Take Me to the River ~アメリカ大統領選挙前と後で感じ方が違いそう


カリフォルニアから母親(Robin Weigert)の実家があるアメリカ中西部のネブラスカに向かう途中の車の中で、息子のライダー(Logan Miller)が「自分についての話を親戚にすべきかどうか」を親に確認する。親は「今回はおばあちゃんのために集まるのだからあなたのことを考えなくて良い」と言う。だけど、いざ親戚一同が集まってみると、胸元が大きく開いたTシャツに短パン(たぶんアメリカンアパレル)という格好のライダーは目立ってしまう。絵を描くのが上手で、いとこの女の子たちに懐かれる。その中の4人姉妹の長女、9歳のモリー(Ursula Parker)と農場の納屋にできた鳥の巣を見に行く。そうしたら、モリーが叫び声をあげながら走って出てきた。白いドレスに血がついていたため、モリーの父親(Josh Hamilton)は「娘に近寄るな」ってライダーを締め出す。ライダーの親はライダーの味方になって話を聞くが、ライダー自身もどうしてそうなったかうまく説明できないし、母親もあまり事を荒立てて自分の母親(おばあちゃん)を困らせたくないという思いがあって、結局ライダーが畑の向こうの小屋で一晩過ごすことになった。

ローガン・ミラー目当てでこの映画を観たから、主人公の彼中心になってたのもあって、この閉塞的な田舎の家族が怖く感じた。しかも、アメリカ大統領選挙が終わって、各地で起きてるヘイトの状況と同じようなことがここでも起きてて、偶然だろうけど同じ問題として考えさせられた。



話の中では公にされてなかったと思うんだけど、あらすじにはライダーがゲイだと書かれてて、彼がアメアパ仕様の目立つ格好をしていたのは、反抗する気持ちじゃなくて、自分のアイデンティティを示すためだったのかなと思った。素直に打ち明けたいと思っていたけど、それをさせてもらえなくて、そのままの自分が否定されたようなものだから。でも、ネブラスカで生まれ育った母親は、この土地がどんな感覚を持っているのか知っていた。カリフォルニアでは当たり前のことが、そうできない環境。

いわく、ヒルビリーは、くせの強いアクセントで、特殊な言い回しで喋る。狩猟をする。密造酒を作り、飲む。身内のことしか信用しない。だから近親相姦もする……こうしてステレオタイプ化されたイメージが、ポピュラー文化のなかで再現されていった。
日本人がまったく知らないアメリカの「負け犬白人」たち(川崎 大助) | 現代ビジネス | 講談社

ちょうど読んだこの記事が刷り込みとして頭にあったから、モリーの父親のことを疑って観てしまったというのもある。奥さんの扱いや、子どものしつけ方からして嫌なやつと思うのはしょうがないのかもだけど。


誰がライダーを救うのかなと観ていて、いとこの同年代の男の子たちが来たときに、「お?」と思ったけど、そこは発展しなかった。結局この物語は親世代のいざこざに息子が巻き込まれたって終わりで、ライダーはこの土地で弄ばれて置いてきぼりにされた感じ。母親がこの田舎を出たということの方が考えるべき話題だったのかなと思った。

ローガン・ミラーは太陽をいっぱい浴びて育った感が、この役にぴったりだった。『Scouts Guide to the Zombie Apocalypse / ゾンビーワールドへようこそ』のときは三枚目の役だったけど、抑えた演技の作品にも馴染んでた。どちらにも共通して感じる楽しくて優しい性格は本人の資質なのかな?


ユーソラ・パーカーは幼い中に艶めきがあって、『Hounddog』のダコタ・ファニングを思い出した。

監督のMatt Sobelがインタビューで影響を受けた作品を挙げていて興味深かった。

Any films inspire you?
"Badlands," "The White Ribbon," "The Celebration," "Murmur of the Heart," "Picnic at Hanging Rock," "Stalker," and "Safe."
Meet the 2015 Sundance Filmmakers #13: Matt Sobel Embraced Optimism for ‘Take Me to the River’ | IndieWire


Take Me to the River
Take Me to the River
posted with amazlet at 16.11.28
Film Movement

The Lemon Twigs ~若いということはそれだけで美しくてすばらしい

The GARDEN ~若いということはそれだけで美しくてすばらしい
The Gardenについて書いたこの記事がたびたび「POPULAR POSTS」に入ってくるのは何でなんだろうってずっと思っている。若くて美しいものをたくさんの人が求めているの?ということで同じタイトルで最近お気に入りのThe Lemon Twigsについて書こうと思ったけど、書いていたら兄弟の話になってしまった。


