St. Vincent / ヴィンセントが教えてくれたこと ~ビル・マーレイ×少年


子どもと悪オヤジのハートウォーミングなコメディというわかりきった物語だけど、ダメ中年オヤジ(でも本当は・・・)ヴィンセントをBill Murray、妊娠+年で稼ぎが厳しくなってる娼婦ダカをNaomi Watts、シングルマザーになったばかりのマギーをMelissa McCarthyというこれだけで十分すぎる布陣がそのジャンル作品の中でレベルを上げているし、さらにカトリック学校の先生をChris O'Dowd!そしてメインと絡む少年オリバーを演じたJaeden Lieberherはショタかわいいだけじゃない絶妙な空気感のある子で、オフビートなコメディに一役買っていた。細かいネタもセンスがよくて、お得な映画。あと、The Nationalがハマる。

ジェイデン・リーバハーがCritics' Choice Movie Award for Best Young Performer(放送映画批評家協会賞若手男優・女優賞)はじめノミネートされていたのを見て、見ようと思ったのだけど、邦題の上に「ビル・マーレイの」とついているのがわかるくらい、ビル・マーレイを楽しめる映画。

猫もいい







0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...