、ジョックの親玉フラッシュと彼の取り巻きにいじめられていた。フラッシュの彼女リズがときどきピーターに気のあるそぶりをするから、フラッシュが嫉妬していじめをややこしくした。新聞社のフリーカメラマンとして働き出して、編集長の秘書ベティと親しくなって付き合い始めたが、(スパイダーマン関連の事件で)関係が微妙になり、ベティに新しく好きな人ができて終わった。その間、叔母の紹介で隣人の姪メリージェーン(MJ)と知り合う。そして大学で、お金持ちのハリー・オズボーンと美人のグウェンと出会う。」

というのが、だいたいの高校時代のピーターの話。
他の登場人物からも高校時代の情報を集めると……
Peter did not reciprocate Liz's interest while his heart belonged to Betty, but Liz's flirting with him irked Flash so greatly that it led the rivals to a boxing match and a prom-night dare on the unprotected edge of a bridge.
http://marvel.com/universe/Osborn,_Liz
「ピーターがベティと付き合ってることで、リズのピーターへの関心が高まっていって、それがフラッシュをさらに刺激してボクシングの試合とプロム・ナイトの危険な橋での挑戦へ導いた。」

プロムで盛り上がる場面が!これは学園映画に向いている。
Handsome and naturally athletic, young Eugene Thompson seemed to have a bright future ahead of him, but hidden darkness in his family set the stage for what became a life of wasted potential. His father, popular policeman Harrison Thompson, had a secret drinking problem, and it was all the Thompson family could do to hold him together at times. Alternating between anger and despair, the self-loathing Harrison took out his frustrations on his family, often treating Eugene abusively. Eugene, in turn, became a neighborhood bully, taking out his own frustrations on weaker and less popular children. One of his earliest and longest-running targets was Peter Parker, a bookish boy who later became the masked adventurer Spider-Man.
http://marvel.com/universe/Thompson,_Flash
「いじめっ子のフラッシュは、警官の父親がアルコール依存症を抱え、暴力を振るうこともあったため、その反動でいじめっ子となり、ピーターはそのターゲットだった。」

いじめっ子にこんな裏があったなんて。アメフトの花形選手で人気者になって、でも家では虐げられてて、そんなときに出てきたヒーローであるスパイダーマンのファンになる。フラッシュの役柄はせつない。
Gayle Watson turned inwards, seeking solace in her ballet, while Mary Jane hid behind an exuberant personality. At every new school, she was the class clown and party animal. In public, nothing was ever wrong with Mary Jane, while in private, little was ever right. Eventually, Philip's frustrations boiled over, and he struck his elder daughter over the cost of her dancing lessons. While Madeline was prepared to endure her husband's bitterness, she would not stay to see her children suffer his violence.
A few weeks later, as Philip was receiving honors during his college's awards ceremony, Madeline left home with her daughters and two suitcases. She received nothing from the courts, and was left to shuffle from relative to relative. For Mary Jane, life was scarcely improved. They were resented by those who took them in, with one exception - her father's elderly sister, Aunt Anna Watson, who lived in Forest Hills.
Mary Jane loved her visits with Aunt Anna, though one downside was that Anna and her neighbor May Parker were always trying to get Mary Jane together with May's nephew, Peter.
But while Mary Jane was breaking hearts as a high-school freshman, Gayle ignored her mother's entreaties and married her high school sweetheart - football star and honours student Timmy Byrnes. Gayle became pregnant when Timmy was just nineteen.
Burying that secret deep within her, Mary Jane watched as Gayle became pregnant again, and her young husband abandoned her. She saw her own mother become sick and die.
She ran from Gayle's life, all the way to New York.
Staying briefly with Aunt Anna, Mary Jane found work waiting tables and dancing on stage in discos. She put a deposit on a downtown studio apartment, cheap, but at last a place of her own. In-between, she managed to avoid the date with Peter Parker that their respective aunts were so keen to arrange. But she couldn't put it off for ever.
Peter, expecting a dowdy girl, was stunned by Mary Jane's beauty and exuberant charm. Mary Jane remembered a bookish, bespectacled nerd, and never imagined the confident young college student Peter had become.
http://marvel.com/universe/Watson,_Mary_Jane
「姉のゲイルはバレエに打ち込み、MJは転校する先々で人気者となりパーティアニマルだった。その頃、父親がストレスで姉に当たっていることは、母親の知るところではなかった。その後、母親は娘2人を連れて家を出て、親戚の家を転々とした。そのときにMJは叔母の隣人のメイに甥のピーターを紹介される。高校の新入生のころ、MJはすでに心が打ち砕かれていた。姉は高校のフットボールの花形選手と結婚し、妊娠した。その後、姉は2子目を妊娠したが、若い夫は出ていった。MJの母親は病気で亡くなった。MJは姉の手伝いをしていたが、その生活から逃れNYへ向かった。メイが熱心にピーターとのデートを勧めるのを断りきれなくなって2人はデートし、お互いに第一印象とは違った感情を持った。」