The Lemon TwigsはBrian D'Addario (19) とMichael D'Addario(17)というニューヨークのロングアイランドシティ(今も実家暮らし)の兄弟がやってるバンド。まず最初に見た目が気になって、音楽を聴いたらビートルズやビーチボーイズの雰囲気で奇想天外で楽しいところに惹かれて、調べてみたら兄弟でしかも10代ってことがわかった。

左:ブライアン、右:マイケル

音楽家の父親の影響で小さい頃から楽器を演奏していて、今ではいろんな楽器が弾けるし、ボーカルもどちらもやるスタイル(逆にみんなはなんでやらないの?ってインタビューで言っていた)。それぞれに、ブロードウェイ・ミュージカル(ブライアン)、映画(マイケル)という演技経験もあって、小さい頃から鍛えられている。

ブライアン 『リトル・マーメイド』(2007)のフランダー役

マイケル 『People Like Us』(2012) 隣はエリザベス・バンクス

俳優名ではマイケル・ホール・ダダリオ(“マイケル・ホール”ってのに反応してしまった)。
Michael Hall D’Addario
代表作 : Sinister / フッテージ (2012), People Like Us (2012)

Brian admires Leonard Cohen.
Michael "I love Lou Reed, but I can't really write that well, at least yet,".
The Lemon Twigs Are Rock’s New Old Young Dreamboats | noisy

You’re definitely active on stage. Where do you get your moves from?
B: Videos of Pete Townshend. My musical heroes are Harry Nilsson, Joe Walsh. Procul Harum, but for stage stuff, it’s Pete.
READ AN INTERVIEW WITH THE LEMON TWIGS | BEAT Magazine

音楽的影響の根本は同じでも、趣味はそれぞれ違うみたい。インタビューで、ブライアンはレナード・コーエンで、マイケルはルー・リードと答えていた。また、別のインタビューでマイケルの演奏スタイルはピート・タウンゼントだって。鼻の感じも似てる気がする。


兄弟のバンドによく目がいく。ずっと一緒に育って、一緒のバンドをやるってことは仕事も一緒で、それってすごく狭い世界で生きてるんじゃないのか。もしくはまわりに同じ趣味を共有できる同年代を見つけにくいのか。同級生や幼なじみのバンドも多いから、後者の理由が多いんだろうけど、兄弟でそれを選択するって大変そうだなと思った。この2人もすごい兄弟げんかをしたことがあるって。だけど、今はお互いにパートナーとして尊重している感じがインタビューからうかがえて、ちょっとほっこりした。だからつくった曲の分量もちょうどよくわけられている。

"I just didn't want to have the same preferences as him," he explains. "Brian would always put pepper on his shit, but I didn't want to put pepper on my shit. Brian liked lobster, so I developed a taste for crab. He didn't know that, but I'm kind of nuts about that stuff."
The Lemon Twigs Are Rock’s New Old Young Dreamboats | noisy


2歳違いってほとんどないようだけど、年齢が低いほどその差は大きく感じるものだろう。中1と中3だと考えると、体の大きさも全然違うしわかりやすい。だからきっとこの2人もいつも兄が一歩先をいって、弟がそれを追うって感じで成長してきたんじゃないかな?だけどある程度の年齢になってくると、弟が真似するだけじゃなくて、自分の個性をもつようになる。そして、ある分野では弟の方ができることがある。そうなると兄としては一歩引いて見られればいいんだけど、2歳差だったら自分もまだそんなに大人になれないことがあるんじゃないかな。だからきっとぶつかったり、微妙な距離ができたりすることもある。この2人はそこらへんは同じ趣味があったからつながっていられたのかな?そしてお互いの個性を尊重できるまでになって、いい創作活動につながっているのが良い。

"That's how you are at this age. And I know it, too. I make decisions, real decisions, and regret them all the time. But at least I'm confident about them."
the lemon twigs are out of this world | i-D

マイケルが、兄からのダメ出しに対して言っていたこの言葉にはっとさせられた。今、10代として多感な時期を生きているのに、それをちゃんと自己評価できていて。詩を書いたり芸術的な創作活動をしているからなのかと思った。きっとこの2人は温かい家族にいっぱいの愛情を受けて育ってきたんだろうなと思った。小さい頃から芸能活動しているのにすれたところがなくて。冷静さは他の同年代よりはあるのかもしれないけど、つまらなくなってないで、純粋さや好奇心を持ち続けていられるのは、そういう環境で育ったからなのかなと想像する。


"I wouldn't mind moving there, but we have family here," Michael explains. "Our parents are a little older, our uncle is here. He has Down's Syndrome and Alzheimer's, and lives in a home. We visit him every week at least, so that'd be hard to leave."
the lemon twigs are out of this world | i-D

