韓国旅行 (1) 釜山 食事 レバ刺し、カンジャンケジャン食べ放題、お刺身センター


釜山旅行に行ってきたのでまとめる。
今回は行く前に結構調べていった。日本語のブログがすごく助けになるけれど、なかなかそれでは情報が集まらないこともあって、韓国語のブログも見にいった。だけどnaverはコピペできない仕様になっててでも韓国語読めないから検索機使いたくて苦労した(Chromeのデベロッパーツールでひとつずつやった)。Google Mapに旅行用のマイマップをつくって、経路や時間などは「旅の計画書」と「TimeTree」を使って共有した。やっぱり少しくらいは読めないとと思い、行く1週間前くらいからハングルの勉強始めたけど、理屈はわかっても暗記が追いつかなかった……。

유쾌한 육회 愉快なユッケ

南浦洞 富平市場(カントン市場)にある生肉専門店
住所:부산광역시 중구 부평1길 30 (1층)
電話:051-243-2232
営業時間:16:00~ 2:00
参考:http://blog.naver.com/my1004skies/220614575259

韓国旅行の第1目的は、レバ刺しを食べること。
この前、ソウルに行ったとき↓
韓国旅行 (1) ソウル「広蔵市場」 生レバー&古着
今回、釜山に行くということで生レバー食べたいぞと調べて見つけたところ。


자갈치(チャガルチ)駅から歩いて来た。向こうに見えるのが、富平市場(カントン市場)。「육회+낙지=사랑」(ユッケ+タコ=愛)


店の外観はこんな感じ。16時から開店ということで、おやつ感覚で来た。すでに2組のお客さんがいた。


これが「ユッケ+タコ=愛」♡ 最初は黄身が別皿で来て、写真撮影のために店員さんがきれいにのせてくれた。釜山はスライスチーズとユッケを一緒に食べるらしい。これがすごく合っておいしかった。巻く用の海苔はなくなったらおかわりくれた。今回、日本のわさびと塩を持参したからタコとアワビは刺身として食べた。タコは動いているのが韓国流だけど、これは動いていなかった。だんだんお腹いっぱいになってきて、最後はユッケとタコを混ぜて食べた。それもおいしかった。やっぱり、ユッケ+タコ=愛なんだね。


待望のレバ刺し!本当はセンマイ刺しとセットだったけど、レバだけにしてもらった。お皿に日本語が書いてあった。店の看板にも日本語が少し書いてあって、店員さんも日本語が少し通じた。広蔵市場のレバ刺しは、店の前に陳列されてるのを取ってきてるのか注文してからすぐ出てきたけど、ここのは注文してから切ってるみたいだった。だからか?すごくうまい!前もそうだったけど、生肉だけ食べてお腹一杯になるってどういうことだ?と思うけど、やっぱりお腹いっぱいになって、でもおいしいから完食した。生ものばかりのメニューで、おかずのひとつのわかめ汁が温かくて助かった。おかわりもした。この2皿とビール1瓶で60,000w弱だった。

해변의 꽃게(ヘビョネコッケ)

西面にあるカンジャンケジャン食べ放題の店
住所:부산 부산진구 새싹로 87 (부암동 80-35)
営業時間:11:00~22:00
参考:http://4travel.jp/travelogue/11217028
ソウル店:http://www.seoulnavi.com/food/6033/

前回、スーパーの惣菜コーナーで買ったヤンニョムケジャンがおいしくて、今回は季節も冬だしカニ食べたいと思って調べたところ、カンジャンケジャン食べ放題の店があることがわかり、行ってみた。


場所は、Eマート・トレイダースの少し先のところ。西面駅から歩いていった。ちょうど桜の季節であちこちで桜がきれいだった。


日本語は通じないので、「イゴ」(これ)と指を指してアイコンタクトでのりきった。頼んだのは、カンジャンケジャン(カニの醤油漬け)とヤンニョムケジャン(カニの辛いタレ漬け)とカンジャンセウ(エビの醤油漬け)食べ放題のセット。17,900w。


