[Movie Night] Jake Bugg - Two Fingers ポロシャツを着こなす英国男子

まさか2回目をやるとは思ってなかった、この思いつき企画。
Music Videoに刺激を受けて、映画を選んでみるというもの。
その2回目です。

今回のお題はこれ!
Jake Bugg - Two Fingers



デビュー・アルバム初登場全英1位とかすごい!
私は単に顔が好みで入って、音楽も大衆的なRockでいいよね~くらいに思ってた。
それがこんな記録をつくるなんて!
これからがますます楽しみだ。

まずは、このビデオの感想。
Jakeかっこいい!下向き顔美人だなあ。
そして、友だちもいい顔してる。ザ・イギリス人って感じ。

さらに、お父さんとお母さん(にしては若いが)のキャスティングが最高!!
お父さんは『Misfits』でコミュニティーサービスの教官役の人。
お母さんは、『This Is England』とかその後のドラマのLol役の人。

それにしても、田舎を出て飛行機に乗って未来に羽ばたくってすごい壮大なドラマ。
彼が背負わされているものが大きすぎる気がして少し心配になるよ。

そんな感じで、今回のテーマはポロシャツを着こなす英国男子となりました。
Jakeもだけど、その友だちのような格好はイギリスの若い子らしくて好きです。








きっとこういう格好って、あの顔じゃないと似合わないんだと思う。
ちょっと不機嫌で文句のあるような顔。でもまだ幼くて、みんなと一緒にいるのが好きな子たち。

前回はアメリカのモールでたむろしている男の子たちだったし、ちょうどいいね。


This Is England, This Is England '86

出てくるのはSkinHeadsの若者たち。精神主義としてはまっている人も描かれているけど、ほとんどの子たちは格好だけで、ただ単につるんでいる仲間の目印。そうやって、ファッションになっていく文化が垣間見られる。ドクター・マーチンが欲しくてお母さんと靴屋さんにいくシーンや、仲間になった印にベン・シャーマンのシャツをプレゼントするシーンなどが印象に残ってる。


Awaydays

SkinHeadsから派生したといわれるフーリガン。フーリガン映画はいくつかあるけど、この映画が1番オシャレな気がする。彼らのグループには服装の決まりがあった。
They have androgynous wedge haircuts worn with Lacoste tennis shirts, Lois jeans and Adidas Forest Hills training shoes.
(from Official Website)

主演の2人がモデルみたいなルックスってのもあるかもしれない。BurberryやTOPMANの広告にいてもおかしくない感じ。ニュー・ウェーブ、ポスト・パンクなどの音楽もいい。


Skins 1, Skins 2, Skins 3, Skins 4

ドラマになってしまったけど『Skins』。ここでは、現代のファッションだから、よりビデオに近いものになっていると思う。中でもSeason 3,4のCookはモッズに影響を受けたファッションをしているから1番当てはまってるね。また、演じるJack O'Connellがそういう格好が似合う顔してる。『This Is England』にも出てるし。

1 件のコメント:

MISAE さんのコメント...

わーー!!!
本当にツボな記事です☆
わたしもイギリス男子の不機嫌で不健康?そうな雰囲気が大好きです。
気候もどんよりしているのに、わたしにはキラキラして見えてしょうがないです!!笑

日本でのもっと、マイナーなイギリス映画をどんどん公開して欲しいのですが。。。。泣

これからもBLOG楽しみにしています☆

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...