X+Y / A Brilliant Young Mind / 僕と世界の方程式 ~天才児の孤独と苦悩


自閉症スペクトラムで人間関係が難しい子の話を子どもの視点にもなって描いているところがよかった。彼が見る世界はライトの光が眩しく輝いて、まわりの音ががやがやが大きく聴こえる。自分でも自分の人間関係での不器用さを知っている。その困難を抱えながら、思春期的悩みにもぶつかるし、彼はまわりの環境や人間に恵まれていたからこの映画はいい雰囲気で終わったけど、日常は大変なものだと思う。

幼いときに病院で「何が好きなの?」ときかれて「パターン」と答えたネイサン。しばらくして、図形へのこだわりと大人の母親をも凌ぐ数学の知能に気づき、飛び級で数学を教えてもらうよう先生に依頼した。それからネイサンの目標は国際数学オリンピックになった。

数学オリンピックのイギリス代表候補に選ばれたネイサン(Asa Butterfield)は、台北での合宿へ参加する。ひとりで海外へ行くことにも、母親や先生との別れもすごく淡白。そして、イギリスの宿敵中国チームの生徒とペアになるときも、挨拶の握手ができない。そのペアの生徒が中国チームの先生の姪の女の子チャン・メイ(Jo Yang)。彼女はペアとしてネイサンに夜市や公園での太極拳などを案内する。そしてネイサンは行く前に覚えた中国語でコミュニケーションを試みる。少しずつ関係が深まっていく2人。また、イギリスチームの男の子たちと馴染めないネイサンは、唯一の女の子レベッカ(Alexa Davies)とピアノを通して関係を近づけていく(エイサっぷが両手に花という、ちょっと都合のよい設定なんだけど)。


また、ネイサンはこの合宿で、自分と同じようにずば抜けた才能を持つが人間関係が難しい自閉症スペクトラムの子と出会う。ルーク(Jake Davies)もまた、自分で自分の生きづらさを知っていて、「この病気がわかったとき、大人に何て言われた?特別な才能(gifted)?そんなの欲しくなかった。別に数学が好きでやってるわけじゃない」のようなことをと言う。ルークは、コメディ(モンティ・パイソン)動画を見て覚えたネタでみんなを笑わせようとするんだけど、空気が読めないことで、失敗してしまう。それ以外にも思ったことをそのまま言ってしまったりするので同年代の数学仲間にうまく馴染めないでいた。ネイサンもまた、「みんなより頭が良すぎることでいじめられないところがいい」と言っていたように、自分の特別さに生きにくさを感じていたと思う。だけど、ルークと気持ちを通わせることができない。

ネイサンは父親とはつながりを築いていたが、父親は事故で亡くなってしまった。だから母親は、肌を触れ合わせたくても、ネイサンはそれを拒むからできないし、「愛している」って言葉の意味も理解してもらえないなかで、孤独にネイサンを育ててきた。それでもネイサンをずっと愛して、彼の幸せを願っている。ネイサンに「好き」って気もちを説明するときに、「アイスクリームよりも好き」っていうのがかわいい。でも、ネイサンは「数学よりも好きなものはない」って言ってしまう。ネイサンは父親の喪失もうまく処理できていなくて、そのひっかかりと新たな出会いで芽生えた感情を手がかりに、愛情について理解していく。ネイサンが母親に笑顔を見せたところが号泣。エイサ・バターフィールドは、見た目の特殊さでだいぶ得をしている俳優だと思っていたけど、やっぱりちゃんと演技もうまい子。

あと、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』で天才数学者アラン・チューリングの幼少期を演じたAlex Lawtherが、逆に天才の孤独を理解できずにからかう男の子を演じていて、こういう役もできるのかとびっくりした。下の動画でも、好奇心旺盛で怖いもの知らずな感じがしたから、この子は役者向きだね。生え際だけ守ってほしい。

若い子たちが異国の謎食べ物に挑戦する動画。たまらん。




Barely Lethal / ベアリー・リーサル ~青春映画から得た知識を実践する青春映画

Barely Lethal

『恋のミニスカ・ウエポン』×『ミーン・ガールズ』のような青春映画。ヘイリー・スタインフェルドは、『トゥルー・グリッド』で有名になったときからどんどんイメージがかけ離れて、歌手デビューとか、2000年代のアイドル女優みたいな進路を歩んでいるけど、これもそういう路線の中のひとつといえる。ただ『はじまりのうた』のときも思ったけど、ヘイリーがギャルファッションがあまり似合わないのが残念。でも、演技の面で心配になるようなところは全くなくて、細かい表情ひとつひとつ丁寧で、日本版のDVDパッケージがクールな感じになってるのが残念なくらい、ピンクな映画。