両親が年だし、叔父さんがダウン症とアルツハイマーで毎週会いに行っているから実家を離れることは難しいって答える17歳。本当よくできた子たちだと思う。子役時代のことについてもマイケルは冷静に物事を見てるなって答えしていて。両親は子育て本出してもいいくらいだと思う。でもきっと普通のことをしてきたって思ってるかも。ただ、これだけしっかりした土壌のある子なら、別分野にいってもきっと成功すると思う。実際、演劇もやってたわけだし。

M: My dad just never got the opportunity to show his stuff to people, it’s really catchy. Power-pop.
READ AN INTERVIEW WITH THE LEMON TWIGS | BEAT Magazine

最後に、まだデビュー・アルバムで、これからどうなるかわからないけど、お父さんがパワー・ポップやっていたそうなので、是非そっちのジャンルの曲もつくってほしいと思った。パワー・ポップって今やってるバンドもあるけど、なかなかビジュアルまで完璧!ってのは少ない。この2人ならすごい期待できる!






余談だけど、デビュー・アルバム『Do Hollywood』をプロデュースしたJonathan RadoのバンドFoxygenも2人組だし、Jonathan Radoが別でプロデュースしたWhitneyもだし、最初に挙げたThe Gardenもだし、2人組はビジュアルに強い個性を出せることが多いのかな?少ないからこそ凝縮させられるのか?

Do Hollywood
Do Hollywood
posted with amazlet at 16.11.22
Lemon Twigs
4ad / Ada (2016-10-14)
売り上げランキング: 993

It Follows / イット・フォローズ ~ホラーが苦手でも見たい青春映画


David Robert Mitchell監督の前作、『The Myth of the American Sleepover / アメリカン・スリープオーバー』と共通するように、郊外の子どもたちが描かれている。青みがかった映像で、風や水の動きを感じられるような描写に特徴があると思う。

主人公のMaika Monroeもよかったけど、私的にはKeir Gilchristの活躍がうれしかった。こういうキーア・ギルクリストが見たかった!という内向的で繊細なキャラクター。生え際が少し気になるところだけど、それ以外はほとんど全てが最高だった。女の子グループにひとりいる男の子ってポジションも最高。

ただ怖いのが苦手なのでこの映画を見るのは辛かった。恐怖の対象が幽霊とかゾンビとか明示されてなくて、よくわからない何かとしか説明できなくて、どうしてこうなったのかっていうのも伝言話で憶測の域で、全体的になんだかよくわからないのがまた怖い。

青春映画にホラージャンルが多い(参考:ハイスクールU.S.A.―アメリカ学園映画のすべて)ってのが、青春映画ファンの自分にとって大きな壁となっている。だけどこの映画は映像もきれいでまた観たいと思ったから、ホラー要素を除いて青春映画っぽく編集してみた。曲はINHEAVENの「Regeneration」。郊外っぽい曲だと思う。


イット・フォローズ [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2016-07-06)
売り上げランキング: 8,858

Stranger Things / ストレンジャー・シングス 未知の世界 ~友だちが一番大事な時期


これがシーズン1で1番好きな場面。『メイズ・ランナー』で怖いというレベルなので、最初から怖かった。だから、楽しみどころは子どもたちの友情。12歳という年齢は、思春期の一歩手前で、女の子はちょっとませててお姉さんっぽく、男の子はまだ子どもっぽいような年代。仲良し男子4人組は、ダンジョンズ&ドラゴンズで時間も忘れて遊べて、アマチュア無線部のような活動をしていて、いじめっ子に目をつけられているようなグループ。そのうちの1人ウィル(Noah Schnapp)が行方不明になって、残りの3人は捜索中に不思議な女の子イレヴン(Millie Bobby Brown)と出会う。イレヴンは学校にも行ってなくて隔離されたところで育ったから、普通のことが分からない。自宅の地下にかくまうことにしたマイク(Finn Wolfhard)は、イレヴンの世話を焼くように。ルーカス(Caleb McLaughlin)はそれが気に食わなくて、イレヴンを信用しない。そんな2人の間に入るダスティン(Gaten Matarazzo)が健気。「お前ら2人は親友だっただろ」って言うダスティンに、「自分は入ってないの?」と返すマイク。ダスティン「親友は2人だけだから」、マイク「そんなことない。君も親友だ」っていうやりとりがかわいかった。あと、イレヴンもマイクに教わった「友だち」「友だちは嘘をつかない」というのにこだわる。このくらいの年齢の男の子が主人公だと、男の子たちだけの冒険物語になるんだろうけど、イレヴンは育ちが変わってるからこの中に入っていけてて、その関係がおもしろかった。

そして、このキャストのキャラ感が完璧。最初マイクとウィルが似ているなと思っていたけど、「カエル顔」といういじめっ子の呼び方で、見分けやすくなった。みんなデフォルメしやすいけど、かわいいという絶妙なバランス。もうちょっと大きくなったら、崩れてしまうかもしれないから、いい時期に撮れてよかった。とくにミリー・ボビー・ブラウンの中性的な感じはきっともうすぐなくなってしまうんだろう。














