Gypsy 83 ~はみ出し者たちの自分探しの旅


大きな女の子の親友はゲイの男の子で、女の子は歌手だった母親のように歌うことを目標にしていて、男の子は衣装係で、そんな2人はお墓で遊ぶゴスで、大好きなスティーヴィー・ニックスを祝うNight of 1,000 Steviesに行くためにNYへ向かう話。女の子の方はモールの駐車場のプリントショップでバイトしているから、高校は卒業しているんだなと思ってたんだけど、途中で25歳ってわかってびっくりした。男の子は高校生の18歳。年の差……。でも女の子のが上だから、カミングアウトした男の子をお姉さんの立場で優しく見守れたのかも。2人が同じ年だったら、2人して倒れてしまったかもしれない。これは、オハイオからNYへ行くという田舎脱出ものでもある。その過程で、相手とぶつかったり、アイデンティティ崩壊に陥ったりなどのイベントがある。ゴスの格好をしてアイデンティティを形成している分、それが脆さにもつながっている。


女の子(Sara Rue)は自分を“Gypsy 83”と名乗る。歌手としての芸名でもあるけど、お母さんが彼女を置いて去ったことが深く心に傷として残っていたこともある。お母さんは夢を追ってNYへ行った。だから、NYへ行けば会えるかもしれないという望みもあった。大きな体でいることを恥じているような発言はないんだけど、歌手として舞台に立つ目標のために、ダイエットして痩せた姿を妄想していて、それも悩みのひとつだったのかと思った。人前に立つことに異常に緊張してしまうのは、小学生のときの発表会のトラウマがあった。そういった問題をそれまでは見えないように押しのけてしまっていたんだけど、この旅を通して、ひとつひとつ掘り出して、向きあってみて、自分というものをつくりあげていった。


男の子(Kett Turton)は自分のセクシャリティ、アイデンティティ、自己実現など悩み多き年頃。ゲイであることは自分も認めて、家族もまあわかっているけど、自分がゲイとして幸せに生きる未来が描けていなかった。バージンなのも悩みのひとつ。「初めてはヨーロッパのお城のようなすてきなところで……」って夢見てて、女の子に「私よりも女らしい」って言われていた。部屋にはスティーヴィー・ニックス以外にもモリッシーやロバート・スミスの写真も飾ってて、家に帰ったらミシンに向かうし、缶のバッグにカメラを入れてておもむろに撮影しているような子。学校の様子はほとんど描かれてなかったけど、授業が終わったとたんに学校を飛び出しているから、学校は好きじゃないのかな。NYに行って、自分と似たような同年代の子に出会って、いままで狭い世界で考えていたことが、視野を広げてみると、問題は別のものだと気づく。

後から、監督が自分の中でも10本のうちのひとつに入るくらい好きな作品『Edge of Seventeen』の脚本担当だったことがわかった。役の描写はなるほど、似ているところがあるかも。それ以外では、グレッグ・アラキっぽさがあると思った。好きな人は好きな世界観。



この格好でPanic! At The Discoを思い出した。


Being Charlie ~まずは自分を助けろ


チャーリー(Nick Robinson)は、薬物治療クリニックを18歳になって出て、LAに戻ってきたけど、選挙中の父(Cary Elwes)から大人向けのリハビリ所に行くか勘当か選択を迫られる。しかたなく、リハビリを選んだチャーリーは、そこで同年代の女の子エヴァ(Morgan Saylor)と出会う。厳しい1ヶ月を堪えて、普段の生活に近い施設に移動してから、外出許可をもらって2人は一緒に過ごすんだけど、エヴァはまた酒に手を出してしまう。チャーリーはなんとかエヴァを取り戻そうとするんだけど……というあらすじを追うと、家庭に問題があって、愛なく育って世間を斜めからしか見られなくなってしまったかわいそうな子チャーリーってなるんけど、チャーリーが全然かわいく思えなかった。自分が世界で一番かわいそうな子って思って甘えているだけにしか見えない。その甘えにまわりの人を巻き込んでいる。しかも誰かが死ぬまで気づけないって遅いよ!リハビリ施設のリーダー(Common)に、「まずは自分を助けろ」って忠告された時にそうして欲しかった。これは、監督のロブ・ライナーの息子ニック・ライナーの実話が元に書かれた話だそう。なので、むかつく子どもはニック・ライナーだったということだ。



