Date and Switch ~高校卒業までに童貞喪失を目指して奮闘する幼なじみの話にひとひねり

Date and Switch

小学校からの幼なじみが、高校卒業までに童貞を卒業しようとする話というのはよくある設定なんだけど、この映画がちょっと違うのは、そのうちのひとりがゲイであることを告白するところから始まるからだ。

主人公のMichael (Nicholas Braun)は、親友Matty (Hunter Cope)がゲイということを受け入れようと努力し、当初の目標であるプロムまでに童貞喪失してマリファナブラウニーを食べる!を達成しようと奮闘する。ここでゲイというのが否定的にとられることはなく、すんなり受け入れられるのが現代的。それよりも長年嘘をついていたこと、一緒に目標を立てたのにそれを一緒に達成できない(体験を共有できない)ことの方が悲しく、怒りのもととなっている。

「高校卒業前に童貞を卒業しようとする話」として真っ先に頭に浮かんだ『スーパーバッド 童貞ウォーズ』も、幼なじみのブロマンスが印象に残るので、この映画もそっち方面に進むのかなと思ったら、より依存していたのはゲイの子の方じゃなかった。Mattyはそれまでにすごく悩んで考えてきたんだろう。彼の苦悩の部分はこの映画の中心ではない。もうだいぶ達観していて、Michaelを親の目線で見守っているような余裕がある。その分、Michaelがひとりで苦悩する。そんな彼を救ったのは、理解のある親の助言だった。

自分では納得しているMattyの両親は幸せな夫婦で、幸せな家族のようだけど、Mattyはカムアウトした自分が認められないとあきらめている。一方、離婚を経験しているMichaelの父親(Nick Offerman)はMichaelに寄り添い、ちょっと過剰なほど彼を気にかけている。その過剰さがコメディとして効いてたけど、その言葉は真実でいい言葉ばかりだった。「何かあったら話してくれ。お父さんは何があってもお前を愛しているよ」「お前が幸せだと思うことをしなさい」。ちょっと的が外れてたかもしれない言葉はそれでも息子に届く。そして、プロムでの感動のスピーチ。

Mattyがいかにも見た目でゲイだとわかるタイプじゃないのもコメディでは新しいし、メキシカンプロレスやゴーカートっていう遊びも男の子っぽいものだし、アニメソングをインストでカバーするバンドをやってるってのもひねりがあっていいなと思った。

ニコラス・ブラウンは子役からいるけど、すごく背が伸びてしまってそれが逆目立ちするなという印象だったけど、この映画では、繊細に見えて真っ直ぐで不器用な男の子を好演していた。ハンター・コープが男らしい分、かわいく見えた。Dakota Johnsonは高校生には見えなかったけど、文系でさばさばしていて理解がある女の子Emの設定に合っていた。Sarah Hylandがビッチ役なのもよかった。

主人公の部屋にはThe Black Keysのポスターが、文系のEmの部屋にはTegan and Saraのポスターがあって、それっぽいなと思った。Free Energyの「Bang Pop」がすごく効果的に使われていたのがよかった。

Date and Switch
学園物は全部こうすればいいってもんじゃない

ロックバンドTシャツの着こなし方 5 Seconds Of Summer編

祝!5SOS来日ってことで。Tシャツの着こなしまとめの2回目。前回もオーストラリアのバンドを取り上げていた。

Tシャツの着こなし方 Bleeding Knees Club編

5SOSみたいな格好したい!って思ったら、ロックバンドTシャツを着て、ダメージのあるスキニーパンツに、黒のコンバースがブーツを履けばだいたいOK!じゃあ、どんなバンドTを着ているの?ってことで、彼らが着ているバンドTをまとめてみた。メンバー別に見てみる。

アシュトン・アーウィン (Ashton Irwin)

Ashは20種類見つけた。60年代~90年代まで幅広いラインナップ。その中でも1番多く着ていたのはThe Misfits。1977年に結成されたアメリカのハードコア・パンクバンド。このドクロの絵柄はそれだけで有名になってしまっているところがあるので、音楽が好きだからってのはわかりにくいところがある。Ashだけの特徴は、Joy DivisionとNew Orderっていうイギリスのポストパンクバンドを選んでいるところかな(Joy Divisionのはよく見るデザインだけど)。90年代からも、Nirvanaだけじゃなくて、Red Hot Chili PeppersやSmashing Pumpkinsも着ている。あとは、同郷の大先輩AC/DC。それにしても、ダメージ加工と袖のカットオフ多い。