それに比べて、お姉さんお兄さんの高校生たちは、ちょっと残念だった。それがわざとなのかわからないけど、絶妙に惜しい。ウィルの兄・ジョナサン(Charlie Heaton)は、一匹狼で陰のあるタイプ。演じたチャーリー・ヒートンは雰囲気はすごい合ってるんだけど、よく見るとそこまでじゃないのが残念。エドワード・ファーロングとケヴィン・ベーコンを足して割った感じ。イキがってて横暴なスティーヴを演じたJoe Keeryは、昔顔なところはこの世界観に合ってるけど、髪型が変過ぎて似合ってなくて、そっちばっか気になっちゃう。マイクの姉・ナンシー(Natalia Dyer)は、スティーヴと付き合いだして地味なところから変わろうとしている女の子。演じたナタリア・ダイアーはこの中では1番良かった。顔が個性的すぎなくて、普通っぽさがちょうどいいのかな。私が思う80年代の映画に出てくる高校生たちは、あんまりギトギトしてなくて、つくりものっぽさがあるイメージで、それからすると、男の子たちはちょっとアクが強かった。

画面はすごく80年代感!




あと、ウィルの母親ジョイス役のWinona Ryderがどっちかっていうと、ミリー・ボビー・ブラウンの母親みたいで、ミリー・ボビー・ブラウンの将来がますます楽しみ。ウィノナ×ジェナ・マローンって感じ。



Flocken / Flocking / フロッキング ~居場所のない社会


スウェーデンの田舎町、学校と食肉の加工工場を中心とした小さなコミュニティが舞台。そこで同級生にレイプされたと訴えた14歳の女の子とその家族が、コミュニティから迫害されていく。加害者の男の子の家族は、工場で幅を利かせている男の兄が父親で、教会の合唱団に参加していろいろ取り仕切るのが好きな母親。一方、女の子は母子家庭。被害者加害者という立場に関係なくその構造の力が働いていく。題名の意味は「群れ」。上映後のQ&Aでアレ・キノ映画祭(ポーランドの子ども・若者向け映画祭)ディレクターのイェジ・モシュコヴィッチさんが「加害者の動機よりも社会がどうしてこういう行動をとったのかの方を考える」ということを話していて、題材はそっちなんだとわかった。クリステン・スチュワート主演の『Speak』が主人公の心の回復を描いていたのに対して、この作品はそういう意味での救いはなかったかな。ただ、想像していたヨーロッパの映画でよく見る暗いエンディングじゃなかったのは、少し助かった。女の子の母親は「信じてるから大丈夫」っていう態度で、それで女の子は救われた部分もあったと思うけど(あとホースセラピー)、だんだんと阻害されて、恋人が離れていってしまったら母親はもう母親でいられなくなってしまった。女の子をつなぎとめていたものがどんどん奪われて、この閉塞的な町でどう生きてく希望を持てるのか。


男の子の母親は過保護で(男の子がパンを食べてるときゅうりを切って無言で乗せる)、これはただの喧嘩でハグをしたら仲直りって終わらせようとしたり、本人の言い分を聞かずに彼は無実だという運動をしたりする。反対に父親は放任で、男の子が何か訴えるようにしていても、話を聞いてくれずに、たったひとこと言ったのは「なんであの子にしたんだ」ってだけ。そんな環境で、ひとりで何も言えずにいる男の子の様子が映されるから、なんだかこの子もかわいそうに思えてきた。レイプのニュースを見ると、絶対的に加害者が悪いって思うんだけど、この映画ではもちろん被害者に悪いことは1つもないし、苦しい状況が描かれているんだけど、この男の子の環境はこの子の成長のためによくないって思った。男の子が「自分がやった」って打ち明けても、母親はそれを受け止めずに、流してしまう。もし、ここでぶつかってやれば、この子は変わることができたかもしれない。でも、加害者側の立場が強いって環境では、こうやって事がなかったことにされて、子どもが成長する機会も得られないんだと思った。閉鎖的な社会、男社会であったら、レイプに限らずこういう問題は起こる。イェジ・モシュコヴィッチさんが言っていたように、これは普遍的な問題で、現代社会で共通の問題でもある。だからこそ、若い世代に観て、考えてもらいたいと映画祭を企画しているとイェジ・モシュコヴィッチさんは話していて、いいなと思った。

第29回東京国際映画祭2016
ユース TIFFティーンズ
フロッキング
監督:ベアータ・ゴーデーレル
http://2016.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=235

Ale Kino! International Young Audience Film Festival
http://www.alekino.com/
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...