Across The Universe

結構曲をアレンジしていて、それがちょっとオーバーな気がして真面目に見るには引けた。ただやっぱり曲自体はすばらしいし、メッセージが伝わってくる。ストーリーとして突然な時もあったけど。
キャストは、Evan Rachel Woodは意外だった。歌もやるんだと。顔が綺麗過ぎて似合わない気もしたが。Jim Sturgessはいかにもリバプールのパブにいそうなルックスではまり役。ミュージカルなので、演技はそんなに重要じゃないのかもしれない。この二人がミスマッチなのが気になった。Joe Andersonは役にあっていたし、うまくこなしていた。特に惹きつけられる個性があるかといえばそうでもないが。
そんな感じでやっぱり本家のThe Beatlsが出ている映画には何倍もかないません。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...