When I was out there, I could've died. It's all luck. You roll the dice and you hope you make it.
Rob Reiner's Son Nick: I Lived on the Streets Battling Drug Addiction | People
って発言からすると、実際に自分が死にたくないって感じたから気づけたんだろう。それは誰かが死ぬ前だったのかな?そうだったらいいな。


ニック・ロビンソンがチャーリーの不幸を背負った青年像とちぐはぐに感じてしまった。かわいそうになってるニック・ロビンソンはかわいいけど、ドラッグに溺れた悲壮感みたいなのはハマらない。どっちかっていったら、『スモーキング・ハイ(Pineapple Express)』っぽいドラッグのが似合ってると思う。品行方正なイメージのローガン・ラーマンでも目に憂いはあったけど、ニック・ロビンソンには感じられない。



チャーリーの親友アダム役でDevon Bostickを久しぶりに見た。チャーリーに似て軽い役に合ってた。


Being Charlie
Being Charlie
posted with amazlet at 16.10.21
Starz / Anchor Bay
売り上げランキング: 125,834

Recast: 今読んでみる『すばらしい新世界』と『1984年』 & 勝手にキャスティング


オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界』とジョージ・オーウェル『1984年』を読んだ。第二次世界大戦前後(1932年、1949年)に発行されたこの2作品はディストピアものとして比較されることも多く、また、今読んでも考えさせらることが多い。ざっくり言うと、楽しい気晴らしを与えて関心をもたないように人々を制御するのか、情報操作と厳しい監視で人々を制御するのか、という差。SF的おもしろさより、その思想だったり政治とか、登場人物の人間的物語の方が見所なので、映画化されたらいいドラマが見られそう。両作品とも映像化や舞台化されている。

『すばらしい新世界』



  • Brave New World (1980) Directed by Burt Brinckerhoff
  • Brave New World (1998) Directed by Leslie Libman and Larry Williams
  • Theatre  (2015) adaptation by Dawn King, composed by These New Puritans and directed by James Dacre

『1984年』



  • 1984 (1956) Directed by Michael Anderson
  • 1984 (1984) Directed by Michael Radford
  • Theater (2013) adaptation by Robert Icke and Duncan MacMillan

また、現在進行形で映像化の話も出ている。
『すばらしい新世界』はTVで、『1984年』は映画。
Steven Spielberg's Amblin, Syfy Adapting Classic Novel 'Brave New World' (Exclusive) | THR
Paul Greengrass Eyes George Orwell’s ‘1984’; ‘Finding Neverland’s James Graham To Write Script | Deadline

『1984年』の1984年公開版を本を読んだ後に見た。主人公のジョン・ハートの神経質そうな感じもあっていたし、リチャード・バートンのどっしりした感じもよかった。ビッグ・ブラザーが画面に大写しになる場面は「これか……」って感動した。本の内容がきれいにまとまっていて見やすかったけど、坦々としていて地味な印象も。『すばらしい新世界』のは見てないけど、どちらも本の設定をもとに妄想キャスティングしてみた。


『すばらしい新世界』

階級分けがしっかりされて、幼少期にその階級で幸せに暮らせるための条件づけもされている社会。階級ごとに仕事も決まっていて、時間分働いたら、後は娯楽を楽しみ、セックスして、「鬱かなと思ったらソーマ」というように合法の薬で嫌な気分は忘れてしまう。触感映画(Feely)という、映像と音と匂いと触感を感じられる映画が人気で、これは今の4D技術で再現できそう。技術の進歩で人間は老いることなく、60歳くらいになったらポッくり死ぬ。子どもは卵子と精子から生まれ、下の階級の子どもは何倍にも分離して多胎児をつくっている。

