The Lookout

Joseph Gordon-Levittを見るために見た。いつもはアクションやサスペンスのジャンルは見ないから、ほんのちょっとのことでもどきどきしてこわかった。
Joseph Gordon-Levittがどうしてこの作品に出たのかは、なんとなくわかった気がする。クリスという、事故の後遺症と闘うお坊ちゃまで、過去には栄光があり、今はリハビリ施設で知り合った目の不自由な友人と暮らし、銀行で深夜の警備のバイト生活を送るという普通とはどこかずれたキャラクターは、演じてみたくなるはずだ。
後遺症による体がうまくきかない様子や、記憶障害や、事故を起こしたという心理的なことによって弱者となってしまった現在の様子の演じ分けがさすが。
記憶障害を助けるためのアイディアで、物語を結末から考えるというのは、何かをしようとする時に役に立ちそう。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...