Super Dark Times / ぼくらと、ぼくらの闇 ~ダークサイドに堕ちる


親友のザック(Owen Campbell)とジョシュ(Charlie Tahan)の関係がある事件をきっかけに変化していくという話。90年代のアメリカ郊外が舞台ということで、CDウォークマンで音楽を聴いていたり、ブラウン管のTVやコンピュータのモニタが懐かしい。かわいい形の受話器も出てくる。家の電話で連絡を取り合っている中で、自分専用の回線を用意してもらったんだっていうのが特別になる。

途中までは男の子たちが自転車に乗って何もない町でダラダラ遊んでいる様子で、冬バージョンの『Kings of Summer』かなって思っていたら、その事件をきっかけにサスペンス色が強くなっていった。『Kings of Summer』は、同じ目的を共有していた親友の中に女の子が入ってきて、それで2人の関係がこじれてっていう様子が主人公の動きとともにわかりやすく描かれていたけど、この『Super Dark Times』では、ザックの目線で話が進んでいく中で、ザック自身がわからないことが多くてそれでさらに不安になる。

ザックがアリソン(Elizabeth Cappuccino)との距離を縮められないのはジョシュへの思いがあるからだろうけど、ジョシュに関しての情報が少なすぎる。兄(部屋にトロフィーがたくさんあったのでたぶん優秀)が軍に行っていて、その兄のことをからかわれたことにすごく怒っていたというのと、立ち入り禁止の橋で1人手すりに乗って景色を見下ろしていたところが気になるくらい。チャーリー・ターハンの見た目が、細いフレームの地味な眼鏡と相まって神経質で繊細な子っぽくて、それが何も考えていないようなジョシュのキャラクターに怖さを与えていたと思う。


ザックのお母さん(Amy Hargreaves)どこかで観たことあると思ったら、『13 Reasons Why』のお母さんだった。


廊下でのときめきシーンのBGMのWireがよかった。




デンマークの製品版ジャケットが急にテイスト変わっていておもしろい。狙っていることはわかるけど、雰囲気重視のポスター版デザインの方が好み。そして、『スタンド・バイ・ミー』×『ドニー・ダーコ』って宣伝文句なのも気になる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...