バーナード・マルクス
ブ男
ちっちゃい
青白い顔


Daniel Radcliffe (July 23, 1989)
上位階級なんだけど、生育途中でミスがあったかで基準よりも小さいことでまわりから疎まれている存在。そのため孤独を感じ、ネガティブで、この国のシステムに抗うようになった。後に注目されて調子に乗るところも含めて、面倒くさくてダサい嫌われ者。最初は、スティーブ・カレルを想像していたけど、見た目が年をとらない世界ということで、『ヴィクター・フランケンシュタイン』でせむし男を演じていたダニエル・ラドクリフが思いついた。彼に合わせて、他の俳優も同年代で考えた。

ヘルムホルト・ワトソン
体格がいい
胸板厚く、肩幅広く、どっしり
動きが軽やかで敏捷
太い円柱のような首の上に美しい形の頭部
ウェーブのかかった黒髪
力強い顔立ち
美男子


Aaron Taylor-Johnson (June 13, 1990)
バーナードが唯一、友人と呼べる存在。だけどワトソンは女性から人気でバーナードとは対照的な人物。頭の出来が良すぎるために、考えなくてもいいことまで考えてしまうため、この国のシステムからはみ出すようになった。女性と遊びにも行かず、我がままなバーナードにも優しい変人。美男子だけど、それを無駄遣いしているってことでアーロン・テイラー=ジョンソンが思いついた。

ジョン
若い
麦藁色の編んだ髪
日に焼けた肌だが地は白


Douglas Booth (July 9, 1992)
野蛮人居留地(アメリカ南西部あたり)で生まれ育ったため、この国のシステムにはまっていない存在。野蛮人居留地を訪れたバーナードと出会い、一緒にやって来る。国では禁止されているシェイクスピアを読んでおり、しゃべる言葉はそこからの引用が多い。最初はイギリスとアメリカで育ったアンドリュー・ガーフィールドを思い浮かべていたけど、もっと若いということで、ロミオ役をやったことがあるダグラス・ブース。イギリス人(この国は今でいうイギリスにある)で藁色の髪に焼けた肌が似合う人はあんまりいないというのが難しいところ。

ムスタファ・モンド閣下


Nicholas Hoult (December 7, 1989)
ムスタファ・モンドは見た目についての情報がない。国を管理する立場なので、人々よりも知識があり、自分なりの思想も持っている。役どころは、バーナード、ワトソン、ジョンの3人の逸脱者に対する相手。この年代で背が高くて合いそうな人ということで、ニコラス・ホルト。
ちなみに、それぞれの身長は
ダニエル・ラドクリフ 165 cm
アーロン・テイラー=ジョンソン 180 cm
ダグラス・ブース 185 cm
ニコラス・ホルト 190 cm

レーニナ・クラウン
稀に見る美貌
弾みがいい


Lily James (April 5, 1989)
誰もが認めるいい女。スカーレット・ヨハンソンとかジェシカ・アルバみたいなイメージだったんだけど、この年代でこれという女優さんがいなくて、誰もが認める美人さんという基準で、リリー・ジェームズ。小粋に帽子を被ったりというお洒落が似合うかな?

