Κυνόδοντας / Dogtooth / 籠の中の乙女 ~子どもの発達

Dogtooth

自宅の敷地内から出ることを禁止し、黄色い小さな花のことを“ゾンビ”だと教えるような歪んだ教育をして子どもたちをしつける家族の話。子どもに愛情があるのはわかるけど、全くの虐待。この映画はそういう家族の生活を覗きするように突然始まるから、いったいどうしてこの家族がそういうことをしだしたのかはわからない。また、同じように家から出ない母親も洗脳されているのかどうかわからない。

状況から、第1子の長男がこの家族の鍵であると想像できる。まず、長男には性欲の捌け口のために家族以外の女性があてがわれている特別待遇だ(これも問題だけど)。また、長男と第2子の長女はよくけんかをするが、酷く叱られるのは長女の方ということからも、この両親が長男を優遇して扱っていると想像できる。そして、長男の行動を見ていると、シール(良いことをしたご褒美)を大切に集めていたり、飛行機(家の中から見える外界の物体)のおもちゃで遊んでいたり、どこか幼稚な面があって、もしかしてこの子は発達障害があるのかな?と思った。だから、長男が生まれて育てていて、あれ?どこかおかしいかな?って思った両親がそれを隠すためにこういうことをし始めたのかな?と想像した。でも、長男は楽器の演奏担当で、身の回りのことも一通り自分でやってるようなんだ。

それに長男だけでなく、この家の子どもたちはみんな年齢に比べて幼稚な印象。でも、それはこの環境がそうさせたのかもしれない。もともと障害があったのか、環境が要因となって障害が発生したのかはどちらともいえない。ただ、反抗的ですぐかっとなって暴力を振るってしまう長女は、他の兄弟よりも賢いところがあって、嘘をついたり、駆け引きをしたり、親の目を盗んで行動したりする。だからどっちかというとこの子は環境からこういう性質になったのかな?と思った。末っ子は、この環境に馴染んでいるけど、まだそんなに問題行動は気にならない。

そして、こんな生活がずっと続けられるはずもなく、やっぱり破綻するんだけど、その原因は子どもは発達するということなんじゃないかな?良い発達、悪い発達ということだけじゃなくて、子どもが親の思惑を超える日が来る。親がどんだけ敷いたレールの上を行かせたがっても、そうならないということ。出生順による親の扱い、家庭の中の教育やしつけなど、周りの環境によって発達に差が出るということ。だから、型にはめるような教育はよくないということを見せてもらった気がする。

ただ、この話の場合、始まりがわからなかったのと同様に、この先どうなるかもわからない。暴力、切りつけ、小動物を殺すといったことがどんどんエスカレートした先はまあ想像ができる。また、この環境に危険分子がいなくなったとしても、また新たな危険分子は生まれるはずだ。動かないカメラだったり、説明の少ない物語の進み方で、このありえないと思うような設定の物語がとても真実身を持って感じられた。でも、血が苦手な人や猫愛好者には辛い場面があるし、淡々としている分の怖さがある。

原題のΚυνόδοντας は小臼歯、英題の Dogtooth は犬歯。この家では、犬歯が抜けたら自立の時だと教えていた。それは自然には起きないこと。親はどうしても子どもを外に出したくなかったんだ。

CANINO - Spanish Poster
このポスターのがわかりやすい

この物語は不幸な終わりだったと考えるけど、限られた環境の中でもたくさん愛を受けて育つ子には希望が見えるという例で、ブリー・ラーソン主演で映画されて今年公開の『Room』がある。ブリー演じるママは、監禁されている状況の中でできるかぎり子どもを発達させようと教育する。年齢の違いもあるかもだけど、この環境でこういう風に教育できるのはすごいなと思った。

room


籠の中の乙女 (字幕版)
籠の中の乙女 (字幕版)
posted with amazlet at 15.07.31
(2013-05-15)
売り上げランキング: 58,793