The Misfits

Nirvana

The Rolling Stones、Pink Floyd、AC/DC

Red Hot Chili Peppers、New Order、Joy Division
The Smashing Pumpkins、Guns N' Roses、Ramones、Jimi Hendrix

カラム・フッド (Calum Hood)

CalumはNirvanaが1番多かった。Kurt Cobainだけっていうデザインを選んでいるところも特徴。それ以外では、Less Than Jake、Sublimeとスカの要素を持ったバンドを選んでいるのが特徴。

Nirvana
Sublime、Less Than Jake、The Rolling Stones、Green Day、Blink-182

マイケル・クリフォード (Michael Clifford)

Michaelは同じものを何度もというのは少ないけど、種類は多い。The Rolling Stonesの舌、Sex Pistolsの女王はロックといえばな柄。Ozzy Osbourne、Iron Maiden、Metallicaというヘヴィメタルバンドを選んでいるところが特徴。

The Rolling Stonesの、Sex Pistols、Metallica

The Misfits、Iron Maiden、Ozzy Osbourne

ルーク・ヘミングス (Luke Hemmings)

Lukeは1番多かったのがNirvana。Green Day、Blink-182といったポップ・パンクバンドを選んでいるところが特徴かな。音楽の影響にも挙げているくらいなので、好きで着ているんだろう。

Nirvana

Green Day、Blink-182、(Tシャツじゃなくてリストバンド)

Ramones、The Misfits、Red Hot Chili Peppers

おまけ
One DirectionのNaillが5SOSのバンドTシャツを着てる。


あ、AshがLed ZeppelinのTシャツ着てるのもあった

まとめてみると、1番バンドTマニアなのはAsh。バンドの種類も幅広い。そして、1番着てないのはLukeだった。でもメイン・シンガーだからか、バンドTを着ると印象に残る。こんな記事を書かれるくらい。

Some Pop Star Wore A MISFITS T-Shirt at the Billboard Music Awards & The Internet Lost Its Shit

要約すると、子ども向けのバンドがMisfitsのTシャツ着てるけど、意味わかって着てるの?っていう。頭の固い人の意見。

だけど、本文の中にあったようにHot Topicだったり、Urban Outfittersのような衣料品店の影響は大きいと思う。Hot Topicは大きなモールに入っているような店で、パンクやエモのようなロックの中でも見た目にこだわりの強いジャンルを中心に扱っている。Urban Outfittersはヒップスターのファッションだけとったようなイメージで、カルチャー・アイコンになってるようなクラシック・ロックバンドを扱うことが多いと思う。そういう若い子が手にとりやすいところにロックバンドTあるから、音楽を聴いてなくてもおしゃれとして着ることができるって意見はわかる。見た目から入ったとしても、音楽にも興味を持って聴いてくれればさらにいいとも思う。

あと、今の子たちは親世代が若い頃にロックを聴いてきた世代だから、自然と家の中でロックを耳にしていたってのもあると思う。それをかっこいいと思うか、爺臭いと思うかは別だけど。

最後あんまりいい方向にいってないけど、5SOSが日本でもっと人気がでるといいな。でも、1Dの前座に決まったから、たくさんの人が見るのことになって、人気が出るのは確実だと思う!

Jongens / Boys ~青い時だから青春と言う

Jongens

話はよくあるComing-of-ageの物語。陸上のリレーチームで一緒になった男の子といい感じになったけど、女の子に興味深々の親友に付き合って女友だち関係も忙しくて、家族は事故で母親が亡くなってからぎくしゃくしていて、特に兄の反抗がひどくて、自分はそれ以上もめ事をつくらないようにしなきゃで、だから彼と一緒にいることは良くないことなんだと割り切ろうと思うけど、でも……っていう。

そのありふれた物語をすごく美しく映像にしたのがこの作品。ポスタービジュアルから惹きつけられる。映像も、ミュージックビデオのように雰囲気がいいものが多く、オランダの田舎の自然に包まれた風景や10代の男の子の美しさを堪能できる。陸上をやってるってこともあって、タンクトップとショーツが基本の格好なので、走るための筋肉がついた手足が無防備にそこにある。そして、チームカラーが青だからか、服装は青系が多く、自然の色とも調和している。