ヘンリー・フォスター
金髪で血色がいい
紳士
品行方正


Liam Hemsworth (January 13, 1990)
レーニナのデート相手で、誰からもウケがいい。この世界にうまく順応している見本。それだけで悩みも葛藤もないつまらない役なので、リアム・ヘムズワースを当てはめるまでもないかもしれないけど、イメージではこんな感じ。

ファニー・クラウン
19歳


Sophie Turner (February 21, 1996)
レーニナの同僚。この子もこの世界に順応している女性としてしか存在していないので、当てはめるまでもないかもしれないけど、年齢も出ていたので、ソフィー・ターナーを選んだ。年齢関係なければ、ジュノ・テンプルを想像していた。

トマス所長
長身で痩せ気味
長い顎とかなり前に突き出た歯


Bill Skarsgård (August 9, 1990)
バーナードの上司。彼にとってバーナードは目の上のたんこぶ。年齢関係なければ、サシャ・バロン・コーエンとかなイメージ。ビル・スカルスガルドは今度『It』でピエロやるし、見た目もちょっと怖いから合うかな。

リンダ
太り気味の金髪
前歯が2本抜けている
肥って
皺だらけ
肉がたるんで
しみ


Naomi Watts (September 28, 1968)
ジョンの母親。リンダは新世界で育ったけど、野蛮人居留地の生活が長くて年老いて太ってしまった。ジョンが20歳くらいだとして20代で生んだとしたらという計算で年齢考えてナオミ・ワッツだったら太って皺だらけの役もやりそうということで。

監督



Xavier Dolan (March 20, 1989)
同年代で調べていたときにグザヴィエ・ドランが出てきたので、監督をやって欲しい。ドランの興味ありそうな母親の物語も出てくるし、フリーセックス、ドラッグのトリップみたいな世界観は70年代のヒッピー、サイケっぽいイメージなので、無機質な近未来SFじゃなくて、彼のこだわりの強いビジュアル・センスを活かして欲しいと思う。


『1984年』

崇められる存在としてビッグ・ブラザー、共通の敵としてゴールドスタインがいる。党は人々を思考警察によって監視していて、自由に考えることも許されていない。常に戦争をしているため、日常的に何かが足りない。粗末な食事だけどジンが飲める。プロールという党に属さない下級の人々がいて、彼らには娯楽が与えられ監視の対象にもなっていない。年齢や見た目の描写が細かいので、それに合わせて探してみた。

ウィンストン・スミス
39歳
小柄で華奢
ブロンド
静脈瘤
入れ歯5本


Michael Fassbender (April 2, 1977)
思考警察に隠れて日記をつけ始める主人公。ジョン・ハートのウィンストン・スミスがいい感じの枯れ方で申し分なかったので、それと比べると39歳って見た目若い!マイケル・ファスベンダーは役作りで体型から入る人だから。

ジュリア
26歳
短い豊かな黒髪
そばかす
かたちのいいヒップ
下卑た言葉遣い


Alicia Vikander (October 3, 1988)
ウィンストンから見てジュリアは若さを謳歌していてまぶしい存在。若くて美しい女性が嫌いとか言っておきながらしっかり目をつけているウィンストン……。マイケル・ファスベンダーと付き合ってるってことでアリシア・ヴィキャンデル。

オブライエン
48~50歳くらい
大柄でたくましい
眼鏡
優雅な物腰
知性


Liev Schreiber (October 4, 1967)
オブライエンは、ウィンストンがまわりとちょっと違うなと思っている党中枢委員。前に考えたときはイアン・グレンにしていたけど、映画を見た後だとやっぱもっと強い方がいいと思って、コリン・ファースとデヴィット・シューリスとリーブ・シュレイバーで迷って年齢と体型が近いリーブ・シュレイバーに。

トム・パーソンズ
35歳
太り気味
活動的
愚鈍
おめでたい感激屋
カエルのような顔


Josh Gad (February 23, 1981)
ウィンストンの隣人で2人の子どもがいる。熱心な党員。見た目でジョシュ・ギャッド。

サイム
小柄
黒髪
大きく突き出た目


Tobey Maguire (June 27, 1975)
ここで使われる言語・ニュースピークの研究者。研究に狂っているところがある。見た目でトビー・マグワイア。

ミスター・チャリントン
63歳


John Hurt (January 22, 1940)
骨董屋の店主。過去の物に興味をもったウィンストンに空き部屋を貸し出す。特別出演としてジョン・ハートにやってもらいたい。