ケランチム(韓国風茶碗蒸し)が好きなので、おかずでこれが出るのがうれしかった。ヤンニョムケジャンの横にあるのはそうめん。そうめんのたれは見た目ほど辛くなかったけどチヂミは辛かった。


ヤンニョムケジャンは辛かった。だから先に醤油味を味わってから最後に食べた。ということで、これはおかわりしなかった。


ビニール手袋が片手分もらえる。最初利き手にビニールをはめていたんだけど、後から箸を使いながら食べた方がいいことがわかり、はめかえたら食べやすくなった。カニを食べると無口になるというけれど、他のお客さんたちもひたすら食べるって感じでバケツにどんどん殻がたまっていってた。


エビは、サイズから甘エビを想像していたら、もっと噛み応えがあっておもしろい食感だった。


カニ味噌にごはんを入れて、とびっこをのせて、海苔で巻いて食べる!
エビは2回、カンジャンケジャンは1回おかわりした。カンジャンケジャンは最初は3杯出てきたけど、おかわりからは1杯だった。おかわりも「イゴ」とアイコンタクトで通じた。たくさん食べられるのはカンジャンケジャンだけど、カニを生で食べると甘い~ってのが、ヤンニョムと合うってことで味はヤンニョムケジャンのが好みだった。

활어회센터 パダサンチェッ活魚刺身センター

刺身センターで刺身をテイクアウトして民楽水辺公園で夜景を見ながら食べる
민락수변공원 民楽水辺公園
住所:부산시 수영구 민락동 110 /부산시 수영구 광안해변로 361 민락공원
参考:http://www.pusannavi.com/special/5048429
http://blog.naver.com/knrgrb27/220709645138

釜山に行ったらお刺身食べなきゃってことで調べて、いろいろなお刺身センターがあるけど、夜景を見ながら外で刺身を食べるってのがおもしろそうだから、民楽水辺公園に行ってみた。


センタムシティからタクシーに乗って行った。韓国のタクシーは安くて気軽に乗れる。場所はGoogle Mapをナビ代わりにして連れて行ってもらった。入ったのは一番手前にあった活魚刺身センターだけど、隣や付近一帯に同じような店がいくつもあった。中に入ると水槽ごとにお店がいくつかわかれていたけど、扱っている魚介の種類は一緒だった。


すごい強烈な呼び込みに少し引いていたら、お兄さんが英語で話しかけてくれた。予算を伝えればいいということだったけど、今はこれがおすすめだよと2匹選んで、これで20,000wって言われたからそれでいっかと決定。重さを量っていたから量り売り?2Kg超えたけどおまけねって、何も言わなくてもどんどん進んでいく。魚知識がないため何の魚か不明だけど、平べったいのはひらめだと思う。


その場でおろしてくれる。持ち帰りは「ポジャン」。別で4,000wを払って、サンチュ、にんにく、唐辛子、コチュジャン、わさびたれ、割り箸のセットを買った。お酒は向かいのコンビニで買える。店の横の屋台では温かい食べ物も売っていた。


日本のわさびと塩を持っていったのはこのため。やっぱ日本のわさびうまい。


韓国風にサンチュで巻いて食べるのもおいしかった。


左側が刺身センターで、右側が海。正面奥に見えるのは海雲台(ヘウンデ)の夜景。


パノラマで撮ったやつ。
わかりにくいけど、右側に見える橋がイルミネーションショーみたいなのやってた。


本格的なキャンプ用机椅子の人たちや、学生たちの集団、カップルなど、たくさんの人がいた。日本でいったら桜の木の下でお花見といいつつ飲むみたいな感じで、ビーチの景色を見ながら酒飲んでつまみが刺身っていいなと思った。

0 件のコメント:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...