音楽も内容に合っていてよかった。始まりと終わりに流れるのはオランダのバンド、Mossの「I Apologize (Dear Simon)」でテーマ曲のように歌詞が心にしみる。キャンプファイアーで相手の子が歌う「You Are My Sunshine」は、主人公に向けられているように聞こえる。2人の関係がぴんと張り詰める移動遊園地の場面では、ネオンライトの中、M83の「Midnight City」が流れて甘酸っぱさを盛り上げる。

Boys

Boys

Boys
トランポリンの下からの構図。横顔美人

The Riot Club / ライオット・クラブ ~オックスフォード大学の秘密クラブ

the riot club

写真だけ見て、イギリスの大学での特権階級と男の子たちだけの排他的なクラブの話かと思ってたら、そんな甘酸っぱいものではなかった。

オックスフォード大学の秘密クラブ“Riot Club”。新入生から2名を仲間に入れて、会食する。会場は、田舎の家族経営レストラン。支払いのお金はいくらでもあるから、何をしたって許される。酒を飲んで、薬をやって、女を買って。でも、新しく2人のメンバーが入ったことによって歯車が狂っていく。自分たちを全能だと思っていた。そうじゃなくなったとき、まだ子どもだという弱さ、脆さがでてくる。騒ぎは子どものかわいい悪戯では済まないところまでいってしまった。もう、ただ楽しかったあの頃には戻れないのか。

久しぶりに、イギリスの若手俳優大集合な映画を観て興奮した。仲間集めまでの、お金持ち(Posh)の子どもたちの破天荒で自由な振る舞いはかわいかった。でも、かわいいなってほほえましく見てられるのは、過去のしきたりに則って、衣装をそろえて記念撮影するところまで。その後は、胸糞悪い。特に、Sam Claflinが好みじゃないからなおさら。

彼の役、アリステアは、優秀な兄を持った妬みに屈折する弟。兄以上の賞賛を得たいという意識が強く、繊細に見せかけて自己中心的。イギリスの全寮制の学校が舞台となると映える役柄だと思う。けど、サム・クラフリンってぱっと見イケメンだけど、よく見ると残念な顔。『ハンガー・ゲーム』の時の役柄(ナルシストの明るいバカ)で考えると、ヒュー・グラントみたいな立ち位置なのかなと思えるけど、好みじゃない。(私は、コリン・ファース派。だから、『モーリス』よりも『アナザー・カントリー』派)。あと、大学1年生にしては老けてるし。欲を言えば、もっと他に誰かいなかったのかな?って思ってしまった。でも、今彼ほどの地名度とスター性がある人がいないのかなとも思う。残念。

もうひとりの新メンバー、マイルズ役のMax Ironsはかわいかった。背が高くて、小顔で、子犬みたいな表情をする。(こっちがコリン・ファース系なのか!?)サム・クラフリンより年上なのに、そう見えない。親子代々オックスフォード出だけど、自分はPoshじゃないと言うマイルズ。普段着もスウェットとか着てる。

彼をメンバーに誘うヒューゴ()には少し『モーリス』や『アナザー・カントリー』を思わせるところがあって、ここがもっと深く描かれていたらこの映画ファンがさらに増えたんじゃないかな?

アリステアをメンバーに誘うのは、Douglas Booth演じるハリー。フェンシングで相手を負かし、防具を取るところで初顔出しという登場の仕方がかっこいい。私はこの人の顔を見ると、EXOのカイを思い出してしまうから、女好きという役柄にびびってしまった。

他のメンバーは、クラブの代表でプラチナブロンドが美しいけどヘタレなジェームス(Freddie Fox)、お金ならいくらでもあるが純英国人ではないディミトリ(Ben Schnetzer)、おしゃべりで盛り上げ役のガイ(Matthew Beard)、トラクターに興味を持つ変わり者ジョージ(Jack Farthing)、弟的存在トビー(Olly Alexander)、地味でおとなしいエド(Josh Oconnor)。

この俳優陣の中で、ダグラス・ブーシュが1番年下なのがびっくり。見た目年齢では、オリー・アレクサンダーのが若い。まだ大学生にも見えない。

あと、キャスティングで候補にロバート・パティンソンも挙がっていたっていうのも興味深い。年齢で言えば、変わらない。でも、Posh感はないかも。それはエド・ウェストウィックの役割だったから。

