City of Ember / エンバー 失われた光の物語

パッと見、地味だからB級ファンタジーかと思っていたら、Tim RobbinsやBill Murrayなど出てきて意外とすごい?
地味さの原因は主人公の女の子の見た目が原因かな?素朴すぎて華がない。でも、純粋でおてんばなキャラクターにはあっていた。それよりも親友のちょっとボケた女の子のがかわいかった。あと、不思議ちゃんな妹も。相棒の男の子は、Harry Treadaway。久しぶりに見たけど、雰囲気は変わってない。ひたむきな感じとか、ちょっと陰のあるところとか。話は地下生活を送ることを選んだ人類の子孫がやがて電力の供給に悩まされ新たな土地を模索するファンタジー、アドベンチャー。子どもが主人公だから子ども向きなんだろうけど、モグラの怪物怖すぎる。ある年齢に達したら職業をくじ引きで決めてそれが一生の職になるとか、わがまま王の存在とか、食べ物に困る貧しい生活とか、結構人間の歴史の教訓を含んだつくり。そして男の子と女の子が地上に初めて行ったところはアダムとイヴだけど、妹も連れて行ったからそこはちょっと違う。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...