Confessions of a Shopaholic / お買いもの中毒な私!

Hugh Dancyは本当に王子だと思った。このルークという役も家柄的にはファッション界の王子だし。そこに自立して頑張ろうとする良い人な味付けがされていても嫌味なくこなせてしまえるだけの素質がある。初めはもっさりしていて仕事人間で、その美しいルックスは何のためにあるの?と女の子をヤキモキさせていたところに、「プラダ語」を話すスマートな一面を見せるところがやばい。そして後半うまくいきかけた恋に障害があらわれるところの反応はもうそのまま第2のPatrick Dempseyになれると思った。
Isla Fisherとしては、コメディエンヌにしては美人すぎるかなと思った。だからあまりハメをはずしすぎるのは見ていてちょっと不自然だった。もっとかわい子ぶってもいいと思う。親しみやすいところを売りにしようと思ったかもしれないけど。それよりも親友役のKrysten Ritterのがかわいかった。個性的な顔立ちの黒髪美人なところがNYのエコとか愛護にはまっているキャラクターにぴったりだった。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...