話は、オックスフォード大学に実際にあったBullingdon Clubを参考にしたという『Posh』という演劇が元。場所は、主にレストランなので、想像できる。

posh
舞台版
Bullingdon Club
Bullingdon Club(上段左から2人目がデービッド・キャメロン首相)
The Riot Club
映画版
Vogue グラビア
英国男子はスーツが似合う。

最後に一瞬登場するXavier Atkinsがかわいかった。

Geography Club ~高校にはいろんな人がいる

Geography Club

『ブレックファスト・クラブ』なこの写真は、半分当たってて半分違うなと思った。せめて女の子枠のとこにMinは入れて欲しかった。金髪でスタイルいい子が人気者(モテ)、有色人種や肥満な子がスクールカーストの下位ってのは学園物の定番だからそうなってるのか、今でも学校はそういうものなのか気になる。

Geography Club

リベンジポルノとはちょっと違うのだろうけど、腹いせに悪質な画像をばらまかれ、学校での地位を失った主人公Russell (Cameron Deane Stewart)は、ゲイであるとカミングアウトする決心をする。正確には、LGBTのサポートクラブを発足させるんだけど、その前身となるクラブが、タイトルの地理クラブ。こんな地味なクラブには普通の人は見向きもしないだろうということで、アジア系の女の子Min (Ally Maki)、大柄な女の子Terese (Nikki Blonsky)、黒人の男の子Ike (Alex Newell)が集っていた。彼らは全員同性愛者(Ikeはまだ半分だけって言ってる)。偶然、RussellとKevin (Justin Deeley)の逢引現場に遭遇してしまったMinがクラブの存在を知らせたところから、Russellの人生が変わり始める。受身でぼんやりしていたRussellが自分の意思で行動に出るようになる成長物語。主人公の物語では、失ったものよりも得たものの方が大きい。

1番かわいそうなのはKevin。同性愛の親戚がいて、両親もそれを好意的に受け止めているのに、奨学金をもらって大学でもアメフトがやりたいから「普通」になりたいと言う。同性愛をオープンにしている運動選手もいるけれど、まだそれほど多くはない。

主人公の親友Gunnar (Andrew Caldwell)のキャラクターがよかった。童貞脱出したくて、金髪で美人の女の子にアプローチするんだけど、そのダシにRussellを使う。がさつで自分勝手でRussellはかなり振りまわされるんだけど、それでも許せちゃう愛嬌がある。この人痩せればかっこいくなるだろうにって思ってたら、「1パウンド痩せたのに(確かこのくらいだったはず)」って言ってしょげるから。赤ちゃんの人形をペアで擬似子育てする課題のビデオもかわいかった。あの一部にも『ブレックファスト・クラブ』のオマージュがあった。
(擬似子育ての課題といえば『カリフォルニア・ガール ~禁じられた10代~』でも出てきた。これもいいGBF映画)

『Glee』のアレックス・ニューウェルや『ヘア・スプレー』のニッキー・ブロンスキーなど、見たことある顔もちらほら。他の子たちも子ども向け番組や映画などで演技経験がある子が多い。

他の最近のゲイの10代が主人公の学園物と比べてみると、『G.B.F.』はもっと学園映画のオマージュいっぱいでコメディな作品。『Struck by Lightning』は、ゲイということが問題の中心ではなく、もっと暗い作品。この作品は、登場する生徒たちそれぞれにも見所があって、もっと学園物といった感じ。ゲイの恋愛の部分は2人ともきれいな子なので漫画のように楽しめると思った。高校にはいろんな人がいる。いじめもある。それでもゲイの子が出てくる学園物としては『Geography Club』は幸せな世界が描かれたものだ。

同名のベストセラーYA小説が元になっているということなので、原作も読んでみたい。あと、小説の映画化がこれだけ多ければ、デイヴィッド・レヴィサンの話も映画化されないかな。この作品以上に幸せな世界が描かれている。フットボール・チームのエースでプロム・クイーンっていう男の子が当たり前に受け入れられている世界。今なら映像化は難しくないと思う。

The Poker House / 早熟のアイオワ ~ジェニファー・ローレンスの姉力

The Poker House

Jennifer Lawrenceが『ウィンターズ・ボーン』よりも前にやっていた姉役。
司祭だった父親の暴力から逃げた母と娘3人だったが、母親も自立できず、家は賭けポーカーのたまり場となり、ポン引きが仕切っている。
14歳のアグネスは幼い妹を守りながら、その日その日を生きることに精一杯。
同級生が自分のことを避けているが秘かに好意を持っていることや、憧れの黒人男性(母のポン引き)が隠れて自分にやさしくキスをしてくれることなどを喜びに、苦しい生活に耐えている。
まだ14歳。
もうとっくに絶望していた母親だけど、すがらずにいられなかった場面はすごい残酷だった。