こっちのジャケットの方が的確な気がする

幼いころからプロの殺し屋になるための教育施設で育ったメーガン(Hailee Steinfeld)は、普通のティーンエイジャーのような人生が送りたい!と任務の途中で脱走して、留学生としてフォストファミリーを申請し、アメリカへやって来た。アメリカの高校生の実態を知るためにメーガンが片っ端からティーン映画やドラマ(『クルーレス』『ミーン・ガールズ』『ビバリーヒルズ高校白書』など)を観るのがおもしろかった。しかも、映画から学んだことを実践で活かしていく。だからハウスパーティ、ダンスパーティなどティーン映画の定番がたくさん。その延長か、アイデンティティの獲得に悩む、思春期ならではの悩みも、“おきまり”のようにコメディとして描いているし、「高校」を生き残ることが人生で1番厳しい試練っていうメッセージを映画の中で台詞として言われると安っぽく感じるけど、アメリカでは本当にそうなのかな。他にも、ある子が『ブレックファスト・クラブ』の台詞を諳んじて、別の子がそれを言い当てるって描写も、今の子ってそれが当たり前なのか?ってびっくりした。



若手キャストも充実していて、殺し屋学校のライバル、へザーをSophie Turner。クールな見た目が似合っていた。メーガンを引き受けた家族の長女リズはDove Cameron。同年代のバカ騒ぎを傍観して、堅実にいようと壁を築いている女の子がだんだんメーガンに心を開いていくようすがかわいかった。ぱっと見、いじわるそうな見た目だけど、ヘイリーの何倍も普通のティーンエイジャーに見えた。バカ騒ぎの張本人で、ガサツな男子生徒グーチをGabriel Basso。でかいところからしてぴったり。いいかげんなようで、中身があるのというのを演じられるだけの実力がある子。そして、『プリティ・イン・ピンク』でいうダッキーな役どころロジャーをThomas Mann。本当にどこにでもいる!しかも、いつも文句ない仕事をしている。今回も、トーマス・マンなのに何度もキュンとさせられた。管理が厳しい父親の元で真面目でいることに窮屈さを感じている男の子を、持ち前の(?)適当さでいい塩梅にしてくれていた。

ベアリー・リーサル [DVD]
ベアリー・リーサル [DVD]
posted with amazlet at 16.02.14
ファインフィルムズ (2015-09-02)
売り上げランキング: 90,414

The Diary of a Teenage Girl / ミニー・ゲッツの秘密 ~セックス・ドラッグ・ロックンロール

The Diary of a Teenage Girl

自分に自信がなく、絵ばっかり描いていた女の子ミニー(Bel Powley)が初体験をするところから始まる。ミニーは、人とは違う存在になりたいという思春期的なこじらせと、家族の問題による愛されたい、人に触れていたいという欲求が重なって爆発した感じ。そして1970年代のサンフランシスコで、セックス・ドラッグ・ロックンロールを生きる。それでちょっと痛い思いをして大人になるという話。

初体験の相手には、母親(Kristen Wiig)の若い恋人モンロー(Alexander Skarsgård)を選ぶ。親友のキミー(Madeleine Waters)には「おじさんじゃん」と言われるけど、ミニーはちょっとかっこいいと思っていたし、モンローが優しくしてくれるのが好きで、だんだん好きな気持ちが盛り上がっていく。それに同級生(Austin Lyon)ともやってみたけど、同じように気持ちよくはなれなかった。だけど、モンローは母親の恋人だから関係は秘密。彼女はそれをテープレコーダーに吹き込んで記録した。日記じゃないところが、ガーリーとはちょっと違うところ?

ジャケットのイメージからは想像できなかった派手さにびっくりしたけど、イラストやコミックが動き出してアニメーションになる感じはアート系っぽさがあって、なにより主人公を演じたベル・パウリーが実際は20代なのに10代に見える見た目とかわいい声で、この役にぴったりで輝いていた。アレクサンダー・スカルスガルドとクリステン・ウィグもよかった。とくにクリステン・ウィグはいつものイメージと違う派手な役柄だったけど、70年代のファッションも似合っていたし、若くして母親になって苦労もしてきたという面もうまかった。

大人もだらけた70年代?

垢抜けると思ったら全然垢抜けないミニーだけどアップヘアがかわいかった


監督のマリエル・ヘラーはThe Lonely Islandで知られるヨーマ・タッコンと結婚してるのか!しかもこの原作を元は彼女主演で舞台化したところから映画化したそう。すごいな。

ミニー・ゲッツの秘密 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2016-03-23)
売り上げランキング: 16,992

The Diary of  a Teenage Girl, Revised Edition: An Account in Words and Pictures
Phoebe Gloeckner
North Atlantic Books (2015-07-21)
売り上げランキング: 134,201
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...