Heathers / ヘザース/ベロニカの熱い日

ブラックで変な映画と言われているけどすっごく好き。出演者も良いし、オシャレだし。Winona Ryderは90年代の女優のイメージがあるかもしれないけど、1番輝いていたのは1990年までだと思う。誰も真似できない個性があって、見た目のイメージもすごくオリジナル。Christian Slaterも90年代はじめが頂点だったと思う。ホントにホントにかっこよかったのにな。珍しい顔してる。喋り方はAnton Yelchinが受け継いでいることを最近気づいたけど。
もうひとつの良い点、ファッション。80sはファッション的にも見所がある映画がたくさんあるけど、この映画のファッションは特に個性的。カラータイツの使い方がすごく参考になる。クロッケーを楽しむお金持ちだからプレッピーなブレザースタイルが多いけど、パーティの時はドレスアップもちゃんとする。また、ヘザースの3人には赤・黄・緑とテーマカラーがあって、ベロニカも青と黒が多い。そういう色の組み合わせの遊び方も参考になる。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...