どうしてジェニファー・ローレンスは、こんなにも厳しい環境のなかで弱き者のために歯を食いしばって生きる女の子がうまいんだろう。
この映画でも、普通の子だったらもうだめだろうって場面でも、ジェニファー・ローレンスならそれをも乗り越えられるって思えてしまうところがあった。
小さい目にまるいほっぺた。
化粧っ気のない顔は特別女の子らしいってわけじゃない。
逆に、顔をゆがめて怒ったり泣いたりするから怖い。
しかも、ぶっきらぼうに聞こえるどすの効いた声。
そういう飾り気のない素朴さが、厳しい環境を舞台にしたときに、説得力が出て、彼女の強さにもつながるのかなあ。

10歳のChloë Grace Moretzは、ロリすぎだった。
そりゃDVDのパッケージに使いたいでしょう。
大人の男の人とのからみでそうじゃないのにそうみえちゃうのがダメだと思った(自分)。
でも、ダコタちゃんのときのがもっとやばかったな。
クロエちゃんは相手のそれが何がまだわかってない感じだけど、ダコタちゃんはわかってそう。

The Poker House

3姉妹の真ん中ビーのSophi Bairleyもかわいかった。
浮浪者のおじさんたちと仲良く喋ったり、お店のおじさんに優しくされたりの場面でも、この子は本当に子どもらしいかわいさだった。

The Poker House

母親役のSelma Blairはちょっと物足りなかった。
ジェニファー・ローレンスが強そうすぎたのかな。

Hævnen / In a Better World / 未来を生きる君たちへ ~復讐について考える

Hævnen

デンマークの子どもが見たいなと思って気軽に観たら、ちょうど今考えさせらる内容だった。
いろいろな物語がからみあっているけど、根本で伝えたいことは、タイトルになっているとおりだと思った。

Hævnen (デンマーク語:復讐)
In a Better World (英語:よりよい世界で)
未来を生きる君たちへ

復讐もいろいろある。
子どもの世界(学校でのいじめ)。
地域社会(町でのさばっている暴れ者。人種差別)。
過激派集団(アフリカでの妊婦殺し)

やられたらやりかえす。
暴力には暴力を。
それが続くと世界はだめになってしまう。
それを子どもに話す父親。
その話は、信頼関係のある息子には通じるが、息子の友だちには通じない。

Hævnen

クリスチャンにはその話を受け入れる余裕がなかった。
クリスチャンは、母親をがんで亡くしたばかりで、父親は出張が多くあまり家にいない。
お母さんはよくなるって思っていたのにならなかった。
そのため父親を信用できなくなっていた。
話をしようと父親が歩みよってくるが、それも形式だけのことに思えてしまう。
心を閉ざし、意欲を失ってしまった。
だからもう、どうなってもよくなっちゃったのか。
父親と母親の死について話たとき、クリスチャンは父親のお腹をなぐった。
その小さな行動が、何か変わるきっかけになるかと思ったのに。

Hævnen

エリアスの大好きな父親はアフリカの難民キャンプで医師をしているためあまり会えない。
そして離婚の危機にある両親を心配している。
スウェーデン人であることや、歯列矯正をしていることをいじめられていて、学校ではずっと孤立している。
クリスチャンに出会い、仲間ができた。
暴力的な彼の行動には賛同できない部分もあるけど、一緒に遊んでみるとおもしろい。
父親が危ないから行ってはいけないと言った場所にもクリスチャンが行くから行く。
エリアスには、無条件で彼を愛してくれる親がいた。
頼れる存在で信頼しているけど、話を聞いてもらいたいときに側にいない。
だからクリスチャンのところへ行った。

大人びていて賢いひとりっ子の主犯格と、想像力が豊かで優しい長男の実行犯という組み合わせは、ちょうど興味を持って調べていた事件の関係に似ていておもしろかった。
誰もひとりぼっちは嫌なんだけど、ひとりっ子の子の方が強い。
長男は長男なりのプライドで頑張るんだけど、どこかで優しさが出てしまう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...