すばらしい新世界 (光文社古典新訳文庫)
オルダス ハクスリー
光文社 (2013-06-12)
売り上げランキング: 36,055

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 870

BRAVE NEW WORLD
BRAVE NEW WORLD
posted with amazlet at 16.10.07
Visual Entertainment
売り上げランキング: 273,626

1984 [DVD]
1984 [DVD]
posted with amazlet at 16.10.07
video maker(VC/DAS)(D) (2009-12-29)
売り上げランキング: 43,466

1984
1984
posted with amazlet at 16.10.07

売り上げランキング: 130,060

Beatles / イエスタデイ ~飛び込むのもバンドも女の子のため


1960年代のノルウェーの首都オスロが舞台。仲良し4人組の男の子たちはビートルズに夢中。それぞれ担当メンバーも決まってて、なりきってる。だから、The Stone Rosesに憧れてバンドもやってる『Spike Island』っぽい話なのかなと思っていたら、ビートルズそんなに関係なかった。原作小説のタイトルが『Beatles』っていうからそれと同じタイトルにしたんだろうけど、そのおかげで検索しずらい。

物語の中で心に残った台詞は、主人公キム(Louis Williams)のお母さんがクリスマスにプレゼントを渡して言った、周りには言葉がたくさんあって、自分の中でもいろんな声がする。それをラジオでチャンネルを合わせるみたいに調節して、自分の本当の声を探してみて。そうやって大人になるんだよ。みたいなこと。あと、「行動で示す」ことが大事だって、女の子たちは知ってたのがおもしろかった。

1番高い飛び込み台から飛び込むこともできなくて、取り柄はポール・マッカートニーに似てることくらいというキムは、ビートルズによって人生が変わったんじゃなくて、彼の人生を変えたのは女の子。『シング・ストリート 未来へのうた』の主人公コナー(フェルディア・ウォルシュ‐ピーロ)も女の子のためにバンドを始めたけど、彼はその憧れる女の子の見た目の奥にあるものも見て考えていたと感じた。一方のキムはそこまで考えてるのが感じられなくて、自分中心に動いていて、『セイ・エニシング』のジョン・キューザックみたい。観てる途中でも、ルイス・ウィリアムズの顔がフェルディア・ウォルシュ‐ピーロに似てるなって思ってたけど、その元にいるのはジョン・キューザックだったんだな!「僕」の物語を語りそうな主人公顔。最近のアメリカではマイルズ・テラーがそのポジションを通っていったけど、かわいさでヨーロッパと並べるくらいの子がアメリカにもいないかな?

他では、みんなの中でちょっと大人なグンナー(Ole Nicolai Myrvold Jørgensen)は、アメリカで言ったらアンセル・エルゴートっぽかった。ということはアンセル・エルゴートは「僕」物語を語る系の主人公タイプではないってことかな。グンナーはビートルズではジョン担当だったけど、グンナーよりもグンナーのお兄さんの方がジョン似だった。お兄さんはベトナム戦争をやってるアメリカに反対する運動に参加していて、途中デモの場面も流れるんだけど、キムの話にそこまでからんでないのに目立ってて、メッセージ性が強かったように感じたのは気のせい?ビートルズのせい?


転校生のセシリア役のSusanne Boucherがびっくりするくらいかわいかった。そういえば、『セイ・エニシング』のアイオン・スカイっぽい気もしてきた。ってことはこれはますます『セイ・エニシング』だ!


セシリアと噂になってたテニスがうまい好青年が、「僕のことは心配しなくていい」ってわざわざキムに言ったのは、そういう理由かと思ったけど回収されなかったのがちょっと残念だった。

Brandstadmoen

成長してるように感じるのはマッシュルームヘアじゃなくなったから?






アートワークいい(via

Beatles (English Edition)
Beatles (English Edition)
posted with amazlet at 16.10.05
Arcadia Books (2016-08-11)
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...