MJも結構激しい過去があった。でも、ピーターと深い関係にになるのは高校時代の後。

http://marvel.com/universe/Osborn,_Harry
父親は仕事に忙しく構ってくれないのに、成績にだけは厳しくて孤独感を募らせるお金持ちのお坊ちゃんハリーの物語もおもしろいけど、ピーターが絡んでくるのは大学生。
私が見たいのは高校生の物語なので、今回は大学生のことは考えないことにする。

その前に、2つの映画版のキャストをおさらい。

Spider-Man (2002)
Director: Sam Raimi


Spider-Man / Peter Parker: Tobey Maguire (1975年生まれ、1公開当時27歳)
New Goblin / Harry Osborn: James Franco (1978年生まれ、1公開当時24歳)
Gwen Stacy: Bryce Dallas Howard (1978年生まれ、3公開当時29歳)
Flash Thompson: Joe Manganiello (1976年生まれ、1公開当時26歳)
Mary Jane Watson: Kirsten Dunst (1982年生まれ、1公開当時20歳)

The Amazing Spider-Man (2012)
Director: Marc Webb


Spider-Man / Peter Parker: Andrew Garfield (1983年生まれ、1公開当時29歳)
Green Goblin / Harry Osborn: Dane DeHaan (1986年生まれ、2公開当時28歳)
Gwen Stacy: Emma Stone (1988年生まれ、1公開当時24歳)
Flash Thompson: Chris Zylka (1985年生まれ、1公開当時27歳)

結構みんな年齢が高かったとわかる。キルスティン・ダンストだけがほぼ実年齢の役を演じていた。
アクションだから高い身体能力も必要になるし、危険なこともあるからあまり若すぎる役者を選べないのかもだけど、やっぱりなるべくなら実年齢に近い役者で見たい。

次に、これまで“新スパイダーマン”の候補に挙がっていた名前を見てみる。


Josh Hutcherson (1992年生まれ22歳)
Donald Glover (1983年生まれ31歳)
Logan Lerman (1992年生まれ23歳)
Dylan O'Brien (1991年生まれ23歳)

(February 26th, 2015 http://movieweb.com/spider-man-reboot-casting-josh-hutcherson-donald-glover/ )

Sam Strike (1994生まれ21歳)

(March 9th, 2015 http://movieweb.com/spider-man-reboot-casting-sam-strike-marvel-sony/ )

Mateus Ward (1999年生まれ16歳)

(March 23rd, 2015 http://movieweb.com/spider-man-marvel-reboot-peter-parker-cast/ )

Nat Wolff (1994年生まれ20歳)
Asa Butterfield (1997年生まれ18歳)
Tom Holland (1996年生まれ18歳)
Timothée Chalamet (1995生まれ19歳)
Liam James (1996年生まれ18歳)

(April 22nd, 2015 http://www.thewrap.com/spider-man-shortlist-includes-paper-towns-star-nat-wolff-hugos-asa-butterfield-exclusive/ )