部屋
部屋
posted with amazlet at 15.07.31
エマ・ドナヒュー
講談社
売り上げランキング: 235,879

Bad Teacher / バッド・ティーチャー + Detachment / デタッチメント 優しい無関心 ~全くの無関心ではいられない

最近、教師が主役の2作品を観て思ったことは、全くの無関心ではいられないということ。この2作品の主人公はどちらも熱心な教師ではない。教育、教師という仕事に対してあまり思い入れがなくて、なるべく関わらずにいようって思ってる。のめりこまないために、同僚との付き合いも避けている。


『Bad Teacher』(バッド・ティーチャー)の主人公エリザベス(Cameron Diaz)の場合は、玉の輿にのるつもりが失敗して、軍資金(豊胸手術費)を貯めるために教師をしている。だから、授業は映画(学校を舞台にした映画ってところが)を見せるだけだし、子どもたちのための課外活動にも参加する気がない。


『Detachment』(デタッチメント 優しい無関心)の主人公ヘンリー(Adrien Brody)の場合は、代理教員として学校(荒れた学校へ行くことが多い)を転々としながら祖父の介護をしている。トラウマのために(?)人と深く関わることを自ら避けている。

コメディ映画と、シリアスなドラマ映画なので比べるのは違うかもしれないけど、教師という職業に対する姿勢が似ているこの2人は、結局ずっと無関心ではいられない。

エリザベスは、玉の輿のために課外活動に参加したり、ボーナスのために教鞭を執ったりするけど、ここまでは子どもたちに無関心といっていい。でも、クラスのマドンナ的存在の女の子に片思いしているちょっと大人しい男の子(Matthew J. Evans)や、将来は大統領になるのと言ってはりきっている女の子(Kaitlyn Dever)にアドバイスをする。そのアドバイスが、大人目線で普通の教師だったら言わなそうなところがコメディだけど、全く無関心ではいられないってことだし、男の子の方にとっては、うれしいアドバイスだったのかも。また、同僚の未婚女性教員(多い!)のひとりにもアドバイスしている。これも傍から見たら悪意をもってやってるの?ってコメディ脚色があるけど、エリザベスは何でも自分目線でしか考えられないようなので、そういう言い方になってるのであって、全く人のことを考えていないわけではないのかなって思った。あと、ゆるい体系の Jason Segel が体育教師っていいね。しかもバスケ!リアル! Justin Timberlake の自分のキャラをうまく利用した役もよかった。ずるい!

普通の子役のうちの一人だったケイトリン・デヴァー

ヘンリーは、積極的に関わろうとはしていないけど、教育はする。勉強したくなかったらしなくてもいい、でも無知なことは自分を不幸にすると教える。社会から植えつけられた価値観の中で生きているんだよって、子どもたちの無意識を意識させる。そして、学校の外で売春をする未成年のエリカ(Sami Gayle)と出会い、初めは関わらないようにしていたが、レイプされ怪我をしている彼女を家に連れて帰り手当てをして、そのまま泊める。エリカの事情についてはほとんど語られないけど、お互いに初めて(久しぶりに?)誰かと一緒に暮らすことがいいものなんだなってのを共感して、心を通わせていく。この作品は教師にスポットを当てているので、他にもインタビュー形式で乏しい就職理由が語られたり、カウンセラー(Lucy Liu)が無力感で爆発してしまったり、経営者の理想、教師の理想とそれらの現実が描かれる。子どもの問題について、教師だけが責められることがあるけど、親・家族にも責任があるし、問題の原因は複雑に絡み合ってるだろうから、ひとつだけを挙げられないし、それにそういうことを想像しても本人がそう思ってるとはわからないしって、最近思っていたもやもやがこれを観てだいぶ落ち着いた。

