Empire of the Sun / 太陽の帝国

Christian Baleはイギリスのいい子っていう見た目そのものでそこにちょっと少年の悪戯っぽい演技を加えている。壮大な作品の主人公を見出されたばかりの子役が務めるというのは相当なプレッシャーだけど、ちゃんと手をかけられて丁寧に指導される機会が与えられるので子どもにとっては大きな成長につながる。事実、始めの方は子どもっぽさが残っていたBaleの演技も後半は自立した主人公同様堂々としている。それにはスタッフ陣の強力なサポートの他にも、共演者の力は大きいと思う。今回はJohn Malkovich。彼の個性派な魅力はこの映画で1番輝いていたし、アンチヒーローがかっこいい。登場で顔を見せない演出もよかった。Malkovichの顔ってインパクト強いから、性格よりも見た目に意識が行っちゃう。あと、大きい体を活かした着こなしもかっこいい。で、そのまわりでうろちょろするBale。Baleのこの役は思い込みが激しい激情型。まわりにいるとちょっとめんどくさい子。でもそのひた向きな純粋さが感動を誘う。日本語の台詞はちょっと笑っちゃったけど。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...