そして、この中でエイサ・バターフィールドとトム・ホランドが最有力候補と言われ、エイサに決まるのではないかと言われている。

私はこの配役が気に入っていない。そもそも何でまたやるんだと言う話もあるけど、それは置いておいて、エイサっぷはすでに有名なキャラクター物ということではエンダーを演っているのに、新たに別のキャラクターになるってどうなの?と思うからだ。もちろん、エンダーとピーターは違う人物なのはわかってる。でも、エンダーが好きな自分にとっては、浮気されたような気分になる。あと、エイサっぷもトムもイギリス人だよ。

ということで、長くなったけど、他の候補を考えてみる。
今回は、自分が見たい『スパイダーマン』映画ということで、高校時代が舞台。アニメ『The Spectacular Spider-Man』では、映画版の設定も盛り込まれて、高校時代が長く、ハリーとグウェンも同高校なので、ここでの設定も加えてみたい。

Peter Parker ピーター・パーカー

今回、調べて思ったピーター像って、80年代の学園映画でよく描かれていた地味な高校生が突然、実力以上の力を手に入れて調子乗っちゃうって話の男の子たちみたいだなと思った。パトリック・デンプシー(『キャント・バイ・ミー・ラブ』)やアンソニー・マイケル・ホール(『ときめきサイエンス』)が思い浮かぶ。


そうやって考えると、今の時代でこういう役やってるのは?ってなると今年YA原作映画が公開のこの2人。


Nat Wolff (1994年生まれ20歳) 『Paper Towns』
Thomas Mann (1991年生まれ23歳) 『Me and Earl and the Dying Girl 』

見た目の雰囲気も似てるこの2人。ただ、年齢が希望よりもちょっと上。ということで、他の候補を探してみた。


Troye Sivan (1995年生まれ19歳) 『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』 (2009)

って年齢そんなに変わってないけど。童顔なのでいけるでしょうと。南アフリカの『グレッグのダメ日記』を思わせるシリーズ映画『Spad』でコミカルな演技をしていて、その中で女の子に気があるようであんまりないところがパトリック・デンプシーの系譜にあるキャラクターだと思った。ピーターのふらふらといろんな女の子と付き合ってみるけど、本当に気持ちが入るのは後になってからって感じがうまくできるのではないかと思った。あとYouTuberだし、いまどきのハイテクな子感もあると思う。


Colin Ford (1996年生まれ18歳) 『幸せへのキセキ』 (2011)
Zachary Gordon (1998年生まれ17歳) 『グレッグのダメ日記』 (2010)
Chandler Canterbury (1998年生まれ16歳) 『ザ・ホスト 美しき侵略者』 (2013)

他の候補。子役から活躍していて作品を見たことある子で、コミカルさと神経質さを持ち合わせていそうなっていうので考えてみた(偶然みんなパーカーを着た写真を集められた)。
でも、やっぱみんなエイサっぷほどの主役オーラがないかな?ということですごいよ!エイサっぷ。

Harold Osborn ハリー・オズボーン
OsCorp創設者の息子。ピーターの親友で同じくフラッシュのいじめのターゲットになる。“Globulin Green”の影響でフットボール・チームへ参加し、元の友だちと離れていく。(Spectacularより)


Nathan Gamble (1998年生まれ17歳) 『イルカと少年』 (2011)

Spectacular版のハリーは裕福なのを妬まれていじめられることもあるキャラクターということで、少し傲慢さがなくなっているのかな。ピーターの親友だけど、2人が特別な関係っていうエピソードが見つけられなかった。だからブロマンス要素が期待できないという問題が!まあ、パトリック・デンプシー的ピーターっていうことで『キャント・バイ・ミー・ラブ』を思い出してみると、主人公の無意識な自己中で親友はかなりかわいそうな立場だった(最後には主人公が親友のために立ち上がるけど)。そう考えれば、ハリーはこのくらいの立ち位置しかないのかな?ということで、優しくてお利口そうなネイサン・ギャンブルを考えてみた。

Gwendolyne Stacy グウェンドリン(グウェン)・ステーシー
ピーターの友人。賢い女の子。ピーターのことが好きだが、ピーターは気付かない。その後、ハリーと付き合うようになる。MJの手伝いで、眼鏡をやめて装いを変えた。ピーターと両思いになったが、不幸なハリーを思って別れることをやめた。(Spectacularより)