ピクシーカットのサミ・ゲイルの存在感

エリザベスもヘンリーも、子どもに対して「苦しいのはずっと続くわけではない。今が過ぎれば道は拓けるよ(だから生きて)」って考え、でもそういう風に思えない子もいる。それで、 Kurt Cobain のドキュメンタリーを観た友だちが「心が繊細すぎたから生きられなかったのかな」って言っていたのを思い出した。人は心に受けた刺激を無意識の中にしまいこんでダメージから守る能力があるんだけど、繊細な人は無意識を意識することが他の人より得意なのかなって思った。だから、考えなくてもいいことまで考え過ぎてしまって、不安になったり苛立ったり、心が落ち着かなくなって、どうしようもできなくなってしまうのかな。「じゃあ Kurt はどうしたらもっと生きられたんだろうね」って聞いてみたら、「環境じゃない?」って答えだったので、やっぱり安心して生きるための環境って重要なんだなって結論に至る。

また、その無意識ということについて、日常的になっていることだったり、当たり前になっていることって普段は意識しないけど、ところどころでこれは無意識にしまいこんでいるってのを思い出したほうがいいのかなって思った。無関心でいることもできるけど(最近の日本の政治関連の動きに関してとか?)、見たこと、聞いたこと、触れたことなどは全て思い出さないだけで覚えていて、どこかで自分につながっている。さすがに全部に首を突っ込んで掘り返していったらキャパオーバーになって壊れてしまうかもしれないけど、知ることは身になる。そこで無関心を装って目をつむっても、その問題はまた自分にやってくる。そして、気付くのは早いほうがいいという。少しでも、無意識が意識にのぼることがあったら、ちょっと意識して考えてみたいと思った。

バッド・ティーチャー [DVD]
エイベックス・ピクチャーズ (2012-10-03)
売り上げランキング: 11,162

デタッチメント [DVD]
デタッチメント [DVD]
posted with amazlet at 15.10.07
オンリー・ハーツ (2013-04-05)
売り上げランキング: 27,218

2015年のうちに聴こうと思うアルバムリスト

久しぶりの音楽ねた。
2015年に発売された(る)アルバムで、聴かないといけないもののリストをつくっておく。
最近聴いているレパートリーは、Bleachers、Walk The Moon、Passion Pit、The Wombatsっていう人のためのリストにはなってない。

Viet Cong
Viet Cong / Viet Cong
(2015/1/20)
Jagjaguwar

Range Anxiety
Twerps / Range Anxiety
 (2015/1/27)
Merge Records

Bad News Boys
The King Khan & BBQ Show / Bad News Boys
(2015/3/17)
In the Red Records

Wasted on the Dream
JEFF the Brotherhood / Wasted on the Dream
(2015/3/24)
Infinity Cat

No Control
Turbo Fruits / No Control
 (2015/4/21)
Melvin Records

Waterfall
My Morning Jacket / The Waterfall
(2015/5/4)
Capitol Records

II
METZ / II
(2015/5/4)
Sub Pop

MCIII
Mikal Cronin / MCIII
 (2015/5/5)
Merge Records

Boys
Crocodiles / Boys
(2015/5/12)
Zoo Music

Dark Bird Is Home
The Tallest Man on Earth / Dark Bird Is Home
(2015/5/19)
Dead Oceans

The L-Shaped Man
Ceremony / The L-Shaped Man
(2015/5/19)
Matador Records

Mutilator Defeated at..
Thee Oh Sees / Mutilator Defeated at Last
(2015/5/26)
Castle Face

All Your Favorite Bands
Dawes / All Your Favorite Bands
(2015/6/2)
Hub Records

Cold Hot Plumbs
Damaged Bug / Cold Hot Plumbs
(2015/6/9)
Castle Face

Feels Like
Bully / Feels Like
(2015/6/30)
Columbia

Currents
Tame Impala / Currents
 (2015/7/17)
Interscope Records

Most Lamentable Tragedy
Titus Andronicus / The Most Lamentable Tragedy
(2015/7/31)
Merge Records

Too
FIDLAR / Too
(2015/9/4)
MOM & POP MUSIC


Shannon and the Clams / Gone By The Dawn
(2015/9/11)
Hardly Art

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...