Kaitlyn Dever (1996年生まれ18歳) 『ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界』(2014年)

Spectacular版のグウェンは眼鏡を外すと美人というキャラクター。眼鏡をやめた後から想いに気付くってところがピーターらしい。ピーターは特徴だけを箇条書きにするとむかつくキャラクターだけど、「かわいいから許す」が適用される。そんな魅力がないといけないから大変だ。賢く思いやりがあって美人という母のような(?)グウェンは年齢よりもしっかりしたイメージのケイトリン・ディーヴァ。金髪は似合うかな?

Eugene "Flash" Thompson ユージーン・フラッシュ・トンプソン
ピーターと幼稚園からの幼なじみ。高校ではフットボールの花形選手で、ピーターをいじめる。(Spectacularより)


Robbie Kay (1995年生まれ19歳) 『ワンス・アポン・ア・タイム』 (2013)
Lucas Hedges (年齢不明) 『ムーンライズ・キングダム』 (2012)

小さいときに一緒に遊んでいたけど、成長の過程で距離ができてきて、高校では違うグループで敵対するって設定のピーターとフラッシュ。その後和解するってことからも、親友のハリーよりも学園映画的には重要な役割。ロビー・ケイはアメフトの選手っぽくはないけど、顔が悪役顔。ルーカス・ヘッジズは年齢不明だけど、ドラマで学生の役をやっていたので適齢期かと。金髪で恵まれた体系に併せ、繊細さも表現できそうな人。年齢関係ないなら、『メイズ・ランナー』の演技がよかったウィル・ポールターのイメージ。

Liz Allan リズ・アレン
高校のチアリーダーで人気者の一員。フラッシュと付き合っている。成績が悪く、家庭教師をしてもらったことからピーターのことが気になり始め、付き合うようになる。(Spectacularより)


Zendaya (1996年生まれ18歳) ディズニー・チャンネル・ドラマ『シェキラ!』 (2010~2013)

学園の女王蜂が地味メンに興味をもって、お遊びのつもりが後に引けなくなっちゃって、やっぱり最後に報われないかわいそうなキャラクター。だけど、物語の重要なスパイス。年齢関係ないなら、エマ・ロバーツがうまそう。その前だとマンディ・ムーア。『プリティ・プリンセス』のラナはターゲットの主人公が女なのが違うけど、役どころでは似ていると思った。Spectacular版のリズは褐色の肌なので、ゼンデイヤが合うかなと。『シェキラ!』で共演したベラ・ソーンは『The Duff』でいじわるな役をやってるし。ディズニー・チャンネル出身の子たちは自身満々なところが悪役向きな気がする。

Mary Jane Watson メリージェーン・ワトソン
ピーターの隣人アナ・ワトソンの姪。高校のダンスパーティにピーターの相手として参加。この学校の生徒でないにもかかわらず、ホームカミング・クイーンに選ばれた赤毛の美人。のちに転校してくる。(Spectacularより)


Sophie Turner (1996年生まれ19歳)  『ゲーム・オブ・スローンズ』 (2011~)

MJはピーターの高校時代に絡みは少ないけど、隣人の姪として紹介されたときにびっくりしてずっと印象付けられるくらいの美人じゃないといけない。家のごたごたから逃げるように遊び歩いて、その場その場で注目の的になれるオーラがあるMJ。イメージでは『Skins』のエフィかなと思った。ソフィー・ターナーは赤毛の美人ってイメージから。だけど、『X-Men: Apocalypse』でJean Greyに起用されてる。

(おまけ)



歌手として活動もしているトロイ・シヴァンと仲がいいの?ってことで、主題歌はBleachersかFun.で。

Spider-Man Loves Mary Jane

MJ視点の学園物コミック。学園物だったらとりあえずこうやって配置してみようってもうなっちゃってるのね。


トロイ・シヴァンとネイサン・ギャンブルの子役時代がかわいすぎる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...